大学中退者が内定を得たらいつ入社するのか?

大学中退者が内定を得たらいつ入社するのか?のアイキャッチ画像新卒者などが就職活動をして入社するのは4月の新年度からということになりますが、大学中退者などの場合はいつ入社することになるのでしょうか?

アルバイトをしている人は入社するまでに引き継ぎなどを行わなければならないですし、引っ越しが必要な人もいるでしょうから、入社時期を知っておくことは重要です。

一般的には、1ヶ月程の猶予を経てから入社する

入社時期に関しては面接時や内定を得てから相談をして決めることになるのですが、企業によって様々な対応をされる事が多いです。

新卒者の様に4月からスタートと大学中退者の場合決まっていないので、内定を得てから1ヶ月以内のどこかで入社日を決定することが多いようです。

中には、2ヶ月後や3ヶ月後に入社したいという希望を持っている人もおり、相談によって可能なこともありますが、企業側の都合が優先されることが多いのは知っておきましょう。

もし、入社日を調整したい時には就職活動をする時期を調整する必要があります。

未経験者である大学中退者は4月入社が魅力的

大学中退者は新卒者とは違う立場とはいえ、仕事未経験者である事に変わりはありません。

ですので、出来るだけ研修を受けてから入社したいという人が多いと思うのですが、そういった場合には新卒者が入社する4月に入社出来るようにすると良いでしょう。

4月入社以外の場合ですと、一人の為に研修を用意しなければならずコスト面で企業側に負担が大きくなってしまうので、OJTという先輩からの指導だけで済ませる事が多いです。

先輩も仕事に追われていることが多いので、研修を受けるよりも指導の質が落ちる可能性は高いです。

4月に入社するためには、就職活動を新年明けからはじめて、2月や3月に内定を貰えると理想的です。

特に3月は求人数が増えて就職活動をしやすい時期でもありますので、この時期に就職活動をすると内定を得やすく入社日を新卒者に合わせることが出来る可能性があります。

内定を貰って直ぐ入社して下さいと言われる事もあるので注意しよう

企業が求人を出した理由が、欠員が出たといった場合などには直ぐに入社して下さいと言われる事もあるので注意しておきましょう。

こういった場合には、面接の段階で確認をとってくると思いますので、その段階で可能だと思うなら承諾すると良いでしょう。

ただし、こういった形で入社すると、仕事始めからあまり指導もなく仕事に飛び込む事になる可能性もあるので、その覚悟も必要です。

こういった形で人員を募集している場合、直ぐに入社出来るかどうかが最も重視されているので、出来ない場合には不採用になると思っておきましょう。

まとめ

就職活動をしている人の中には、早めに内定をもらって入社は次の年からなどと悠長に考えている人もいます。

しかし、企業が求人を出しているのは今人材を獲得したいと考えている事が多いので、求職者側の都合には中々応じてくれません。

内定は中々貰えないだろうと考えていても、急に内定が出ることがあるので、いつ入社できるのかについては考えておかなければなりません。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

今日は

上に
戻る