ビジネスマナー挨拶の仕方

最終更新日:2017年10月10日

ビジネスマナー挨拶の仕方のアイキャッチ画像ここでは、ビジネスマナーの基本である挨拶の仕方を見て行きましょう。

挨拶はなぜ必要なのでしょうか?

挨拶が社会人になってできない人が結構います。

大きな声で元気良く挨拶をする社員を横目に、目も合わさず小さな声で挨拶する人。

挙句の果てには、あまりこの人知らないしと挨拶をしない人。

また、仕事が忙しいという理由から挨拶をしない人もいます。

今、目の前にある仕事に打ち込む事はとても大事ですが、挨拶ができる位に余裕を持っておくことも大事です。

挨拶ぐらいで何が変わると思うかもしれませんが、挨拶次第で上司や先輩との関係や取引企業との関係が大きく変化することもあります。

しかし、普段しっかり挨拶ができていない人は、とっさには決して上手にできません。

日頃から元気に挨拶している人は、取引先に行ってもいつもと変わらない気持ちの良い挨拶をするでしょうし、日頃モゾモゾ下を向いて挨拶していた人は、取引先でも元気の無い挨拶になってしまうでしょう。

挨拶ぐらいと思っている事が後々大きな差になると頭に入れて、挨拶の仕方を見ていきましょう。

挨拶のコツ

挨拶1つとっても目線の位置・お辞儀の角度などによって相手に与える印象が変わってきます。

お辞儀の仕方について一緒に再確認していきましょう。

目線

気持ちのこもった挨拶をするためには、まず相手と目を合わせる事が重要になってきます。

目を合わせる時も無表情ではなく、自ら進んで笑顔で明るく元気よく、口角をあげ表情には特に気をつけましょう。

姿勢

次に、大事なのは姿勢です。

この頃、若い人に多いのが猫背です。

健康にも良くないので、これを機会に猫背を治し正しい姿勢で立つ練習を日々してみましょう。

☆point

頭の上を糸で吊るされている感覚で立ってみたり、壁にもたれて、頭・お尻・くるぶしが、一直線上に壁につくか日々練習し感覚を掴んでみましょう。

手の位置

姿勢が良くなってきたところで、次は手の位置について確認しましょう。

手は指先まで意識する事が重要です。

手を置く位置として一般的に使われているのは2通りのやり方です。

  • 1つめは、指を揃えズボンの横の縫い目に中指を合わせ真っ直ぐ下に伸ばすやり方。
  • 2つめは、左手を上に前で重ねるやり方です。

1つめのやり方は男性が多く、2つめのやり方は女性が多い傾向があります。

足の位置

足も踵をつけ男性45度、女性30度の角度でつま先を開くのが一般的といわれています。

1度、自然に開いた自分のつま先の角度を測って覚えておくと感覚がつかみやすいでしょう。

挨拶の角度

基本的な立ち姿を確認した所で、次は角度等の確認をしていきましょう。

角度まで考えないといけないのかと驚く方もいますが、挨拶に必要な角度はたった3種類だけですので、これをマスターしておけば色々な所で応用することができます。

まず、先程確認した立ち姿で、立ち姿勢を保ったまま「腰から」曲げて挨拶をして下さい。

☆point

おしりを後ろに引く感じで行うと良いでしょう。

この時、首だけが曲がって鳩のようにならないように注意しましょう。

視線はつま先の延長線上60センチあたりに自然と落とすのがコツです。

息を吐きながらゆっくり頭を下げ、その場面にあった角度の一番深い位置で1秒間ほど姿勢を固定し、先ほどと一緒でゆっくり姿勢を元に戻し、相手の目に視線をあわせましょう。

この時も口角をあげ、無表情にならないように注意して下さい。

社会人になってよく使われるお辞儀の角度は、

  • 社内ですれ違った時などに気軽に挨拶する時は15度
  • 取引先へ訪問し挨拶を交わす時・お客様をお見送りする時など社会人になって1番使用する事が多いのは30度
  • お客様へのクーレームのお詫びや契約が成立した時の感謝の気持ちを1番伝えられる角度は45度

です。

この3つのお辞儀の角度を、場面場面できちんと使い分けられる事も、社会人として重要になってきます。

まとめ

挨拶はビジネスマナーの基本の「き」といえる重要なものです。

練習の場だけでなく、実践時にも細かい部分に気をつけて挨拶することによって、自然なものとして徐々に身についてきます。

はじめのうちは苦労するかもしれませんが、挨拶は一日に何度もするものですので1ヶ月もすれば慣れてくるはずです。

大学中退者
人気求人情報サイトランキング

大学中退者に人気の求人情報サイトを、ランキング形式で紹介しています。

第1位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大学中退者の利用者が多い人気求人情報サイトです。

様々な職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。
第2位
JAICセカンドカレッジ
JAICセカンドカレッジは、大学中退者向けの、研修付きの人材紹介サービスです。

大学中退者のために組まれた特別研修プログラムを受講して、中退というコンプレックスを乗り越えて正社員就職を実現できます。
第3位
リクルートスタッフィング
はじめて派遣社員を目指す人がたくさん利用している、人材派遣求人サイトです。

正社員になれる紹介予定派遣の求人も充実しています。

大学中退者が使っている全ての求人情報サイトを見たい方は、以下からチェックしてみてください。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る