大学中退後に、就職できない人の特徴とは?

最終更新日:2018年10月23日

就職できない人の特徴とは?のアイキャッチ画像大学中退後に、就職活動を続けていても、なかなか就職が決まらない人がいます。

就職が決まらない理由は人それぞれ違うように思うのですが、実は、そういった人たちには、共通する特徴があります。

その特徴を潰していけば、就職できる確率を高めることができます。

皆さんも同じことをしてしまい、就職活動が難しくなってしまわないように、国の調査結果や、長年の就職支援の中で分かった『就職できない人の特徴』について紹介していきます。

また、「内定がもらいやすくなる対策方法」についても解説していきますので、ぜひ参考にして上手に就職活動を行ってみて下さい。

調査結果から分かった、就職できない人の特徴

大学中退者の就職できない人の特徴についての調査は行われていないのですが、新卒者の『大学を就職せずに卒業する人の特徴』について、国が調査をしていて、大学中退者も参考にすることができます。

それが、以下のグラフですので、まずはこちらを見て下さい。

大学を未就職のまま卒業した人の特徴で一番多いのは、就職活動をスタートするのが遅い。次に、自分の意見や考えを上手く表現できない。その次には、教員や職員にほとんど相談しない。
出典:大学における未就職卒業者支援に関する調査

この調査結果を参考に、就職できない人の特徴と、対策方法について見ていきましょう。

就職活動をスタートするのが遅い

就職せずに大学を卒業してしまう人の特徴で最も多いのは、スタートが遅いのアイキャッチ画像

就職できない人の特徴として最も多く上げられているのが、就職活動をスタートするのが遅いということです。

就職活動をスタートするのが遅い人は、

  • 就職活動をはじめる時期を知らない
  • そもそも就職活動をしなければならないという気持ちがない

といったように、就職活動を重要な事としてまだ認識できていないケースが多いです

しかし、大学生には、就職活動ができるのは卒業までという期限があるので、スタートで出遅れてしまうと就職活動が難しくなり、そのまま卒業してしまうことになります

一方、当サイトを訪れている、大学中退者には卒業というような期限はありません。

しかし、中退してから就職活動をスタートするのが遅くなると、その期間は何もしていない空白期間(ブランク期間)になってしまいます。

そういった空白期間については、面接で何をしていたのか必ず聞かれるので、答えられないと評価が低くなります。

また、卒業のような就職活動ができる期限がないために、就職活動をはじめても、いつまでも本腰を入れて取り組まなかったり、ゆっくり時間をかけて就職活動をしてしまう人が多いです

1件求人に応募して不採用になったら、次に応募するのは1週間後、1ヶ月後となってしまう人もいます。

こういった方法で就職活動を行っている人は、なかなか就職できず、途中であきらめてしまいます。

対策方法

大学中退後に就職活動をはじめる人は、できるだけ早くはじめることはもちろんですが、3ヶ月や半年といった期限を自ら設けるとよいでしょう。

そうすることで、緊張感を持って就職活動に取り組めます。

時間は掛ければかけるほど、就職活動へのやる気はなくなって内定をもらえる確率も低くなってしまうので、早くはじめて、早く終わらせるのが就職活動の必勝法です。

自分の意見や考えを上手く表現できない

自分の意見や考えを上手く表現できないのアイキャッチ画像

2番目の特徴である「自分の意見や考えを上手く表現できない」は、すでに就職活動をはじめているけれど、履歴書や面接が通過できない人の特徴です。

こういった問題を抱えている人は大学生だけでなく、大学中退者にも多くいます。

表現が上手くできない理由は2つあります。

  • 一つは、表現手法を知らない
  • もう一つは、自信がない

どちらも解決するのが難しいように思えるのですが、就職活動に慣れることで、徐々に表現が上手くなってくる人も多いです。

就職活動を通して、履歴書や面接での表現を工夫したり、慣れていく中で自信をつけていく人もいます。

しかし、何度も不採用を言い渡されてしまうと、それで余計に自信を失ってしまう人もいます。

対策方法

履歴書や面接になかなか自信が持てない人は、就職活動に関しての講座を受講したり、模擬面接や履歴書の添削を受けてみるとよいでしょう。

こういった講座で講師をしている人は、長年の経験から就職活動が上手くいかない人の特徴をよく把握しているので、適切なアドバイスがもらえます。

若者向けの人材紹介会社に行けば、無料で講座や対策を受けることができます。

以下の記事で大学中退者が利用できる、人材紹介会社を紹介しているので不安がある人は利用してみてください。

大学中退者が使っている求人情報サイト一覧のサムネイル画像大学中退者が使っている求人情報サイト一覧

人に相談しない

人に相談をしないのは、就職活動を難しくするのアイキャッチ画像

3番目の特徴は、「教員や職員に相談をしない」です。

就職活動が上手くいかない人とは反対に、上手くいく人は、人を上手に使っています

教員や職員だけでなく、友人からも様々な情報を得て、就職活動に取り組んでいます。

一方、上手くいかない人は、1人で何もかもやろうとして疲れてしまうという傾向があります。

1人で行っていると、上手くいかない時に、すぐに嫌になって就職活動をやめてしまう人もいます。

就職活動は1人でも行えるのですが、相談できる人がいるだけで精神的に支えられますし、教えてもらった情報から有利に就職活動を進めることもできます。

アンケート結果の、その他の上手くいかない人の特徴である、

  • 「何をしたらいいのか分からない」
  • 「エントリーシートが書けない」

なども、相談をすることで解決できます。

対策方法

大学中退者は、1人で就職活動をする人が多いのですが、全てを1人でこなしていくことは就職活動を難しくしていると知っておきましょう。

先ほども紹介したように、人材紹介会社などでしたら気軽に相談ができますし、中退した大学の就職課も利用できる場合があるので活用してみるとよいでしょう。

関連記事

採用現場で見た!就職できない人の特徴

ここまでは、国が行った調査結果を参考に、就職できない人の特徴を元にアドバイスを行ってきました。

これ以降では、実際の採用現場で見てきた、就職できない人の特徴と対策を紹介していこうと思います。

近くで働くことだけを考えてしまう

do-not-go-well-7.jpg

最近になって、就職活動を行っている人の傾向として、地元や自宅の近くで就職をしたいと考える人が増えてきています

地元や家の近くの職場であれば、通勤が楽ですし、気持ち的にも気楽に働けるということがあるようです。

こういった傾向を受けて、企業が地元の人を積極的に採用したり、転勤がない雇用形態を用意したりするケースが増えてきています。

しかし、そういった対応が増えてきているとはいえ、やはり地域によって求人倍率(※1)は大きく違うので、地元だけで就職することを考えていると就職活動がなかなかうまくいかないということがあります。

※1 求人倍率とは、求職者1人に対して、何件の求人があるのかを表す数値

厚生労働省が、平成28年4月時点の都道府県別の求人倍率(新規学卒者除くパートタイマー含む)を発表しているので見てください。

求人倍率の高い都道府県では、

  • 東京都 2.02倍
  • 福井県 1.86倍
  • 岐阜県 1.77倍

一方、求人倍率が低い都道府県では、

  • 沖縄県 0.94倍
  • 鹿児島県 0.97倍
  • 北海道 1.02倍

となっており、求人倍率が高い地域と低い地域では、2倍の求人倍率の差があります。

最近では、企業の人材不足が進んでいるので求人倍率はどの地域も高い傾向にありますが、それでも地域差は大きいです。

これだけ求人倍率に違いがあると、就職活動を行う地域によって、就職活動のしやすさは大きく変わってきます

対策方法

地元では就職が難しいという場合には、求人倍率が高い地域で就職活動を行うことを検討してみましょう。

特定の職種しか考えていない

就職活動をする人には、特定の職種で働きたいという希望を持っている人が多いです。

  • 「経理として働きたい」
  • 「プログラマを目指したい」
  • 「デザイナーになりたい」

といったように、働く職種を決めて、求人を探している人がたくさんいます。

しかし、職種に関しても、選んだ職種によって求人倍率が大きく違ってきます

人材関連企業のDODAが、2016年8月に転職者を対象とした職種別求人倍率を調査しているので見てみると、

  • 営業系 2.87倍
  • 企画管理系 1.85倍
  • 技術系(IT・通信) 8.09倍
  • 技術系(化学・食品) 0.95倍
  • クリエイティブ系 1.47倍
  • 販売・サービス系 1.47倍
  • 事務アシスタント系 0.26倍

出典:DODA「転職求人倍率レポート

となっています。

上で見たように就職活動をする地域によって求人倍率は違いましたが、職種別でも求人倍率に大きな差があります。

営業職は、企業で必ず求められる職種なので、時期を問わず安定的に求人倍率が高いです。

IT系の職種は、今の時代に最も求められている職種であることから、求人倍率が非常に高くなっています。

しかし、同じ技術系であっても、化学・食品系になると求人倍率は0.95倍に、事務職にいたっては1人に0.26件の求人しかありません。

これだけ大きな求人倍率の差があるので、選んだ職種によって就職のしやすさは大きく変わってくることになります。

対策方法

どうしても働きたい職種があるということであれば、時間をかけてでも、こだわって仕事を探すのもよいです。

しかし、一つの職種にこだわり過ぎて、なかなか仕事が見つからず、最終的に就職を諦めてしまう人もいます。

なかなか就職できないということでしたら、希望職種の幅を広げることも考えてみるとよいでしょう。

基本的な対策ができていない

do-not-go-well-9.jpg

ここまで就職できない人の特徴をいくつか紹介してきましたが、基本的な対策ができていないために内定をもらえないケースも多いです。

就職活動は、

  • 自己分析
  • 業界分析
  • 履歴書作成
  • 筆記試験
  • 面接

といった段階を経ていくのですが、内定をもらえていない人は、これら一つ一つの段階の対策ができていなかったり、中途半端に行っていることがあります。

そういった場合は、もう一度、一つ一つの段階をチェックしてみる必要があります。

自己分析や業界分析がしっかりできていないと、履歴書作成の際に志望動機がしっかり書けなかったり面接で熱意を持ってアピールできません

また、筆記試験に関しても、試験の傾向は毎回同じケースが多いので、対策をしている人としていない人で、大きく点数が開いてしまいます

面接に関しては、ビジネスマナーが身についている人といない人では、評価に大きな影響を与える第一印象に差が出てしまいます。

これらの、一つ一つが積み重なって、評価が周りの人に比べて低くなってしまいます。

対策方法

まずは一人で、一つ一つの段階を再チェックして、弱い部分をしっかり対策していきましょう。

一人で対策を行うのが難しい場合は、親や友人などに協力してもらい、履歴書をチェックしてもらったり、模擬面接官になってもらい感想を聞いてみるとよいでしょう。

こういった対策をしても、まだ不安があるという場合には、上でも紹介した人材紹介会社で就職活動のプロに相談してみるとよいでしょう。

若者向けの人材紹介会社は、以下のページで紹介しているので、就職活動が上手くいかない人は活用してみましょう。

recruitment-website.jpgのサムネイル画像大学中退者が使っている求人情報サイト一覧

まとめ

大学中退後に、就職できない人の特徴と対策方法について紹介してきました。

一つ一つの問題点をつぶしていくことで、内定をもらえる確率を飛躍的に上げることができるので、ぜひ参考にして就職活動に取り組んでみて下さい。

大学中退者
人気求人情報サイトランキング

大学中退者に人気の求人情報サイトを、ランキング形式で紹介しています。

第1位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大学中退者の利用者が多い人気求人情報サイトです。

様々な職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。
第2位
JAICセカンドカレッジ
JAICセカンドカレッジは、大学中退者向けの、研修付きの人材紹介サービスです。

大学中退者のために組まれた特別研修プログラムを受講して、中退というコンプレックスを乗り越えて正社員就職を実現できます。
第3位
リクルートスタッフィング
はじめて派遣社員を目指す人がたくさん利用している、人材派遣求人サイトです。

正社員になれる紹介予定派遣の求人も充実しています。

大学中退者が使っている全ての求人情報サイトを見たい方は、以下からチェックしてみてください。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る