ハンバーガーメニューの画像

自己分析の意味とやり方、使い方

最終更新日:2018年3月19日

自己分析の意味とやり方、使い方のアイキャッチ画像就職活動をはじめたばかりの頃に行うことに自己分析があります。

自己分析を行うことは、就職活動においてどういった意味を持ち、どのような方法があり、自己分析の結果をどのように活用するのでしょうか。

ここで、自己分析の意味や方法について詳しく解説していきます。

自己分析をする意味

企業とのミスマッチを防ぐ

自己分析の第一目的は、企業とのミスマッチを防ぐことにあります。

以下の記事でも取り上げたように、就職をしても3年以内に辞める人はかなりの割合になります。

resign-0.jpg就職後に直ぐ辞めない方法

そして、辞職した人が企業とのミスマッチを辞職理由に上げることが非常に多いのです。

企業とのミスマッチを避けるのは中々難しい面もあるのですが、自己分析をしっかりしておくことで防ぐことができる場合があります。

自己分析では、自分自身がどのようなことに興味があり、どういったことがやりたいのか、どういったことができるのかを知ることになります。

こういったことを知った上で企業研究をはじめないと、闇雲に企業を探すことになり、どういった基準で企業を選べばよいのか分からなくなります。

興味ややりたいことを特定してから、企業について調べ採用選考に参加することで、自らの性格や興味にあった企業に内定をもらえる可能性が高くなります。

自己PRに利用する

自己分析では、興味や関心以外に、自らの長所や短所を知ることができます。

面接や履歴書の自己PRの際には、自己分析で知った長所についてアピールすることができるでしょう。

最近の自己分析ツールでは、おすすめの職種や業界を紹介するだけでなく、これまでの経験や学んできたことについてまとめさせ、履歴書作成や面接など就職活動に活かすことができるようにしているものが多いです。

こういった自己分析を行っていれば、長所をアピールする際のエピソードして使うことができるので、役立つはずです。

必要な技術や能力が分かる

興味のある職業や自分の長所短所が分かっても、それで直ぐにその職種で働けるわけではないです。

自己分析を行っていれば、どういった技術や能力が欠けているのか分かるので、採用前に努力して身につけるか、採用後に働きながら身につけなければならないという課題が分かります。

自己分析の方法

自分で振り返る

自分で振り返るという方法も自己分析としては有効です。

ただし、頭の中で何となく「自分は我慢強い性格だな」「〜の職種に興味がある」などと考えるだけではなく、ノートにまとめていくことでより深い自己分析ができます。

自己PRに利用するための自己分析をする際には、行動に注目することが大事です。

ですので、まずは、時系列形式で、これまでの学生時代に、どういった場面でどういった行動をとってきたかを書いていきます。

そして、それらの行動から、自らの長所や短所を導くようにすれば、感覚で何となく思いついた性格よりも、行動に基づいた自らの性格を導き出すことができます。

行動から振り返ると、多くの場合思った以上に短所が多くて驚く人も多いかもしれませんが、そこではじめて短所に気づくことができたということでもあるので、後々直していくこともできるはずです。

社会に出てからも、どういった行動ができるかということが重視されるので、行動に基づいた長所をアピールできれば評価がよくなります。

職種や業界への関心について自己分析する際には、これまでの経験で、

  • どういったことが楽しかったのか
  • どういったことは嫌いなのか
  • 就きたいと思っている職種
  • 絶対就きたくない職種

などについて考えてノートにまとめることになります。

そういった興味や関心から、適正のある職種を導き出していくことになります。

ただし、適正のある職種を自ら導き出すのは難しい場合も多いので、職業適性検査などと組み合わせて行うとよいでしょう。

自己分析ツールを利用する

自己分析ツールは、就職活動のセミナーや合同説明会などで受けられることがあるので、ハローワークで情報を得てみるとよいでしょう。

また、本などでも自己分析ができるものがあるので、近くの本屋に実際にいって探してみましょう。

どちらの場合でも、選択式で当てはまるものに、○をするような自己分析ツールよりは、文章としてまとめさせる形式の自己分析ツールを使う方がよいです。

前者の方が楽でよいのですが、向いている職種や長所を提示してもらっても、その場で納得するだけで終わってしまう場合が多いからです。

就職活動の履歴書作成や面接で利用する必要があるので、自分で考えながら文章にまとめておくほうが後々利用しやすいです。

親や友人に聞いてみる

親や身近な友人に自らの長所や短所、性格について聞いてみるのも有効です。

どういった性格と思うかを聞いてみるだけでなく、一度文章にして書いてもらうとより効果的です。

言葉だけだと何となくの印象しか述べてもらえない場合も、文章にするとなると、どういう理由でそう思うのかという深い部分まで教えてもらえる可能性が高いからです。

手間がかかるので、お願いするのが難しいかもしれませんが、協力してくれそうなら、ぜひ文章にまとめてもらいましょう。
  

まとめ

自己分析を軽視している人は多く、ツールを使って適正のある職種を知るだけで終わっている人がほとんどです。

しかし、自らの性格や行動、興味について深く知ることは、就職してからでも活きてくるので手間を惜しまず、ぜひここで紹介したことを実践してみてください。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る