採用選考で不合格になった理由は教えて貰えるのか?

採用選考で不合格になった理由は教えて貰えるのか?のアイキャッチ画像就職活動をしていれば、採用選考で不合格になる事は何度もあります。

不合格の理由について詳しく聞ければ、次の選考で活かす事が出来るので聞きたい所ですがどうでしょうか?

不合格理由については教えて貰えない

不合格理由について採用担当者が教えてくれることはまず無いと思っておくべきでしょう。

面接を受けている人の中には、不合格理由に納得できず不満や批判をしてトラブルを起こす人もいるので、問題が起こらないように詳しい選考結果については述べないというのが慣例になっています。

また、採用選考基準には曖昧な部分も多く、第一印象や雰囲気、しゃべり方、そういった部分で選考が不合格になっている場合もあるので、明確に述べることが出来い場合もあります。

純粋に次の選考に活かしたいという思いで質問したとしても、特別扱いをするという事は無いはずですので、この件に関しては諦めるしかないでしょう。

不合格理由を教えてくれないなら自分で学ぼう

不合格理由を教えてくれないなら自分で学ぼうのアイキャッチ画像不合格理由について分からなければ、何度選考を受けても同じマイナス原因によって不合格になってしまうという可能性があります。

そういった可能性を減らすためには、選考に参加する度に、良く出来たポイント、悪かったポイントについてノートにまとめて、次の選考時にそれらを参考にすると良いでしょう。

良かった点

  • ビジネスマナーについては良く出来ていた
  • 想定された質問へは的確に答えられている

悪かった点

  • 想定外の質問時に考えがまとまらず、曖昧な回答になる事が多い
  • 面接の雰囲気がいつも堅く、和やかな雰囲気になる事が無い

対策

緊張していても笑顔を忘れないように心がけよう。想定外の質問が来ても、まず焦らない。質問の意図を良く把握して、自分の言葉で答えられるように。

など良い点や悪い点を書いておいて次の選考ではどのようにするか、反省点や対策について考える時間を取るようにすると良いでしょう。

もう一度、模擬面接に参加する

ハローワークなどで模擬面接が受けられることがあるので、就職活動前だけでなく、就職活動が中々上手くいかない場合にも再度参加してみるとよいでしょう。

その際には、すでに選考には参加している事を話しておき、自分では中々改善できない点などあれば相談してみるのも良いでしょう。

その他にも、履歴書の添削や求人応募のアドバイスなどもハローワークでは行っているので、採用選考に参加し始めてからでも何度か足を運ぶようにすると良いでしょう。

まとめ

選考に参加した日には、ノートに反省点をまとめるなどはした方が良いですが、あまり深入りしすぎないようにしたいです。

上記したように、選考基準には曖昧な部分も多く、企業によってまったく異なる場合も多々あります。

ですので、出来るだけの対策をしたら、後は相性だけと考えておくのが良いでしょう。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

今日は

上に
戻る