正社員、契約社員、派遣社員の違い

正社員、契約社員、派遣社員の違いの画像皆さんの多くが正社員になりたいと思って当サイトを見ているのだと思いますが、契約社員と派遣社員についても知っておけば、就職活動の幅を広げることができます。

正社員になる為のステップとして使ったり、正社員就職後に雇用形態を変更して柔軟な働き方をしたい時に利用できるはずです。

正社員とは?

正社員とは、企業と期限を定めない契約を結び働く雇用形態を指します。

企業側が最も信頼をおいている社員ですので、重要であったり、責任が重い仕事を任されることが多いです。

給料やボーナスが安定して供給され、多くが年齢を重ねるごとに昇給していくしくみになっています。

昇格の道も開かれているので、将来的には役職のついた仕事ができる可能性もあります。

一方、残業を強いられたり、転勤、配属転換なども求められることがあります。

柔軟な働き方を求める人には向かないですが、安定して働きたい人には最も適した働き方といえるでしょう。

契約社員とは?

契約社員は期間を定めた契約を企業と結んだ社員を一般的に指します。

契約段階で、給料、労働時間、労働日数などを取り決めて仕事に従事することになります。

労働条件を詳しく決めてから働き出すので、それ以上の事を求められることは少なく、時間的に融通が聞くケースが多いです。

技術を持ったエキスパートの人も利用しており、技術を活かし、プロジェクト毎に様々な企業で働くこともできます。

技術を持っていれば、正社員よりも高額の年収を得られるケースも多いです。

一方、契約期限を迎えると、契約満了となり契約更新するかしないかを決定することになり、契約更新されない場合は仕事を失うことになります。また、退職金も出ないケースが多いです。

契約を結んだ以上の働きは求められないことから、比較的柔軟な働き方をしたい人に向いている雇用形態です。

派遣社員とは?

派遣社員は、派遣会社と雇用関係を結び、派遣先で仕事に従事する雇用形態です。

契約社員が契約更新を続ければいつまでも働き続けることができるのに対し、派遣社員は一部の仕事を除き3年以内の期限があります。

それ以上の期間同じ企業で働きたい場合は、正社員へ雇用切り替えが必要になります。

正社員や契約社員は、自ら就職活動を行い企業と契約することになりますが、派遣社員は派遣会社から求人が紹介され働くことができます。派遣先との面接もありません。

残業の有無や給料、休暇など派遣会社への登録段階で労働条件を決定して、求人が紹介されます。

派遣社員は、働く場所と雇用契約を結ぶ企業とが別になるため、比較的気楽に働くことができるというメリットもあります。

一方、派遣会社からは、派遣先で働いている間だけ給料が払われるので、派遣先が見つからない場合は無収入になってしまいます。

また、派遣先では即戦力が期待されていますので、資格だけを持っているのではなく、技術、経験ともに必要となるケースも多いです。

労働条件を定めてから働けることから、派遣社員も柔軟な働き方がしたい人に向いているといえるでしょう。

まとめ

大学中退の人が雇用形態を考えた場合、まずは正社員を目指して就職活動を行い、もし内定を中々貰えないという場合、契約社員や派遣社員を考えると良いと思います。

ただし、特に正社員にこだわらないという人もいると思いますので、その様な方は契約社員や派遣社員としてはじめから就職するのもありです。

実際、女性の人や仕事以外にやりたいことがある人など、柔軟に働ける雇用形態を選んでいる人はたくさんいます。

自らに最もあった働き方を考えてみて下さい。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

今日は

上に
戻る