喫煙者を採用しない企業が増加中

喫煙者を採用しない企業が増加中のアイキャッチ画像最近では、喫煙をする人を採用しない企業が増えているようです。

採用しない理由には、以下の様なものがあります。

作業効率の低下
喫煙者の場合、喫煙が出来ないとイライラしたり、喫煙のために仕事を中断して何度も休憩を取るなど非喫煙者に比べ作業効率が著しく低下します。
喫煙スペースが必要になる
喫煙者と非喫煙者の分煙のために、喫煙スペースを設ける必要があるので中小企業のような企業規模の小さな企業においては場所の確保や施設の設置費用などが余分に発生して経営に影響を与えてしまいます。
受動喫煙による問題
喫煙者の煙を非喫煙者が吸ってしまうことを受動喫煙と言いますが、受動喫煙であってもがんなどの発生確率が上昇するというデータがありますので、本人以外の人にも迷惑をかけます。

喫煙者を採用しない業界

喫煙者を採用しない業界には、ホテルや旅館などの観光業界や、スポーツや製薬会社などの健康関連業界などが多いようです。

これからは、飲食業や医療関係、学校や予備校などの教育関連の業界にも広がっていく可能性があると思われます。

グローバル企業など、世界的に活躍する企業でも喫煙する人を採用しない企業が増えてきているので、これからますます喫煙者を採用しない企業は増えていくはずです。

喫煙者を採用しない企業が増加中まとめ

採用においては、「採用の自由」が重視されるので、喫煙者を採用しないという条件を設けても法律的には問題ありません。

これからも様々な業界、職種で喫煙者が不利になる状況が広がっていきそうです。

今現在喫煙をしている人がいましたら、採用において不利な立場に立たされる可能性もありますので、これを機会に禁煙してみると良いのではないでしょうか。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

今日は

上に
戻る