大学中退すると人生は終わりなのか?

大学中退すると人生は終わりなのか?のアイキャッチ画像大学中退をしてしまうと、これまでの学生生活というレールから外れてしまうために「人生終わりだ」などと考えてしまう人もいるようです。

本当にそうなのでしょうか?

当然ながら大学中退をしても人生は終わらない

これまでに大きな挫折経験のない人がほとんどで、大学中退がはじめての挫折という人も多いと思います。

そういった人の場合、大学中退後は少しくよくよしてしまうこともあるかもしれません。

しかし、大学中退をする人は年間でも何万人(2014年の国の調査では1年間で79,311人)もいるわけで、その人たちがそこで人生終わりとなっているなら、世の中はおかしいといえるでしょう。

2014年に文部科学省が大学中退者について調査した結果。2014の1年間に大学中退した人は79311人、大学を休学した人は67654人。
学生の中途退学や休学等の状況について

当然、大学中退をした人たちは、その後に様々な進路を選び生活をしているので、皆さんもあまり難しく考えすぎないようにしましょう。

大学中退後に選べる進路一覧」で示しているように、大学中退後にも様々な進路の選択肢があります。

大学中退をした事で、はじめて自らの進路について本気で考えられるはずです。

次に進むことでしか大学中退をした後悔が消えることはないので、あまり考えすぎずに次の進路を選び進んでいくとよいと思います。

次の一手を打てば課題が見えてくる

次の一手を打てば課題が見えてくるのアイキャッチ画像大学中退後の選択肢には、「民間企業への就職」や「公務員試験を受ける」、「専門学校に通う」、「国家試験を受ける」などがあります。

これらの内のどれかを選び進んでいくわけですが、進んでいく内に様々な課題が浮かんでくるはずです。

もしかしたら、やっぱり大学は卒業しておいた方がよいのかもしれないと考え、再入学という道を選ぶ人もいるかもしれません。

こういった形で再入学した場合には、大学中退をした時とは本気度が違うので、今度こそは卒業できるはずです。

レールに乗って進んでいた学生時代は、ある意味他人に決められた進路で、本当に自分が必要としていることが見えにくくなっているのかもしれません。

しかし、自らが進路を選んだ時に、はじめて自分に必要な本当の課題が見えてくるのだと思います。

その課題を解決するために何か新しい行動を起こすという事を繰り返しながら、人は成長していくのかもしれません。

新しい進路に進んで別の課題を見つけ、まったく大学に未練がないという状態になる人もいると思います。

そういう人の場合は、本当に大学は行かなくてもよかったという事なのだと思います。

中には、年を取ってから大学をやっぱり卒業しておけばよかったと考える人もいます。

しかし、大学に戻れないぐらいの年齢になってからああしておけば良かったと思うのは、本当にそれを求めていない証拠ではないでしょうか。

本当に必要だと思っていたなら、もっと早くに行動しているはずだからです。

そういった人は、「ああだと良いなぁ」という淡い願望を持ってはいても、それなりに今の生活に満足しているともいえるのだと思います。

まとめ

少し説教臭くなってしまいましたが、大学中退をした人には早めに次の行動に移って欲しいと思っています。

留まっていても、何も変化がないですし、次の課題も見えてきません。

そして、ただその状態でいられればよいのですが、どんどん悩みは深くなり袋小路に迷い混んでしまう人も中にはいます

何度も言いますが、行動することでしか解決はできないので、早め早めに次の進路に進むようにしてみてください。

大学中退後の進路については、「大学中退後に選べる進路一覧」 で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

今日は

上に
戻る