内定が早く得られる、就職活動の中で得た情報の整理術

最終更新日:2018年4月20日

内定が早く得られる、就職活動の中で得た情報の整理術のアイキャッチ画像就職活動をしていると、様々な情報があふれてきます。

必要な情報もあれば、いらない情報もたくさんあるので、情報を整理しているかどうかで就職活動を行う効率が大きく変わることもあります

ここでは、就職活動情報の整理方法について解説していきますので参考にしてみてください。

求人情報の志望度順位リストを作る

就職活動で得られる情報の中でも、重要度が高いのが求人情報です。

求人情報サイトを見て、見つかった企業から応募している人もいるかもしれませんが、先にある程度求人情報をピックアップして、志望度の高さで順位を付けておくと、効率よく応募することができます。

志望度順に、

「高」
「中」
「低」

の三つに分けて、その中に見つけた求人を仕分けしていきましょう。

そして、どういった順序で応募してくのかを考えてみましょう。

就職活動をはじめた当初は、就職活動のコツを身につけていないので、その時点で志望度の高い企業に応募しては不採用になる可能性が高いので、もったいないです。

逆に志望度順位の高い企業を最後にとっておいても、それまでに何度も採用をお断りされているので自信を失っている可能性があります。

また、闇雲に応募していると、内定をもらった後に良い求人が見つかってしまい、せっかくもらった内定を辞退しなければならないということにもなりかねません。

ですので、志望度で三つに分けた求人を、以下の順番で応募していくとよいでしょう。

『就職活動をはじめた時点』

  • 最も志望度の低い企業に応募し、まずは就職活動に慣れることに集中しましょう。

『就職活動に慣れてきた時点』

  • 就職活動に慣れてきたら、志望度順位の高い企業に応募して内定を狙っていきましょう。

『なかなか内定がもらえない場合』

  • 志望度順位の高いところに内定がもらえない場合に備えて、最後に志望度が中位の企業に応募していきましょう。

このように、求人情報を整理して、応募していくことで、効率よく就職活動をすすめることができるので、はじめに志望度順位リストを作成するとよいでしょう。

面接で得た情報や手応えを、日記にまとめる

就職活動を進める中で面接には何度も参加することになりますが、面接の中で得た情報も重要ですので、家に帰ってから日記帳やノートにまとめるようにしましょう。

同じ業界の企業であれば、面接時の質問も共通するケースが多いので、どのような質問をされたのかを記録しておき、次の企業の面接に備えて想定回答を用意しておくとよいです。

また、

  • 面接時に失敗したと思ったこと
  • 上手くいったこと

などについてもまとめておくと、今後の面接で活かすことができます。

それ以外にも、面接を受けた際の面接官のイメージや企業のイメージも記録しておくと、内定が出た場合に、入社するかどうかの目安にすることができます。

面接に参加しても、「駄目だった」「よかった」といった感想しか持たない人も多いので、こういった形でまとめたり、整理しておくと、選考で有利になったり、企業選びで失敗しない可能性を高めることができます

その他の情報の整理

履歴書のコピーや企業パンフレットなどの情報も就職活動を続けていると貯まってきますが、それらもファイルで整理したり、電子化するなどして取っておくとよいでしょう。

なかなか内定がもらえない場合には、履歴書に原因があるかもしれないので、後になってチェックし直す必要が出てくる可能性があります。

パンフレットに関しても、もらった時点では応募する気がなかった企業に、後々応募することもあります。

就職活動期間は、長くても半年から1年程度だと思いますので、その中で得た情報はなるべく全て取っておいて、整理し、見やすい状態にしておくとよいでしょう。

大学中退者
人気求人情報サイトランキング

大学中退者に人気の求人情報サイトを、ランキング形式で紹介しています。

第1位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大学中退者の利用者が多い人気求人情報サイトです。

様々な職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。
第2位
JAICセカンドカレッジ
JAICセカンドカレッジは、大学中退者向けの、研修付きの人材紹介サービスです。

大学中退者のために組まれた特別研修プログラムを受講して、中退というコンプレックスを乗り越えて正社員就職を実現できます。
第3位
リクルートスタッフィング
はじめて派遣社員を目指す人がたくさん利用している、人材派遣求人サイトです。

正社員になれる紹介予定派遣の求人も充実しています。

大学中退者が使っている全ての求人情報サイトを見たい方は、以下からチェックしてみてください。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る