大学中退者は大学の就職課を利用できるの?

大学中退者は大学の就職課を利用できるの?のアイキャッチ画像大学を中退した人の中には、大学の就職課(キャリアセンター)が利用できないかと考えている人もいると思います。

ここでは、大学中退者が、大学の就職課を利用できるのか、またどのように活用すればよいのかについて解説していきます。

大学中退者が大学の就職課を使えるかどうかは、大学によって異なる

大学によっては、大学中退者も就職課が利用できることがありますが、卒業生以外は利用できない大学もあります。

どちらかといえば、在学生だけが利用できる大学が多いので、大学中退者はあまり期待しない方がよいかもしれません。

しかし、最近では大学を既に卒業している既卒者の就職活動支援を行う大学が増えているので、中退者も利用できる可能性があります。

どうしても、大学の就職課を利用したいということでしたら、一度電話で確認して利用できるか聞いてみましょう。

大学でしか見つけられない求人がある場合も

大学の就職課には、その大学だけに向けた求人情報が集められているので、もし利用できるのでしたら、見せてもらいましょう。

求人情報を掲載する大学を限定している企業もあるので、他では見つけることができない求人を発見できる場合もあります。

ただし、上記した既卒の人でさえ応募できる求人は少ない傾向にあるので、大学中退者の場合は、応募できる求人がかなり少なくなると考えておいた方がよいでしょう。

もし、大学の求人情報に掲載されている企業に応募する場合は、事前に大学中退をしている旨を伝えてから、応募可能かどうかを企業に確認するのは忘れないようにしましょう。

大学の就職課では、求人情報の閲覧以外に、就職活動に関しての相談にものってくれるので、一度訪ねてみるのもよいでしょう。

就職課の代わりに、ハローワークを利用してみよう

大学の就職課を利用するのはハードルが高いという人もいると思いますが、大学の就職課の代わりとしてハローワークが使えるので利用してみるとよいでしょう。

ハローワークでは、就職に関する相談から、求人検索、セミナーの案内と就職課の代わりとして十分なサービスが提供されています。

また、大学の就職課とは違い、様々な境遇の人が利用しているので、そういった人達にアドバイスをしている相談員の人には経験豊富な人もいるので、場合によっては就職課以上に役にたつかもしれません。

就職課が利用できる出来ないに関わらず、大学を中退したらハローワークや若者向けのジョブカフェは一度利用してみるとよいでしょう

ハローワークの利用の仕方については「大学を中退したらハローワークに行ってみよう!」で詳しく説明しているので見て下さい。

まとめ

大学の就職課以外に、高校の就職課の利用を検討している人もいるかもしれません。

大学中退者の場合、高卒扱いされる事が多いので、高校の就職課を使うのも一つの方法といえるでしょう。

高校の就職課も、高校によって対応が変わってくるので、利用したいのでしたら、大学の就職課と同じように電話で確認してから訪問するようにしましょう。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

今日は

上に
戻る