大学中退者は合同説明会に参加する必要はあるのか?

大学中退者は合同説明会に参加する必要はあるのか?のアイキャッチ画像合同説明会に参加している多くの人は新卒者の人が多いのですが、大学中退者は参加する意味があるのでしょうか。

合同説明会には参加してみよう

合同説明会は新卒者を主な対象としているのは間違いないのですが、企業によって考え方はまちまちですので、大学中退者であっても見込みのある人は採用したいと考えている企業が見つかる可能性もあります。

特に、新卒者の就職活動が落ち着きはじめた頃にある合同説明会は、採用人数にまだ達していない企業が集まっているので採用基準が比較的緩い企業も多く狙い目であると言えます。

大方の新卒者は大企業しか見えていないので、優良の中小企業であっても採用人数に達しなくて困っている事は多々あるので、こういった合同説明会で採用に困っている企業を見つける事が出来れば採用される可能性は高くなるはずです。

説明会とはいえ、ブース内では質問なども出来るので、その際に名前と顔を覚えて貰えれば採用に一歩近づいたといえるでしょう。

質問の際には円領せずに「大学中退をしているのですが、採用される可能性はありますか?」と聞いてみるのも良いかもしれません。

良い顔をされなければ採用の可能性は低いですが、逆に大学中退者でも採用選考に通過すれば可能性はありますといったような答えを得られれば採用選考に参加してみる価値はあるといえます。

説明会にいる人事の人が面接官になる可能性も高いので、「説明会の時に質問していた大学中退者の人だな」と思って貰えれば親近感を持って貰え面接時の印象が良くなる可能性もあります。

就職活動で人に会える機会があるなら全て参加しよう

合同説明会にかかわらず、就職活動において人に会える場合は積極的に会ったり参加するようにすべきでしょう。

パンフレットやインターネットの情報にはやはり限界があるので、実際に会う事で本当に必要な情報が得られるはずです。

また、上記したように選考段階においても会った事がある人と無い人では評価も大きく変わってくる可能性もあります。

ぜひ、積極的に参加してみて下さい。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

今日は

上に
戻る