大学中退後に時間があるならボランティアに参加しよう

大学中退後に時間があるならボランティアに参加しようのアイキャッチ画像ボランティアとは、社会の問題を無報酬で自主的に解決する活動をする事です。

大学中退後に進学や就職活動に取り組む予定がまだないのでしたら、ボランティアが不足している状態にあるので、ぜひボランティアに参加してみましょう。

参加することで、地域や社会で起こっている問題に気づいたり、それらの問題を解決するために様々な人が苦心して活動を行っていることに気づけるはずです。

ボランティアの経験が就職後に直接役にたつのかは分かりませんが、社会は誰かが作るのではなく自分たちが作るのだという実感がわき、自主性が育つはずです。

主なボランティア活動

ボランティアとひとくくりにいっても活動は様々です。

  • 被災地復旧活動
  • 募金活動
  • ゴミ拾い
  • 障害者支援
  • 医療支援
  • スポーツ活動の支援

などがあります。

これら以外にも様々な活動が様々な地域で行われています。

地理的に離れているといったことで、ボランティア活動に参加することができないという場合であっても、募金などでボランティアを支援することができます。

ボランティアへの参加条件

ボランティアに参加する条件は、多くの場合、年齢の最低条件と健康であることくらいです。

ですので、職業や学歴などを問わず誰でも参加できる活動が多いです。

ただし、被災地や原発に近い地域などでの活動に参加する場合には、活動で被った被害は全て自己責任となる事を忘れないようにしましょう。

中には、ボランティア活動の資金として利用するために参加費用がかかるものもあります。

関連サイト

YAHOO!ボランティア

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

今日は

上に
戻る