大学中退後はアルバイトだけでも生活していけるのか?

大学中退後はアルバイトだけでも生活していけるのか?のアイキャッチ画像大学中退をした人に限らず、正社員として就職せずにアルバイトだけで生活をしていけるのではと考えている人は多いです。

しかし、アルバイトをしても生活が安泰とならない事については「大学中退後にフリーターなどをして、何歳までフラフラしていられるのか? 」でも取り上げました。

実際アルバイトだけで生活をしている人と正社員になった人ではどのような差があるのかをここでは取り上げようと思います。

アルバイトと正社員の収入差

アルバイトをしている人と正社員をしている人との差で最も顕著なのが、収入差です。

新入社員時には、正社員として働いていても年収は300万円程度にしかなりません。

一方アルバイトでも、かけもちなどをして正社員並みに働いていれば月収が20万円ほどになる人もいるので、年収は240万円にはなります。

ただし、この点においてもアルバイトはかなり長時間働かないと年収240万円にもならないので不利な立場にあると言えるでしょう。

そして、これが年齢を経ていくことでどんどん差は大きくなります。

アルバイトは時給制ですので、時給アップが行われても数十円ほどの上昇に留まることが多いです。

一方で正社員は、年齢に応じて年収が上昇していく給与システムがまだまだ多くの企業で採用されており、30歳になる頃には年収が450万円以上になる事が多いです。(平成22年度調査による)

単純に450万円を年2000時間働くとして時給を計算すると、2250円にもなるのです。

アルバイトで時給2250円を得ようと思うと、中々難しいと言えるのではないでしょうか。

正社員をしていれば30歳以降も年収は上がっていくので、年収差はさらに広がっていきます。

最終的に生涯賃金はアルバイトで7000万円〜9000万円程、正社員では2億2000万円から3億ほどになると言われており、その差は歴然としています。

社会保険の差

アルバイトと正社員には、社会保険の差も存在します。

しかし、社会保険についてはアルバイトでもある一定以上の時間労働をしている事で、正社員と同じ社会保険制度に加入することが出来ます。

社会保険の内、厚生年金保険健康保険の加入義務は以下の通りです。

  • 1週間の所定労働時間が正社員の4分の3以上であり
  • 1ヶ月の所定労働日数が正社員の4分の3以上の場合

以上を満たしていれば、アルバイトの人でも正社員と同じ様に加入することが出来ます。

社会保険には、雇用保険も含まれているのですが上記条件を満たしていれば多くの場合雇用保険にも加入する事が出来ます。

社会保険に関しては、従業員が全額を支払うのではなく、企業も一部(厚生年金保険と健康保険では2分の1)を負担してくれるので加入しておくとかなりお得です。

また、健康診断なども

  • 期間を定めずに雇用されている(期間の定めがある場合でも、1年以上引き続き雇用される場合)
  • 1週の所定労働時間が正社員の4分の3以上である

の条件を満たしていれば実施しなければならないとされています。

ここまで見ていると、アルバイトという立場であっても、ある程度の時間働いていれば社会保険の面では差がないと言えるでしょう。

アルバイトの求人は年齢とともに得にくくなる

アルバイトをしている人にはいくつかのアルバイトを転々としている人も多いですが、年齢とともに求人が得にくくなるのも問題と言えるでしょう。

飲食店でも小売店でも多くのアルバイトが若い人を採用しているケースが多く、中年になってくると職を得るのが難しい状況があります。

アルバイトであっても、長期間同じ職場で働いていれば解雇するのが難しいのですが、それでも経営が悪化した場合などに正社員より先にアルバイトが解雇されるというのは間違いありません。

転職するとしても、前職がアルバイトであるのと正社員であるのでは転職活動で評価が大きく違ってきます。

まとめ

最近では、アルバイトなど非正規の職で働いている人も増えてきていることから、正社員に比べて出来るだけ不利になりにくい環境を整えようとしています。

しかし、実際問題としては、正社員とアルバイトの差はまだまだ多く残っているので、大学中退をした際にはまず正社員を目指して就職活動をする事を強くお勧めします。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

今日は

上に
戻る