職種を決めずに就職活動をしてもよい?

最終更新日:2018年2月23日

職種を絞らずに就職活動をしてもよい?のアイキャッチ画像「あの職種で働きたい」といった希望職種がない場合、職種を特定せずに就職活動を行うことになります。

職種を決めずにに就職活動をする場合の、メリット、デメリットにはどういったことがあるのでしょうか?

職種を決めなければ、たくさんの仕事が候補になる

医師や看護師、薬剤師など、仕事を行うのに資格や免許が必要な職種以外においては、仕事をはじめるまで、まったくの未経験であってもチャレンジすることができる職種が多いです。

つまり、職種をしぼらずに就職活動をはじめれば、様々な職種を候補に上げることができます

就職活動では、説明会での情報やパンフレットの記事、求人情報などを見ることになるので、その際に様々な職種の情報に触れることになるので、視野が広くなるというメリットがあります。

一方、学生時代にこれだという職種を決めていた場合、それ以外の職種が目に入っていないことが多いので、たくさんある職種のほとんどについて知る機会がないまま就職していくことになります。

多くの転職者が、前職と同じ職種に転職するケースが多いことから、将来的にも他の職種について知る機会は少ないです。

しかし、就職活動時点で職種を決めていない場合、就職活動期間に決める必要があり、そのための情報収集も必要になるので、就職活動期間は長くなる可能性があるということは、覚悟しなければならないでしょう。

職種を決めなければ、志望動機が弱くなりがち

学生時代にも職種を決める機会があったにも関わらず、就職活動をする時点まで職種を決められていない人は優柔不断なところがあるのかもしれません。

優柔不断な人の場合、いつまで経っても、「あの職種もいいな、この職種もいいな」と考えてしまいがちです。

そのような状態でなんとなく就職活動に臨んでいては、志望動機を強くアピールできなかったり、熱意が伝わりにくかったりと、他の受験者に比べて見劣りする可能性があります。

就職活動をはじめた時点では、職種をしぼっていなくても、最終的にはきっちり一つに決めて就職活動に取り組まなければなりません。

職種を決めるに至った過程を振り返って、なぜその職種に決めたのか考えてみると、志望動機を上手く伝えることができることが多いです。

まとめ

最近では、学校でも職業意識を身につけさせるために、様々な職種について知る機会を設けています。

しかし、そういった経験をしても、なかなか自分に合った職種を見つけられない人がいるのも事実です。

様々な職種について、テレビやインターネットでもたくさん情報が掲載されているので、こういった情報も活用してみましょう。

また、実際に働いている人に話を聞くなどすると、自分が働いているイメージがわいてきます。

そうやって得た情報と、自己分析の結果を踏まえながら自分にあった職種を決めていきましょう。

大学中退者
人気求人情報サイトランキング

大学中退者に人気の求人情報サイトを、ランキング形式で紹介します。

第1位
JAICセカンドカレッジ
JAICセカンドカレッジは、大学中退者向けの、研修付きの人材紹介サービスです。

大学中退者のために組まれた特別研修プログラムを受講して、中退というコンプレックスを乗り越えて正社員就職を実現できます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大学中退者の利用者が多い人気求人情報サイトです。

様々な職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。
第3位
リクルートスタッフィング
はじめて派遣社員を目指す人がたくさん利用している、人材派遣求人サイトです。

正社員になれる紹介予定派遣の求人も充実しています。

大学中退者が使っている全ての求人情報サイトを見たい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る