大学中退したら公務員も検討してみよう

 大学中退したら公務員も検討してみようアイキャッチ画像大学中退をしてから就職活動をする場合、民間の企業だけではなく公務員も検討してみるとよいでしょう。

公務員になるには、公務員試験という科目数が多く、難関な試験をクリアしなければなりませんが、中卒や高卒といった学歴の人でも試験を受けられるので大学中退者にも門戸が開かれています。

独学でも公務員試験に合格する人はいますが、多くの方が公務員予備校に通い、筆記試験対策や面接対策を行っています。

大学中退者も公務員を目指すということでしたら、本来は大学に支払うはずだった費用を公務員予備校代として支払って貰えるように、親にお願いするとよいかもしれません。

試験自体は無料で受けられるので、年齢制限の条件を満たしていれば何度でもチャレンジしやすい試験といえます。

公務員試験の面接でも大学中退理由は聞かれる

公務員試験の筆記試験を突破すれば、面接が待っているのですが、民間企業と同じように大学中退理由については聞かれます。

この際に、正直に理由を説明するだけで合格をする人もいますが、面接官が納得するように大学中退理由を説明した後に、前向きさをアピールするなどの対策は必要になります。

公務員試験でも面接が重視されつつあるのですが、それでもまだ筆記試験が大きく影響を及ぼしているのは間違いありません。

ですので、大学中退者は、筆記試験で高得点を取っておくのは必須、と考えて勉強に励む必要があるでしょう。

公務員試験の受験条件は年齢制限だけ

公務員になりたいと思っても、自分は公務員になる資格がないのではと思う人もいるかもしれません。

しかし、公務員試験の受験資格は年齢制限だけですので、多くの方が受験することができます。

テストのレベルを示すために、高卒程度や大卒程度という表記があるので、この条件を満たしていないと受験できないと考える人もいますが、年齢制限さえ満たしていれば高卒の人が大卒程度の試験を受ける事も可能です。

試験さえ受かっていれば、大学中退の経歴もあまり問題視されない傾向があるので、チャレンジする価値があるでしょう。

公務員の良いところ

公務員の仕事も昔に比べると忙しくなりつつあり、サービスの質の向上など努力が必要といわれています。

そういったことから、残業をするような仕事も増えてきています。

しかし、今でも民間に比べると、定型の仕事が多いことや、安定していること、土日についてもしっかり休めることや、福利厚生が充実していること、などメリットは多いです。

このように条件が非常によいことから、公務員をやっているというだけで、世間的な評判が良いということもあります。

景気が良くなると、民間企業の方が給料の上昇率が高いので、公務員になりたい人が減る傾向にありますが、景気が悪い時には安定している公務員の応募者が急増するようです。

公務員試験関連サイト

地方公務員採用試験案内

国家公務員採用情報ナビ

関連記事

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

今日は

上に
戻る