大学中退後に資格を取得すると就職活動で有利になるのか?

大学中退後に資格を取得すると就職活動で有利になるのか?のアイキャッチ画像大学中退後に資格取得を考えている人も多いと思うのですが、就職活動をはじめた際に資格を持っていると有利に働くのでしょうか?

仕事に関係のある資格であれば取得に一定の評価が得られる

資格にも様々な種類があるのですが、就職活動の為に取得するなら働き出してからも活かす事が出来る資格にしておくと一定の評価が得られます。

就職後に活かす事が出来る資格を知るには、転職求人サイトを見て、未経験者歓迎ではない求人情報をチェックするとよいです。

経験者採用の求人では、採用条件に必要な資格が掲載されている事が多く、そこに掲載されている資格は仕事をする上で役に立つと考えることが出来ます。

ただし、即戦力を期待している求人はかなり難易度の高い資格を条件にしている事もあるので、複数の求人を調べて最も基礎的な資格を取得するようにするとよいでしょう。

高度資格取得は慎重に

国家資格やその他の難易度の高い資格を取得するには、勉強に1年以上かかる場合もあるので注意が必要です。

それだけ勉強しても取得出来ない場合には、履歴書に取得資格として記入することも出来ないので、就職活動が不利になることもあります。(取得出来なくても勉強をしていた事は明記しておく)

難易度の高い資格は、就職活動から逃れる為に勉強しても受かる事は無いと思うので、もし目指すのなら就職活動で不利になる可能性も知った上で覚悟をもって勉強する様にしたいです。

大学中退期間の空白期間を作らないために有効

資格取得をしていれば、大学中退後の空白期間を作らないで済むので履歴書や面接での説明がしやすくなります。

大学中退者の場合、中退という不利な部分を持っているので、出来るなら空白期間は作らないようにしたいです。

就職活動をまだする予定がないという事なら、資格取得を一つの選択肢と考えても良いでしょう。

まとめ

企業にとって資格取得が意味するのは、一定の知識が身についているという事以上ではありません。

雇う際に履歴書や面接で評価する項目は様々あり、資格取得はそれらの内の一つでしかないのです。

資格を取得していても、それ以外の部分で評価が低いなら内定は得られません。

逆に、資格取得が加点となって、本来なら不合格であった所が合格になる事もあるので、資格取得のメリットがどれ位あるのかよく考え、取得するのかを決めるようにしたいです。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

今日は

上に
戻る