大学中退者がOB、OG訪問する方法

大学中退者がOB、OG訪問する方法のアイキャッチ画像大学中退をしてしまうと就職課が使えないためにOBやOGの紹介をしてもらう事が難しくなります。

就職活動に必ずしもOBやOGの訪問が必要ということはないので、しなくても問題はありません。

しかし、企業についてより詳しく知りたい場合や、気になっている事がある場合には、OBやOGを訪問すると現場の生の声を聞く事ができるのでとても参考になるはずです。

また、積極的にOBやOG訪問をする人の事を評価する企業もあるので、採用選考においても有利になる可能性があります。

OBやOGを訪問する方法は就職課を使う方法だけではないので、ここで紹介していきます。

OBやOGを紹介して欲しい企業の採用担当者に連絡する

OB・OG訪問は、企業についてよりよく知ってもらうよい機会ですので、企業に紹介依頼をしてみると紹介してくれることがあります。

紹介の依頼の際には、電話ではなく、なるべくメールか書面で行うようにすると失礼にならないです。

以下に例を示します。

私は、〜大学中退後就職活動をしている〜と申します。企業について調べる中で貴社に興味を持ち、ぜひOBやOGの方を紹介していただきたいと思っています。

しかし、私は中退をしているので就職課が利用できず、紹介してもらう事が難しい状態にあります。

もし可能でしたら、貴社で働かれている社員の方でお話を聞かせていただける方がおられましたら、ご紹介いただけないでしょうか。

といった様なメールや書面を送って返信を待ってみるとよいでしょう。

ただし、こういった形での紹介システムを持っていない企業の場合、断られる事もあるかもしれません。

しかし、そういった場合でも、検討して頂いたことに関して丁寧にお礼をいっておくようにしましょう。

友人、知人にOB,OGを紹介してもらう(同行する)

上記した方法ではOBやOG訪問が難しい場合には、興味のある企業のOBやOG訪問をする友人に社員さんを紹介してもらったり、同行させてもらうとよいでしょう。

OBやOGの訪問には個人で行う事もありますが、複数人で行う事もあるので同行しても特に問題はないです。

ただし、個人で訪問したいと考えている友人に無理に同行させてもらうのはやめておきましょう。

友人に取り次いでもらって、後日OBやOG訪問をするようにするとよいでしょう。

親や親戚にOBやOG訪問できる社員の方がいないか聞いてみる

親や親戚に営業職をやっている人や、顔の広い人がいる場合、思わぬつながりで希望している企業の社員の人を紹介してもらえる可能性があります。

就職活動をはじめても親に頼るのは嫌という人もいるかもしれませんが、就職活動でも仕事をはじめてからでも利用できるものはありがたく利用させてもらうという姿勢も大事です。

親や親戚でつながりがある場合、上層部の人とのつながりになる場合もあるので、採用選考段階でかなり有利に働く事もありえます。

しかし、逆に失礼な事をしてしまうと親や親戚の顔をつぶす事にもなりかねませんので、礼儀正しくマナーを守って社員の人に会うようにしましょう。

まとめ

ここまで、少し特殊な方法ではあるのですが、大学中退者がOBやOG訪問をする方法について紹介しました。

どういった困難な状態でも積極的に行動すると道が開かれることは多いので、無理だと諦めずにチャレンジしてみて下さい。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

今日は

上に
戻る