企業が求めている能力、社会人基礎力をチェックしてみよう

社会人基礎力12の能力紹介画像

企業が社会人に期待していることには、コミュニケーション能力など漠然とした内容のものが多いです。

学生などに「社会人になる前にどういった事をしておくと良いですか?」というアドバイスを求められても答えに困る人は多かったです。

そこで、もう少し具体的に社会人に必要とされている能力を示そうと経済産業省が企業に調査を行いまとめたのが「社会人基礎力」です。

社会人基礎力は大きく3つに分類され、全部で12の能力からなっています。

大学中退者の場合、今からこれらの能力を身につけるという余裕はないと思いますが、これまでの経験で一つでも当てはまるものがあれば、履歴書や面接の自己PRに使う事もできます。

一度チェックしておくとよいでしょう。

「社会人基礎力」の12の能力

  • 前に踏み出す力
    • 主体性
    • 働きかけ力
    • 実行力
  • 考え抜く力
    • 課題発見力
    • 計画力
    • 創造力
  • チームで働く力
    • 発信力
    • 傾聴力
    • 柔軟性
    • 状況把握力
    • 規律性
    • ストレスコントロール力

この中でもっとも企業が求めている能力は、前に踏み出す力である主体性や働きかけ力、実行力だそうです。

これら3つの能力は、総じてリーダーシップ力といえるのかもしれません。

先が見えない時代に企業が生き残っていくためには、主体性を持って、周りを巻き込み、実行して結果を出すことが求められているのでしょう。

しかし、自己PRの際に、この3つの能力の中からアピールしなければならないわけではなく、その他の能力も企業は求めているのですから、アピール材料として使うとよいでしょう。

関連サイト

経済産業省社会人基礎力

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

今日は

上に
戻る