ハンバーガーメニューの画像

「大学中退就職ガイド」は、就職支援15年以上の実績を元にした、大学中退者専門の就職支援サイトです。

最終更新日: 2022年1月18日

大学中退者の就職が難しい理由は?対策とおすすめ7職種、求人サイトも紹介

大学中退就職ガイドのアイキャッチ画像

大学中退をすると、就職するのが難しいと言われることがあるので、「正社員にはなれないのかな?」と不安に思う人が多いです。

しかし、大学中退者の就職活動の現状をしっかりと把握し、一つ一つ対策して就職活動を行うことで、希望条件に近い仕事の内定を得られる可能性が高くなります

そこでこの記事では、大学中退者の就職活動が難しい理由と、大学中退者が就職活動を成功させる方法について詳しく解説していきます。

また、大学中退者が就職したときに貰える給料の相場や、おすすめの職種7選、大学中退者におすすめの求人サイトも紹介していきます。

大学中退後の就職活動で行き詰っている人や、大学中退したいけど就職できるか不安で悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

目次

  1. 大学中退者の就職率は33.9%。就職が難しい理由4つ
    1. 仕事を継続する力がないと思われる
    2. 最終学歴が高卒のため、応募できる求人が限定される
    3. 就職活動について相談できる人が少ない
    4. 中途採用での応募になるため、経験者がライバルになる
  2. 大学中退者が正社員採用されるための就職活動方法
    1. 大学中退者に強い就職エージェントを利用する
    2. たくさんの求人を見たい人はハローワークも利用する
    3. 中途採用枠の「未経験歓迎」「学歴不問」求人を狙う
    4. 大学中退者の就職活動に有利な時期を知る
    5. 就職活動しながら資格取得に励む
    6. 面接で中退理由をポジティブに話す
  3. 大学中退後に就職した先輩の体験談30件
  4. 大学中退をした女性は就職で不利になる?
  5. 大学中退者が就職すると給料はどのくらい?
  6. 大学中退者が就職している職種
  7. 大学中退者におすすめの職種7選
    1. 「営業職」学歴を問わずチャレンジできる
    2. 「ITエンジニア職」未経験からでも技術が身に付く
    3. 「公務員」受験資格に学歴条件がない職種が多い
    4. 「事務職」大学中退女性に人気
    5. 「サービス職」大学中退者が1番多く就職している
    6. 「販売職」大学中退者が2番目に多く就職している
    7. 「生産工程職」モノづくりにたずさわれる
  8. 大学中退者の履歴書作成方法
  9. まとめ

1. 大学中退者の就職率は33.9%。就職が難しい理由4つ

大学中退者の就職率は33.9%。大卒は69.1%。

大学中退者の就職活動は厳しいと言われますが、大学中退者と大卒ではどのくらい就職率が違うのでしょうか。

以下は、2012年に独立行政法人労働政策研究・研修機構が行った「大学等中退者の就労と意識に関する研究」の調査結果です。

これによると、20~29歳の大学・大学院中退者の正社員就職までの期間は、

  • 離学前:0.9%
  • 離学から3か月以内:10.4%
  • 3年以内:11.8%
  • 3年超:2.7%
  • 正社員時期不明:8.1%
  • 正社員移行なし・未就業など:66.1%

となっており、すべての期間の正社員就職率を合わせると、大学中退者の正社員就職率は33.9%となります。

同じ年齢の大卒の正社員就職率は69.1%ですので、大卒と比べると半分程度しか正社員就職できていません

この結果は、就職活動をしていない人も含まれるので、就職活動をした人だけでデータを取ればもう少し就職率は上がるはずですが、大学中退者の66.1%が非正規雇用または未就業という現実があります。

しかし、なぜ大学中退をするとここまで正社員就職率が低くなるのでしょうか。

ここからは大学中退をすると就職が難しくなる4つの理由を見ていきましょう。

1-1. 仕事を継続する力がないと思われる

大学中退にはさまざまな事情があることは面接官も分かっていますが、

「大学を途中で辞めたように、仕事も辛い状況になるとすぐに辞めてしまうのではないか」

と、どうしても仕事を継続する力がないかもしれないと不安に思ってしまいます。

企業は採用活動や人材育成にたくさんの時間と費用をかけているので、企業に貢献する前に辞められると、その人に費やした時間と費用が無駄になってしまいます。

そのような事態を避けるために、大学中退者のような早期離職の可能性が高い人材の採用に慎重になる企業が多いのが現状です。

1-2. 最終学歴が高卒のため、応募できる求人が限定される

大学中退者の最終学歴は「高卒」になるので、就職活動では「高卒以上」もしくは「学歴不問」の求人に応募することになります。

「高卒以上」「学歴不問」の求人はたくさんありますが、大手企業の総合職など、大卒以上を条件としている企業もあります。

そのため、大卒と比べると職種や企業規模など、応募できる求人の幅が狭くなります。

1-3. 就職活動について相談できる人が少ない

大学在学中の就職活動では、大学で就職活動の講義が行われたり、面接対策や履歴書対策、個別の進路相談など、様々なサポートが受けられます。

一方で大学を中退すると就職活動の情報を得る機会が少ないので、就職活動をしようと思っても何から始めればよいか分からない人も多いです。

その結果なかなか就職活動に踏み出せなかったり、就職活動で壁にぶつかった時、周りにアドバイスをくれる人がいないために就職をあきらめてしまうこともあります。

1-4. 中途採用での応募になるため、経験者がライバルになる

ほとんどの大学中退者はアピールになるような職歴がなく、特別な資格・スキルも持っていません。

新卒採用ではそれが普通ですが、大学中退者は基本的に中途採用での応募になるので、同じ求人に応募しているライバルが経験者であることが多いです。

中途採用では、即戦力になる経験者や資格保持者を求めている企業が多いので、そのような企業では大学中退者は不利になってしまいます。

2. 大学中退者が正社員採用されるための就職活動方法

大学中退者が正社員採用されるための就職活動方法のアイキャッチ画像

ここまで、大学中退者の就職活動が難しい理由について解説しました。

大学中退者の就職活動の厳しい現状を知って、この記事を読む前より不安が大きくなったかもしれませんが、現状を知ることは就職活動を成功させる第一歩です。

ここからは、大学中退者が正社員になるための就職活動方法を解説していきます。

2-1. 大学中退者に強い就職エージェントを利用する

大学中退者に強い就職エージェントを利用するのアイキャッチ画像

大学中退者は、基本的に一人で就職活動を行うので、情報不足で万全な対策ができなかったり、大学中退者を歓迎していない求人に応募して不採用が続き、挫折してしまうケースが多いです。

そのような事態を避け、早くスムーズに内定を得るためには、大学中退者の就職率が高い就職エージェントを利用することが大切です。

大学中退者の就職率が高い就職エージェントでは、

  • 大学中退に理解のある企業の求人や、未経験者歓迎求人の紹介
  • 履歴書添削や模擬面接などの就職活動サポート
  • カウンセリングで応募者の希望条件の明確化、不安解消

などをすべて無料で受けられる上、退会時の違約金や面倒な手続きも一切必要ありません

ここからは、大学中退者の就職率が高い就職エージェントの中でも、利用者の満足度が高いエージェントを人気順に3つ紹介します。

現在はどの就職エージェントもオンラインでサービスを提供していて、気軽に利用できるので、いくつか利用して相性の良いエージェントを見つけましょう。

ジェイック
recruitment-website-3.png

ジェイックは、就職成功率81.1%、就職先定着率91.5%の実績を出している、大学中退者やフリーターの就職に特化した就職エージェントです。

ジェイックの特徴は、大学中退者向けの就職講座が用意されているところです。
  • 大学中退者向けの履歴書、面接対策
  • 大学中退者が就職活動でつまづきやすいポイントの解説
  • ビジネスマナー対策
などを無料で教えてくれる上、この講座を受けた人は、書類選考なしで大学中退者・未経験歓迎企業との面接に進むことができます。

紹介される求人は、ブラック企業を排除した正社員求人のみなので、正社員として安定して働きたいという人はぜひ利用してください。

取り扱い求人の勤務地:全国に対応

>>ジェイック(JAIC)公式サイトへ
ハタラクティブ
recruitment-website-3.png

ハタラクティブは、業界トップクラスの2,300件以上の未経験者向け求人を保有し、就職率80.4%の実績を出している、未経験者向けの就職エージェントです。

カウンセリングが丁寧なので、まだ希望職種を絞れていない人の相談や、希望条件に合った求人紹介に定評があります。

また、ハタラクティブでは、履歴書や面接対策はもちろんのこと、きちんとした機材で証明写真を撮ってくれるので、就職活動の手間が少し軽減します。

正社員登用を前提とした求人がメインではありますが、派遣社員や契約社員の求人も扱っているため、正社員希望の人は事前にその旨を伝えておくとよいでしょう。

取り扱い求人の勤務地:東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・愛知・福岡が中心

>>ハタラクティブ公式サイトへ
就職Shop
recruitment-website-3.png

就職Shopは、業界大手のリクルートが運営する、未経験者向けの就職エージェントです。

就職ショップでは、学歴・職歴を問わない求人を豊富に揃えていて、利用者の4人に3人が正社員就職しています。

紹介される求人に関して、「経営者の考え方」「職場の雰囲気」「仕事のやりがい」「具体的な仕事内容」など詳しく教えてくれるので、その企業だけの志望動機が書きやすくなる上、入社後のミスマッチを防いでくれます。

紹介される求人は、すべて書類選考不要なので、就職活動の時間と負担を大幅に減らすことができます。

取り扱い求人の勤務地:東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・京都・兵庫が中心

>>就職Shop公式サイトへ

2-2. たくさんの求人を見たい人はハローワークも利用する

たくさんの求人を見たい人はハローワークも利用するのアイキャッチ画像

上で紹介した就職エージェントだけで就職が決まる人も多いですが、さらにたくさんの求人が見たい人はハローワークも利用してみましょう。

ハローワークは豊富な求人数が魅力ですが、大企業の求人は少なく、中小企業や、さらに規模の小さい零細企業の求人が多い傾向にあります。

地元の小さな企業の求人が見つかりやすい反面、基本的にどのような企業でも掲載することができるので、ブラック企業には自分で注意する必要があります。

就職エージェントほど時間は割いてもらえないものの、常駐の相談員に就職活動の相談にのってもらえたり、資格取得や技術を身につけられる職業訓練の紹介もしてもらえます。

また、一部のハローワークでは、わかもの応援コーナーなどの名称で、若者の仕事の定着を支援するサービスを行っています。

模擬面接や履歴書添削など、通常より手厚く就職サポートを行ってもらえるので、お近くでサービスを受けられる場合は利用してみてください。

ハローワークについては、以下の記事でより詳しく解説しているので、こちらもチェックしてみてください。

大学を中退したらハローワークに行ってみよう!の画像大学を中退したらハローワークに行ってみよう!

2-5. 中途採用枠の「未経験歓迎」「学歴不問」求人を狙う

中途採用枠の「未経験歓迎」「学歴不問」求人を狙うのアイキャッチ画像

就職エージェントではその人に合った求人を紹介してくれますが、求人サイトやハローワークでは自分で応募する企業を選択するので注意が必要です。

求人サイトには、はじめて就職する卒業予定の学生向けの「新卒求人サイト」と、いわゆる中途採用の「転職求人サイト」があります。

国の方針で卒業から3年以内であれば新卒扱いとする企業が増えてきたので、高校卒業から3年経っていない大学中退者は高卒として新卒枠に応募することができます

しかし、まだ広く浸透しておらず、応募者のほとんどは今年卒業予定の学生ばかりです。

応募条件も「今年卒業予定の新卒のみ応募可能」など企業によって対応が異なるので、効率よく就職活動を進めにくく、応募できる求人でも、新卒ばかりの応募者の中で不利になることもよくあります。

一方転職求人サイトは転職者向けで、職歴の無い大学中退者は対象外だと思う人が多いですが、実は未経験歓迎の求人もたくさんあります。

大学中退者が求人サイトやハローワークを利用する際は、中途採用枠の「未経験歓迎」「学歴不問」「高卒以上」の記載がある求人に応募しましょう。

このような求人では、即戦力ではなく若い人材を育成したいと考えていることが多いので、職歴の無い大学中退者も採用される可能性が高いです。

大学中退者におすすめの求人サイト

たくさんの求人サイトの中でも、大学中退者におすすめしたいのがリクナビNEXTです。

リクナビNEXTは、全国各地40,000件以上、未経験者向けの求人だけで8,000件以上もあるので、学歴で求人数が限られてしまう大学中退者にとてもおすすめです。

スカウト機能も用意されているので、大学中退者はプロフィールとしてアルバイト経験を書いて登録しておけば、企業側からオファーが届きます。

オファーがきた求人は、書類選考なしで面接に進めるので、リクナビNEXTを利用する場合は忘れずに登録しておきましょう

recruitment-website-2.png

>>リクナビNEXT公式サイトへ

もう一つのおすすめ求人サイトは、リクルートが運営する地方求人に強い求人サイトの「はたらいく」です。

掲載されている求人の約5割が従業員数50名以下、約6割が「転勤なし」もしくは「同じ都道府県内での転勤」となっており、他の求人サイトでは載っていないような地元の求人と出会うことができます。

また、はたらいくには「せきらら求人」という項目があり、例えば「年末は繁忙期で残業が多く大変だが、耐えてほしい」など、企業の本音が書かれているので、働き方がイメージしやすいと好評です。

応募の際に必要な自分の登録情報を使いまわすことができるので、毎回入力する手間が省けるのも魅力の一つです。

recruitment-website-5.png

>>はたらいく公式サイトへ

2-3. 大学中退者の就職活動に有利な時期を知る

大学中退者の就職活動に有利な時期を知るのアイキャッチ画像

就職活動では、ブランク期間が短いほど内定を得られる可能性が高いので、正社員を考えたらすぐに行動に移すことが重要です。

その上で、就職活動を行う大学中退者にとって有利な時期があることは知っておきましょう。

大学中退者に最もおすすめの就職活動時期は、求人数が最も多い1~3月です。

1月から3月に出ている求人は新卒採用と同じタイミングなので、未経験歓迎の求人が多く、職歴の無い大学中退者も応募しやすいのが特徴です。

また、夏のボーナス支給後の9月10月も中途採用の求人数が多くなるのでねらい目です。

ただし、有利な時期を意識して就職活動を遅らせていては本末転倒なので、就職活動中に有利な時期が重なったときに、より積極的に求人に応募していくとよいでしょう。

2-4. 就職活動しながら資格取得に励む

就職活動しながら資格取得に励むのアイキャッチ画像

大学中退者の就職活動が厳しい理由の一つに、「職歴や資格が無く即戦力にならないこと」があります。

資格がなくても採用されるチャンスはたくさんあるので、必ずしも資格を取る必要はありませんが、資格があれば、職種や待遇など希望に近い求人に採用される可能性が高くなります

ただし、簡単に取れる資格や、希望職種と関係の無い資格ではあまり意味がありません。

希望職種に就職するためにはどのようなスキルが求められるか、本当に需要のある資格か、いつ試験が行われるかを調べ、計画を立てて勉強しましょう。

また、中退後なるべく期間を空けないことが就職活動では大切なので、資格取得だけに専念するのではなく、就職活動と並行して資格取得に励みましょう。

大学中退者の就職に役立つ10個の資格大学中退者の就職に役立つ10個の資格

2-6. 面接で中退理由をポジティブに話す

面接で中退理由をポジティブに話すのアイキャッチ画像

大学中退者が就職活動で面接に参加すると、ほぼ必ず「大学中退理由」を聞かれます。

大学中退理由はネガティブになりやすいですが、できるだけポジティブに伝えることが大切です。

例えば、

「家庭の事情で学費を払うことが難しくなったので中退しました。」

と伝えてもやむを得ない事情と思ってはもらえますが、

「家庭の事情で学費を払うことが難しくなったので中退しました。悔しい思いもありましたが、元々営業の仕事に関心があったので、早くから営業経験を積めるチャンスだと前向きに捉えています。

と志望動機を交えて伝えるとより前向きな印象を持ってもらえるでしょう。

面接官も、「どうして営業に関心があったのですか?」と志望動機に話を振りやすく、面接で重要な会話のキャッチボールがしやすいです。

以下の記事では、「大学がつまらなかった」「勉強についていけなかった」など、ポジティブに伝えることが難しい大学中退理由の回答例文も載せているので、参考にしてみてください。

大学中退理由ランキングと理由別の面接回答例文17選の画像大学中退理由ランキングと理由別の面接回答例文17選

3. 大学中退後に就職した先輩の体験談30件

大学中退後に就職した先輩の体験談30件のアイキャッチ画像

実際に大学中退後に就職した人は、どのように就職活動を行ったのでしょうか。

大学中退後に就職した30名の先輩に、10項目の質問に沿って就職活動の体験談を作成してもらいました。

以下は、旅行業界に営業職として採用された「よう」さんの就職活動体験談です。

1. ハンドルネーム
よう
2. 就職活動をはじめたのは大学中退後何年目か?
大学中退後2年目
3. 大学中退後に採用選考に参加した企業数は何社?
4社
4. 内定をもらった企業の業界
旅行業界
5. 内定をもらった職種
営業
6. 一番多かった採用選考手順
グループ面接含めた面接3回
7. 大学中退後の就職活動で心掛けていたことは何か?
大学を中退した理由を明確にしておき、「ネガティブな中退」ではなく「ポジティブな中退」として自分の中でしっかりPRできるようにしておくということです。
8. 大学中退後の就職活動で困難を感じたことは何か?
私の大学中退は自分磨きとやりたいことの実現のためという前向きなものでしたが、やはり「中退」というワードから連想できるように相手にネガティブなイメージをもたれてしまったことが困難に感じました。
9. 大学中退後、就職活動以外にしていた事
バックパックをしながら海外を自分の目で見て感じること、世界各国の人と交流できるように語学力を上げることと資格の取得に重きを置いて過ごしていました。
10. これから就職活動をする大学中退者にアドバイスやメッセージをお願いします。
大学中退ということを如何にして「ポジティブなもの」「相手にネガティブに感じさせないか」と言うことが最大のキーポイントです。そのために、自分の言葉で意見やPRを明確に伝えられるように準備することが大事です。

ここでは1名の方の体験談をピックアップしましたが、以下の記事では30名の体験談を記載しています。

体験談を知ることで事前に対策できることがたくさんあるので、ぜひチェックしてみてください。

大学中退後に就職した先輩の体験談30件の画像大学中退後に就職した先輩の体験談30件

4. 大学中退をした女性は就職で不利になる?

大学中退をした女性は就職や結婚で不利になる?のアイキャッチ画像

ここまで、男女関係なく大学中退者の就職活動について解説しましたが、大学中退をした女性は就職で男性より不利になるのでしょうか。

男女雇用機会均等法の制定により、どの求人も性別関係なく応募できますが、産休育休や結婚による早期退職を理由に、男性を優遇している企業も残念ながらあります。

ギリギリの人材で運営している企業では、産休育休に伴う人員調整が困難であったり、早期退職による欠員の補充をする力が残っていないためです。

大学中退した女性は、女性が多く働いている職種を狙ったり、スキルを身に着けることで就職の可能性がぐっと上がります。

以下の記事では、大学中退女性の就職活動方法やおすすめの職種、選べる9つの進路などについて解説しています。

大学中退女性の今後に役立つ内容となっているので、ぜひ参考にしてみてください。

大学中退女性のその後は幸せになれる?9つの進路と就職活動方法、結婚への影響を解説大学中退女性のその後は幸せになれる?9つの進路と就職活動方法、結婚への影響を解説

5. 大学中退者が就職すると給料はどのくらい?

大学中退者が就職すると給料はどのくらい?のアイキャッチ画像

ここまで大学中退者の就職活動について解説しましたが、気になるのは就職するとどのくらい給料が貰えるのかということではないでしょうか。

まずは、「大学中退後に、はじめて正社員就職した初年度の年収」についてアンケートを行ったので結果を見てみましょう。

大学中退後にはじめて正社員就職した初年度の年収。251~300万円、25%。151~200万円、21%。301~350万円、20%。201~250万円、13%。101~150万円、11%。351~400万円、4%。100万円以下、3%。401~450万円、2%。451~500万円、1%。501万円以上、0%。

1位は251~300万円で、大学新卒の初年度平均年収と同等程度であることが分かりました。

1位と僅差の2位151~200万円は、高卒の初年度平均年収と同等程度なので、大学中退者は高卒か大卒いずれかと同じ程度の年収を得ることができるようです。

しかし、初年度の平均年収は大卒、高卒、大学中退者ともに大差はありませんが、残念ながら年齢が上がっていくほどに大卒との差が開いていく傾向があります。

厚生労働省「平成28年賃金構造基本統計調査」によると、大学や大学院を卒業した場合、全年代の平均月収は男性で39万円、女性で28万円とされています。

一方で高卒の場合、男性で28万円、女性で20万円が平均月収とされていて、男女ともに10万円前後の差があります。

また、月収だけではなく賞与にも差が開くことから、大学・大学院卒の場合、男性の生涯賃金は2億5440万円、女性が1億9,750万円が平均なのに対し、高卒では男性が1億9240万円、女性1億2550万円が平均となっています。(労働政策研究研修機構「ユースフル労働統計 2014」)

生涯年収においては、大卒と高卒で男女ともに5000万円前後の差があります。

このような解説を聞くと、就職意欲が薄くなるかもしれませんが、正社員就職の機会を逃してフリーターを続けてしまうと生涯年収はさらに低くなってしまいます

また、これは全ての職種の平均です。

どのような学歴でも、経験を積んでキャリアアップ転職をしたり、インセンティブが入る職種を選ぶなど、努力次第で平均以上の年収を得ることが可能です。

6. 大学中退者が就職している職種

大学中退者が就職している職種のアイキャッチ画像

ここまで大学中退者の就職活動や収入について解説しましたが、実際にどのような職種に就職していることが多いのでしょうか。

以下の図は、大学中退者が就職した職種を多い順に表しているので、見てみましょう。

大学中退者が就職した職種。サービス職27.9%。販売職17.2%。専門職・技術職12.4%。事務職7.4%。生産工程職7.4%。運搬・清掃・包装4.6%。運輸・機械運転・建設・採掘4.1%。その他8.5%。不詳10.5%。
出典:独立行政法人 労働政策研究・研修機構「大学等中退者の就労と意識に関する研究」2015年5月 ※大学中退者には大学院中退者も含まれます。

大学中退者が就職している職種を多いものから見ると、

  • 1位 サービス職   27.9%
  • 2位 販売職     17.2%
  • 3位 専門職・技術職 12.4%

となっていて、これらの職種で全体の6割近くを占めます。

特に、サービス職と販売職は、働ける業界が豊富にあり、募集人数が多いので、多くの大学中退者が就職しています。

大学中退者の就職活動でネックになるのは、

  • 大学中退
  • 最終学歴が高卒
  • 職歴なし

というような経歴。

しかし、これらの職種であれば、経験や学歴に関係なく、人物重視で採用を行う企業を多く見つけられます

また、専門職・技術職にも、多くの大学中退者が就職しています。

専門職・技術職では、求人の募集要項に知識や技術、資格の条件を設けず、入社してから人材を育てる企業が増えています。

大学中退者が初めから待遇のよい企業に入社できることは少ないですが、専門的な知識やスキルを得られると、そのスキルを活かしてキャリアアップ転職することも可能です。

また、万が一職場の雰囲気が合わない場合にも、同職種への転職がスムーズに進みやすいので、一つの企業に縛られないというメリットもあります。

一方、「輸送・機械運転・建築・採掘」や「運搬・清掃・包装等」の職種には、大学中退者があまり就職していません。

これらの職種は、仕事がキツイというイメージがあり、正社員として働き続けるには不安があることが、大学中退者が就職しない理由の一つです。

6. 大学中退者におすすめの職種7選

大学中退者におすすめの職種7選のアイキャッチ画像

大学中退すると、最終学歴が高卒になるので、大卒より選択肢が少なくなることをお伝えしましたが、大学中退者はどのような職種が選べるのでしょうか。

ここからは、大学中退者が選べるおすすめの7職種について、「仕事内容」「求人募集の傾向」「平均年収」「強みを持つ求人サイト」など詳しく紹介します。

※平均年収は、DODA「平均年収ランキング2019」他を参考にしています。
出典:DODA「平均年収ランキング2019

「営業職」学歴を問わずチャレンジできる

☆営業職の主な職種☆
飲食料品営業員、不動産セールス、保険外交員、自動車販売営業員、MR(製薬会社の営業員)など

「営業職」学歴を問わずチャレンジできるのアイキャッチ画像

営業職は、未経験から就職する人が多い職種です。

求人の募集要項では、学歴や資格、年齢を問われることがほとんどなく、求人数も安定して多くあるので、普通自動車運転免許を持っていれば応募できる求人がたくさん見つかります

このような理由から、大学中退者が就職しやすい職種なのですが、「飛び込み営業やノルマがつらい」と感じて離職する人も多いです。

営業職を目指して就職活動を行う場合は、自分にあった営業方法や就職先を選択することが重要なポイントです。

新規開拓型の営業職は、精神的な負担が重いかわりに、歩合制の企業が多いので、自分の実力次第で昇進や高額な給料を目指せます。

ルート営業型の営業職は、成果が実感しづらいものの、精神的なつらさは少なくなります。

いずれにしても、「営業職で学んだことは、他の職業でも活かせる」と言われ、コミュニケーション能力やアピール力、判断力などのスキルも身につきます

営業職の平均年収
  • 保険 約406万円
  • 建設・不動産 約430万円
  • 医薬品メーカー 約659万円
営業職に強い求人サイト・就職エージェント

「ITエンジニア職」未経験からでも技術が身に付く

☆ITエンジニアの主な職種☆
プログラマ、システムエンジニア(SE)、webデザイナーなど

「IT職」未経験からでも技術が身に付くのアイキャッチ画像

ITエンジニア職は、専門の知識や技術を活かして、情報処理や通信関連の仕事をする職種です。

ITエンジニア職は高度な知識や技術が必要なので、大学中退者は「求人の応募要件を満たせない」と思うことが多いです。

しかし、今現在、IT業界の成長が著しく人材不足が深刻なことから、ITエンジニア職への需要が高く、未経験者OKや資格を問わない求人が多く見つかります。

入社後に、知識や技術を身につけさせたり、企業が必要な資格のサポートをしてくれたりします。

そのため、応募時には、資格や経験がない大学中退者でも目指せる職種です。

また、ITエンジニア職は、未経験や資格なしからはじめても、高いスキルや豊富な経験を身につければ、将来、独立開業やキャリアアップができる可能性が高い職種です。

大学中退者には、就職に対して、強いこだわりや高い意識を持っている人が多いですが、ITエンジニア職は、そのような人たちの要望を満たせたり、学歴に対するコンプレックスを補える職種でもあります。

ITエンジニア職の平均年収
  • テクニカルサポート 約419万円
  • システムエンジア(SE)・プログラマ 約422万円
  • webサービスエンジニア 約429万円
ITエンジニアに強い求人サイト・就職エージェント

「公務員」受験資格に学歴条件がない職種が多い

☆公務員の主な職種☆
市役所職員、都道府県庁職員、警察官、消防官、税務職員、刑務官、入国警備官など

「公務員」受験資格に学歴の条件はなしのアイキャッチ画像

公務員は、国や地方公共団体などの職員のことで、公務員試験に合格すると働くことができます。

安定した雇用と給料で、昔から人気がある職業で、恵まれた福利厚生や社会的信用度が高いことも、大きな魅力です。

公務員試験の受験資格は「年齢制限」だけの職種が多いですが、年齢が高くなるとなれない公務員の種類もあるので、興味がある大学中退者は、早めにチャレンジしましょう。

また、自衛官や海上保安庁で働くことを約束に、学費無料の学校で学びながら、国家公務員として給与がもらえる「大学校」や「学校」もあります。

大学中退者の中には、中退を後悔したり、学歴にコンプレックスを持っている人が多いです。

「大学校」や「学校」に通い卒業できれば、こういった思いを軽減できます。

公務員、大学校、学校については、

大学中退後は、公務員にも就職できる!

で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

公務員の平均年収(一般行政職の場合)
  • 地方公務員 約592万円
  • 国家公務員 約667万円

「事務職」女性の大学中退者に人気

☆事務職の主な職種☆
一般事務、営業事務、医療事務、経理、受付、秘書など

「事務職」女性の大学中退者に人気のアイキャッチ画像

事務職は、どの世代の女性からも人気No.1の職種です。

人気の秘密は、

  • 座ってできる定型仕事
  • 残業がほとんどなく、定時退社
  • 求人数が豊富
  • 未経験者OK
  • 求人条件は「パソコンの基本操作」のみ

というような、働きやすさと応募のしやすさにあります。

そのため、どの企業も事務職の競争倍率は高く、経験者や資格を持っている人が採用されやすくなっています

また、パートやアルバイトなどの非正規社員を雇用したり、パソコン作業で事務業務が簡略化されたりと、事務職はコストカットの対象になりやすいので、正社員での就職は難しくなっています

それでも事務職に就職したい人は、他の職種でも応用が利く「MOS」「簿記」「秘書検定」などの資格取得を検討するとよいでしょう。

事務職の平均年収
  • 一般事務 約327万円
  • 医療事務 約284万円
  • 秘書/受付 約333万円
事務職に強い求人サイト・就職エージェント

「サービス職」大学中退者が1番多く就職している

☆サービス職の主な職種☆
ホテルスタッフ、飲食店スタッフ、娯楽施設スタッフ、エステティシャン、介護職員、添乗員など

「サービス職」大学中退者が1番多く就職しているのアイキャッチ画像

サービス職は、大学中退者が最も多く就職している職種です。

飲食や衛生、医療・福祉、娯楽など、生活に関するあらゆるものにサービス業があるので、幅広い業種から就職先を選べます。

サービス職は、利用者にサービスを提供する仕事なので、細やかな気配りや対応力が必要です。

そのため、企業の採用選考では、人物重視で評価される傾向が強いので、学歴や資格、経験、年齢を問われることが少なく、入社後に必要な資格を取得することも可能です。

サービス職は、おしゃれな仕事が多いので就職希望者が多いですが、離職者も多い職種です。

早期離職しないためには、自分のやりたいことや興味がある業種の企業をいくつか調べたうえで、就職先を決めることが大事です。

サービス職の平均年収
  • フロント業務(宿泊施設・ホテル) 約297万円
  • ホール・サービススタッフ 約294万円
  • 旅行手配・ツアーコンダクター 約315万円
サービス職に強い求人サイト・就職エージェント

「販売職」大学中退者が2番目に多く就職している

☆販売職の主な職種☆
家電販売員、携帯ショップ店員、アパレル販売員、スーパー販売員、百貨店販売員など

「販売職」大学中退者が2番目に多く就職しているのアイキャッチ画像

販売職は、大学中退者が多く就職している職種です。

来店したお客様に、自社の商品を勧めて販売する仕事なので、接客業に抵抗のない人や、人との会話を楽しめる人に向いています。

求人の募集要項では、学歴や職歴、年齢を問われることがほとんどないので、未経験者でもチャレンジしやすく、自分の好きな商品に関わる就職先を選ぶ人が多いです。

未経験者からはじめても、販売だけでなく、

  • 自分の売り場を管理する
  • 商品の企画に参加する
  • 自分の勧める商品が店頭に並ぶ

といったチャンスもあります。

しかし、立ち仕事が多かったり、理不尽なクレームの対応や不規則な勤務日時などを苦痛に感じる人もいるので、接客にやりがいを感じない人には続かない職業です。

販売職の平均年収
  • 店長・販売スタッフ 約328万円
  • 百貨店販売員 約320万円
販売職に強い求人サイト・就職エージェント

「生産工程職」モノづくりにたずさわれる

☆生産工程職の主な職種☆
食品製造工、化学製品検査工、金属検査工、機械組立工、自動車組立工など

「生産工程職」モノづくりにたずさわれるのアイキャッチ画像

生産工程職は、製造業界でモノづくりの仕事をする職種です。

オートメーション化された工場が多く、マニュアルに従って、製品の製造・加工・組立・検査など、一連の作業を行います。

肉体労働が多いですが、未経験者でもすぐにできる仕事が多いので、求人の募集要項に厳しい条件はなく、アルバイトやパートなどの非正規社員も多く雇用されています。

正社員の場合は、入社後に資格を取得したり、手に職をつけたりと、将来、現場の責任者や技術者として活躍できます。

働いているのは大半が男性で、華やかなイメージがない職種ですが、中小企業から大手企業や外資系のグループ会社まで、幅広い業種や職種の求人募集が数多くあります

生産工程職の平均年収
  • 機械・金属加工 約382万円
  • 生産管理 約474万円
  • 品質管理/品質保証 約471万円
生産工程職職に強い求人・就職エージェント

7. 大学中退者の履歴書作成方法

大学中退者の履歴書作成方法のイメージ画像

応募する求人が決まったら履歴書が必要になりますが、面接で直接会う前の第一印象となることも多いので、好印象を持ってもらえる履歴書を書くことが大切です。

「大学中退を履歴書に書くと印象が悪くなるから書かないでおこう」と考える大学中退者もいますが、履歴書に大学中退を書かないと、高校卒業から就職活動までの期間が空白期間となってしまい、余計に悪い印象を持たれかねません。

空白期間について上手くごまかせたとしても、面接が進むにつれつじつまが合わなくなり、不信感を持たれる可能性もあります。

応募条件を「学歴不問」「高卒以上」としている求人で、大学中退を理由に落とされることは少ないので、履歴書には以下のような正しい形式で大学中退を明記しましょう。

大学中退学歴の履歴書記載例

「大学中退をした理由」は、前向きな理由や仕方がない理由で中退した場合には、履歴書に記入するとよいでしょう。

採用担当者は、大学中退者に「大学に通うことを途中で投げ出した人」というようなマイナスのイメージを持っているので、前向きな理由などを書くことで、そのようなイメージがつくのを避けられます

前向きな理由や仕方がない理由は、以下のように記入します。

英語習得を目的とした留学のため大学中退した場合の履歴書記入例

家庭の経済的な理由により大学中退した場合の履歴書記入例

病気が理由で大学中退した場合の履歴書記入例

留学をした場合は、留学先の国、大学名、滞在期間、取得した資格などを書いて、留学先で遊んでいたのではなくしっかりと勉強していたことをアピールできます。

また、病気をした場合は、完治していてもしていなくても、

「息の切れるような激しい運動は医師から止められています。通常のデスクワークに支障はありません。」

など現在の状況を明記しておきましょう。

もし、中退理由がマイナスの印象を抱かせる場合は、履歴書に書かずに、面接で事情を説明したほうが誤解を生まず理解してもらえます。

大学中退者の履歴書の書き方については、以下の記事で履歴書の見本や例文を見せながら解説しているので、参考にしてください。

【見本あり】大学中退者の履歴書の書き方を徹底解説!の画像【見本あり】大学中退者の履歴書の書き方を徹底解説!

8. まとめ

大学中退をすると就職活動が厳しくなるのは事実ですが、説得力のある大学中退理由や志望動機を準備して就職活動を行えば、正社員になることは難しくありません。

まずは大学中退を振り返り、「あの時は中退するしかなかった」「中退という失敗をしたから成長できた」など、自分の中で大学中退を受け入れることから始めましょう。

また、就職エージェントやハローワークなど様々なサービスを利用して、一人で悩まずに効率よく就職活動を行いましょう。

大学中退者に人気の就職サイトランキング

大学中退者が使っている就職サイトを、ランキング形式で紹介しています。
※ランキング調査期間:2020年1月31日~2021年1月31日

大学中退者に人気の就職サイトランキング

第1位
ジェイック(JAIC)
ジェイック(JAIC)は、大学中退者向けの、研修付きの就職エージェントです。

大学中退者のために組まれた特別研修プログラムを受講して、中退というコンプレックスを乗り越えて正社員就職を実現できます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大学中退者の利用者が多い人気求人サイトです。

様々な職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。
第1位
ハタラクティブ
ハタラクティブは、フリーターや大学中退者向けの就職エージェントです。

まだ新しい就職エージェントですが、求職者と年齢が近いキャリアアドバイザーが親身になって相談に応じてくれ、未経験から応募できる求人を紹介してくれます。

大学中退者におすすめの就職サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

大学中退者におすすめの就職サイト9選のアイキャッチ画像大学中退者におすすめの就職サイト9選

新着記事

大学中退就職ガイドでは、ご意見、ご感想を募集しています

皆さんからのご意見やご感想をお待ちしています。「ご意見、ご感想を募集しております」のページでコメントを残すことができるので、お気軽にコメントしていただければと思います。

また、当サイトを紹介していただける方も募集しています。紹介の際には、「大学中退就職ガイドを紹介してください。」で案内しているアドレスを使って紹介していただけると幸いです。

よろしくお願いいたします。

大学中退者に人気の求人サイト

専門家に聞く

就職エージェントを取材しました

大学中退者に人気の就職エージェントを取材しました。気になる疑問やサービス内容、利用方法などについて詳しく聞いています。利用者の口コミや評判も紹介しているので、参考にしてください。

株式会社ジェイック大阪支店の矢野誠一郎さん株式会社ジェイック大阪支店の矢野誠一郎さん ジェイック大阪支店の支店長をしている矢野さんに取材しました。ジェイックのサービス内容について詳しく聞いてきたので、参考にしてください。
大学中退者の就職支援を行うジェイックを取材しました。評判や口コミも紹介

就職支援を行うハタラクティブを取材しました。評判や口コミも紹介。大学中退者の就職支援を行うハタラクティブを取材しました。評判や口コミも紹介。 ハタラクティブの関東エリア責任者でキャリアアドバイザーの吉田さんに取材しました。就職支援の内容や、ハタラクティブならではの特徴はどこにあるのか聞いてきました。
大学中退者の就職支援を行うハタラクティブを取材しました。評判や口コミも紹介

就職支援を行う就職Shopを取材しました。評判や口コミも紹介。大学中退者の就職支援を行う就職Shopを取材しました。評判や口コミも紹介。 就職Shop推進部、関西グループマネージャーの白濱さんに取材しました。就職Shopならではの就職支援に対するこだわりや、不利な経歴を持つ人が就職できるのか聞いてきました。
大学中退者の就職支援を行う就職Shopを取材しました。評判や口コミも紹介

株式会社UZUZ大阪オフィスの吉内冬実さん株式会社UZUZ大阪オフィスの吉内冬実さん UZUZでキャリアアドバイザーをしている吉内さんに取材をしました。ご自身の就職活動で苦労した経験を元にしたアドバイスや就職支援サービス内容について詳しく聞きました。
大学中退者の就職支援を行うUZUZ(ウズウズ)を取材しました。評判や口コミも紹介

上へ
戻る