ハンバーガーメニューの画像

大学中退フリーターから就職活動をうまく行う方法

最終更新日:2018年10月26日

大学中退フリーターから就職活動をうまく行う方法のアイキャッチ画像

大学中退者には、中退後からフリーターを続けている人が多いです。

このような人が就職活動をする場合でも、大学中退後すぐに就職活動をする人と同じ就職活動方法で内定をもらう人はたくさんいます。

しかし、大学中退後にフリーターをしていた人ならではの、

  • 就職活動前の準備の方法
  • 採用選考でアピールすべきこと

があり、そのことを知っているのと、知らないのでは、内定をもらえる早さが変わります

その方法について、ここで詳しく解説しますので、参考にしてください。

フリーターを続けたままできる、就職活動準備

フリーターを続けたままできる、就職活動準備のアイキャッチ画像

大学中退後から、フリーターをしていた人が就職活動をはじめる場合、就職活動に専念するためにアルバイトを辞める人もいます。

しかし、せっかくアルバイトをしているのでしたら、アルバイト先でできる就職活動に役立つことを行っておくとよいでしょう。

アルバイトを辞める前に、以下のことを実践してみましょう。

店長やアルバイトの同僚に、自分の「長所」「短所」を聞く

就職活動をはじめると、履歴書や面接で、自分の「長所」や「短所」を伝えなければならない場面がでてきます。

特に正社員の仕事経験がない人の採用選考では、性格が重視されるので、長所や短所が評価に大きく影響を与える場合があります。

しかし、就職活動経験がない人は、これまでに自分の長所や短所について考えたことがないので、履歴書を書く時や面接で話す段階になってから悩んでしまいます。

そして、なんとなく自分で思いついたことを伝えるのですが、評価が上がる効果的な内容になっていないことが多いです。

効果的な内容を伝えるためには、アルバイトをしている段階で、店長や同僚と世間話をする際に、仕事中の自分の「良いところ」「悪いところ」を聞いておくとよいでしょう。

そうすれば、良いところとして、

  • 「ねばり強く仕事を続けるところ」
  • 「楽しそうに仕事をしているところ」
  • 「挨拶や笑顔がいい」

といったことを教えてもらえたり、悪いところとして、

  • 「愚痴が多い」
  • 「日によって仕事のパフォーマンスが変わる」
  • 「細かいところに目が届いていない」

といったことを、教えてもらえます。

長所や短所は、自分だけではなかなか気づけないので、他人に聞いて、教えてもらった内容をメモに残すとよいです。

このような意見は、自分で考えたことではなく、他人が見た客観的な評価になります。

自分で考えた「良いところ」などは、人から見た評価とは違うことがあるので、面接で伝えても説得力がなく信用してもらえません

しかし、他人から教えてもらった客観的な評価は説得力があります

例えば面接で答える際に

「アルバイト先の店長から、私の良いところは『ねばり強く仕事を続けるところ』だと教えてもらいました。」

と伝えれば、効果的なアピールになります。

また、悪いところも聞いておけば、短所を伝える際に利用できますし、今後正社員として仕事をする際に気をつけることもできます

正社員の仕事に近い、難しい仕事を任せてもらう

アルバイトをしていた人が正社員の採用選考に参加した場合、アルバイトでの仕事内容について聞かれることがよくあります。

仕事内容を聞くのは、仕事中の勤務態度や性格などを確認するためなので、仕事内容自体が評価に影響を与えることはあまりありません。

しかし、接客や荷出し、といった多くの人が行っているアルバイトの仕事ではなく、

  • 商品の受発注
  • 他のアルバイト社員の指導
  • 他社の社員との商談・交渉

など、正社員に近い仕事を経験していた場合、採用選考での評価が高くなることがあります。

このような業務は、守秘義務があったり、失敗すると大きな損失が企業にでるなど、通常のアルバイトに比べると高度な仕事になります。

高度な仕事が任せられるということは、その人が店長や上司から信頼されている証といえます。

また、正社員として仕事をする際にも、このようなアルバイト経験が役に立つので、評価される場合もあります。

今現在アルバイトを続けているのであれば、少しレベルの高い仕事を任せてもらないか聞いてみるとよいでしょう。

アルバイトの給料を貯めて、就職活動資金を確保する

ここまでは、就職活動でのアピール材料を増やすためのアドバイスでしたが、もう一つアルバイト期間にしておきたいのが「就職活動資金を貯める」ことです。

アルバイトをしながら就職活動を行うこともできますが、面接が不規則に入るので、就職活動をはじめると以前ほどアルバイトの時間は確保できません。

もし、就職活動中に資金がなくなると、また資金を貯めてから就職活動を行う必要があるので、就職活動が長期化します。

しかし、長期化するほど就職活動への熱意は消えてしまいます

就職活動は短期に集中して行うことが大事ですので、就職活動資金は前もって貯めておきましょう。

就職活動に必要な資金は一般的に、

15~20万円

といわれます。

フリーターとして働いていれば、毎月10万円近くもらっている人が多いので、少しずつ貯めれば、数か月で貯まるはずです。

15~20万円より少なくても就職活動はできますが、就職活動の途中で資金の心配が出ないように、なるべく多めに確保しておくとよいでしょう。

そして、お金のことを心配せずに、短期に集中して就職活動を行うと、内定をもらえる可能性が高くなるはずです。

就職活動資金や就職活動に必要な物については、以下の記事で詳しく解説しているので、こちらもチェックしてみてください。

大学中退後の就職活動に必要な費用大学中退後の就職活動に必要な費用

大学中退フリーターの就職活動方法

大学中退フリーターの就職活動方法のアイキャッチ画像

ここからは、大学中退フリーターの就職活動方法について解説していきます。

大学中退後にフリーターをしていたとはいえ、基本的に、大学中退者と同じ就職活動方法が通用します。

ですので、大学中退者向けに書いた、就職活動方法についての以下の記事を参考にしてください。

大学中退者の履歴書の書き方の画像大学中退者の履歴書の書き方

大学中退者の面接対策基本編のアイキャッチ画像大学中退者の面接対策基本編

また、アルバイトをしていた人向けの就職活動方法や注意点について、すでにいくつか記事を書いているので、こちらもチェックしてみてください。

大学中退後にしていたアルバイトって職歴になるの?のアイキャッチ画像大学中退後にしていたアルバイトって職歴になるの?

大学中退後、アルバイトから正社員登用される可能性はある?のアイキャッチ画像大学中退後、アルバイトから正社員登用される可能性はある?

大学中退後、就職活動をするためにアルバイトは辞めるべき?のアイキャッチ画像大学中退後、就職活動をするためにアルバイトは辞めるべき?

ここからは、他の記事で書けなかった、大学中退フリーターの就職活動で重要なことについて紹介します。

大学中退フリーターは、早く就職活動をはじめるほど有利

大学中退後にフリーターをしていた人は、「就職活動をはじめる時期」が重要です。

というのも、就職活動は、早くはじめるほどアルバイトから正社員になれる人の割合が高いからです。

以下の図は、フリーターを対象にして調査を行った結果で、「フリーター期間別の正社員になれた人の割合」を表しています。

正社員になれた割合・フリーター期間別。6ヶ月以内、男性72.5%。女性56.5%。7か月から1年、男性61.7%。女性55.1%。1年から2年、男性60.0%。女性42.9%。2年から3年、男性62.1%。女性54.1%。3年以上、男性57.0%。女性38.3%。
出典:独立行政法人 労働政策研究・研修機構「大都市の若者の就業行動と意識の展開ー『第3回 若者のワークスタイル調査』からー」2012年

図からも分かるように、フリーター期間が6か月以内の人は、正社員になれた人の割合が、

  • 男性:72.5%
  • 女性:56.5%

と、非常に高いです。

しかし、フリーター期間が延びるほど正社員になれた割合は低くなっていき、3年を超えると、

  • 男性:57.0%
  • 女性:38.3%

まで下がります。

今回の結果に限らず、一般的な傾向でも、若いほど就職しやすく、またよい企業に就職できる確率も高いので、大学中退フリーターの方もなるべく早く就職活動をはじめるとよいでしょう。

大学中退フリーターは、中小企業を中心に就職活動をする

大学中退後にフリーターをしていた人にも、有名企業や大企業に正社員就職したいと考える人もいると思います。

そのような夢をかなえるために努力することも大事ですが、現実的には「中小企業を中心に就職活動をする」という姿勢を崩さないようにしたいです。

多くのアルバイトなど非正社員から正社員になる人は、中小企業に就職することが多いからです。

中には、有名企業や大企業にこだわりすぎて、なかなか就職が決まらない人もいるので注意が必要です。

中小企業といっても世間でイメージされる中小企業と、現実の中小企業は全く違うことが多いので、中小企業だからといって悲観する必要はありません。

中小企業庁の中小企業の定義を見ると

業種分類中小企業基本法の定義
製造業その他 資本金の額又は出資の総額が3億円以下の会社

または、

常時使用する従業員の数が300人以下の会社及び個人
卸売業資本金の額又は出資の総額が1億円以下の会社

または、

常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人
小売業資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社

または、

常時使用する従業員の数が50人以下の会社及び個人
サービス業 資本金の額又は出資の総額が5千万円以下の会社

または、

常時使用する従業員の数が100人以下の会社及び個人

出典:中小企業庁「中小企業者の定義

とあります。

中小企業には、製造業であれば300人以下の従業員がいる企業も含まれるなど、大きいと感じる企業もあることがわかると思います。

こういった企業にも、フリーターから正社員就職をする人はたくさんいるので、中小企業を中心に就職活動を行うとよいでしょう。

大学中退フリーターが、使うべき求人サイト

大学中退フリーターが、使うべき求人サイトのアイキャッチ画像

就職活動をはじめる時期や、目指すべき企業が分かったら、実際に求人を探してみましょう。

では、大学中退フリーターの方はどういった求人情報サイトを利用すればよいのでしょうか。

まず、新卒者向けの求人情報サイトは利用する必要がないです。

新卒者向け求人情報サイトには、大企業がたくさん掲載されているので魅力的に見えますが、新卒者を対象にした求人が多いので、大学中退フリーターの方が応募しても採用される可能性は低いです。

ですので、基本的には転職求人情報サイトを利用するとよいです。

転職求人情報サイトは、正社員経験のある人が利用するものだと考える人もいますが、新卒者以外のあらゆる人が利用しているので、アルバイト経験しかない人も利用でき、応募できる求人もたくさん見つかります

当サイトでも、以下の記事で、転職求人情報サイトを紹介しています。

大学中退者が使っている求人サイト一覧の画像大学中退者が使っている求人サイト一覧

まずは、紹介している転職求人情報サイトの中にある、「リクナビNEXT」を利用してみてください。

最大手の転職求人情報サイトなので、求人数が圧倒的に多く、アルバイト経験しかない人も応募できる「未経験者歓迎」求人がたくさん掲載されています。

リクナビNEXTに関しては、以下で詳しく知ることができるのでチェックしてみてください。

リクナビNEXT

リクナビNEXTの詳細はこちら

また、就職活動方法が分からない人は、就職活動についてアドバイスがもらえる企業を利用するのもよいです。

そういった際に使えるのが、「JAIC(ジェイック)」です。

あまり聞いたことがない企業だと思うかもしれませんが、既卒やフリーター、大学中退者の就職活動支援では非常に有名です。

これまでの若者の就職活動支援実績は非常に多いですし、特に営業職に強いのですが、それ以外の求人も多数そろっているので、気になる人は登録をして利用してみるとよいでしょう。

JAICについては、以下で詳しく説明されているのでチェックしてみてください。

recruitment-website-3.png

JAIC(ジェイック)の詳細はこちら

その他にも、ハローワークに求人がたくさん掲載されているので、利用するのもよいでしょう。

大学中退フリーターが、正社員の採用面接でアピールすべきこと

大学中退者は、採用選考の面接で「大学中退理由」をいかに説明するかが重要になります。

ですので、以下の記事を参考にして大学中退理由をどのように説明するかをまず考えてみてください。

面接での「大学中退理由」と「志望動機」の伝え方の画像面接での「大学中退理由」と「志望動機」の伝え方

大学中退理由についてうまく説明できれば、後は自己アピールをどのようにするかが重要になります。

大学中退後にフリーターをしていた人は、アルバイト経験が長い人ほど、アルバイト時代の経験をアピールしようと思うのですが、学生時代のことも忘れてはいけません

正社員を目指した採用選考では、アルバイト経験が高く評価されることはあまりなく、学生時代に何か真剣に取り組んだことがある場合は、そちらを優先してアピールしたほうが評価が高くなる場合があります。

ですので、まずは、何を最も強調してアピールするかを考えましょう。

アピールすることを決める際には、「自分が考える強み」ではなく、「正社員として就職した際に、仕事で活かすことができる強み」を優先することが大事です。

企業で活かすことができる強みを探す際には、「企業が求めている能力」を知ると参考にできます。

以下の記事で「企業が求めている能力」について解説しているので、確認しながら自分の強みでアピールできることを探してみてください。

企業が求めている能力、社会人基礎力をチェックしてみよう企業が求めている能力、社会人基礎力をチェックしてみよう

「企業が求めている能力」や「自分の強み」をしっかり認識してアピールできる人は少ないので、対策をしておけば、よい評価がもらえます。

フリーターに安住しないことが大事

ここまで、大学中退フリーターの方向けの就職活動方法について説明してきましたが、フリーターの方が就職活動で最も大事なのが、フリーターに安住しないことです。

アルバイトをしてフリーターを続けていれば、月に10万円、頑張れば20万円前後給与をもらうことができます。

これだけの収入があると、一人で生活するのであれば十分と考える人もいます。

そのようなことから、正社員への就職活動が難しい場合、「フリーターでいいか」と諦める人もいます

しかし、上でも書いたように、年齢が高くなるほどフリーターから脱出するのは難しくなるので、なるべく早く正社員になることが大事です。

フリーターに安住することなく、正社員を目指した就職活動に取り組んでいきましょう。

大学中退者に
人気の求人サイトランキング

大学中退者に人気の求人サイトを、ランキング形式で紹介しています。

第1位
JAIC(ジェイック)
JAIC(ジェイック)は、大学中退者向けの、研修付きの就職支援サービスです。

大学中退者のために組まれた特別研修プログラムを受講して、中退というコンプレックスを乗り越えて正社員就職を実現できます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大学中退者の利用者が多い人気求人サイトです。

様々な職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。
第3位
リクルートスタッフィング
リクルートスタッフィングは、はじめて派遣社員を目指す人がたくさん利用している、人材派遣求人サイトです。

正社員になれる紹介予定派遣の求人も充実しています。

大学中退者が使っている全ての求人サイトを見たい方は、以下からチェックしてみてください。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る