企業はどういった理由で採用活動を行うのか?

企業はどういった理由で採用活動を行うのか?のアイキャッチ画像企業が採用活動を行う理由には様々なものがあります。

採用理由によって採用された後の働き方や働きやすさが変わってくることもあるので注意が必要です。

ここでは、企業が採用する理由について解説していきます。

新規出店や他県進出の為の人員確保

企業は1事業所や1店だけで営業している訳では無く、様々な地域に拠点を構えていたり、他県、他地域に進出をしていく事があります。

事業を拡大していく際には、大量の人材が必要になるので採用活動を行う事になります。

求人情報の中には、営業職や販売職において新規出店を理由とした人材募集がよく行われています

新規店舗で採用された場合、働く現場のシステムは整っていても、皆が一から研修を行って、人間関係も一から築く事になるので、入社当初はぎくしゃくしたり、仕事の効率が悪く感じることもあると思います。

しかし、先輩社員がいないという事で気楽に働けたり責任の重い仕事を早い段階から任されたりするなど、0から店舗を築く醍醐味を味わえることでしょう。

こういった醍醐味を味わえるのは、事業拡大をする企業だけで無く、ベンチャー企業も同じです。

ただし、ベンチャーは働き方や労働環境といったシステムの構築から行う必要があるので、事業拡大を行う企業よりも創意工夫が求められることになるでしょう。

既に働き方や人間関係、社風がきっちり決まった所で働きたいという人には不向きですが、積極的に事業運営に関わっていきたい人には新規店舗や新規事業所、ベンチャー企業に入社するとやりがいを感じられるはずです。

欠員を補充するために、人材を確保

定年退職や自己都合退職などによる欠員を埋めるためにも採用活動が行われます。

採用する数としては、新規店舗をオープンする場合に比べると少なくなりがちです。

欠員を補充するための採用では、以前働いていた人と同レベルの仕事ができる人を募集することが多いので、転職者などをターゲットとしている事もあります。

しかし、数ヶ月の研修によって未経験からでもできる仕事は多いので、未経験者を採用することもあります

気をつけたいのは、欠員補充の採用を行う企業には、労働環境が悪いために離職率が高い企業も中には含まれているという事です。

こういった企業では、早期に退職されても、また採用すれば良いと考えています。

次から次に辞めていく欠員を埋めるために、求人サイトやハローワークに常に求人を出している事が多いです。

常に求人を出しているので、目にとまることも多く、知らずに応募してしまうと入社してから苦労する事になる可能性があります。

こういった企業を避けるには、上記した新規出店による採用をしている企業を選んだり、定年退職をした人の欠員を埋めるための採用など、明確な採用理由がある企業を選ぶと良いでしょう。

また、インターネットで評判を調べたり、就職四季報などを活用して離職率を調べるのも有効です。

少し手間をかけて調べるだけでも、こういった企業を避けられる可能性は非常に高くなります。

まとめ

新規出店や新規事業の為に人材採用を行っている企業を不安定なのでは、めんどうな事が多いのではと避けている人もいます。

しかし、企業が最も活発に採用するのが事業拡大を行っている時ですので、はじめから避けずに候補の一つとして考えておきたいです。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

今日は

上に
戻る