メールの返信が早いと就職活動での評価が上がる?

最終更新日:2018年5月22日

メールの返信が早いと就職活動での評価が上がる?のアイキャッチ画像就職活動では、求人についての問い合わせや面接の結果をもらった返信にメールを使うことがよくあります。

メールのやりとりでは、返信が早いほうがよいということを聞いたことがあるかもしれませんが、就職活動の評価にもつながるのでしょうか?

優秀な人材はメールの返信が早い!?

仕事をしていると、優秀な人は〜の特徴を持っているという話をよく聞きます。

この特徴の一つとして上げられるものに、メールの返信の早さがあります。

メールの返信が早いと、お客様のイメージがよくなることが多いので販売などの成約につながりやすく、営業成績が高くなります

また、社員間のメール交換でも、返信が早いと問題解決に早くたどり着くことができるので、社員の間でも評判がよくなるのです。

仕事が忙しかったり、メールをたくさんもらう仕事をしていると返信を早くするのが難しいことも多いですが、一般的にメールの返信が早い人には優秀な人が多いと考えられていると思ってよいです。

採用担当者も、そういった社員をこれまでに多数見ているので、メールの早さを評価する可能性があります。

就職活動でも志望度の高さが伝わったり、印象がよくなる可能性がある!

就職活動を行っている人は、忙しくてメールの返信をする時間がないということはないはずですから、返信は早くすべきです。

返信が早ければ、担当者の人に志望度の高さを伝えることができたり、誠実さや真面目さが伝わり、印象がよくなる可能性があります

早くても、評価を得られない場合もあるかもしれませんが、遅い場合は印象が悪くなるのは間違いないと思っておきましょう。

就職活動でメールをする場合は、メールを受け取った日、遅くても翌日には返信をするようにしたいです。

参考

ビジネスマナーに則ったメールの送り方については、

就職活動でのメールのマナー就職活動でのメールのマナー

で解説しているので、こちらも参考にしてみてください。

まとめ

某大企業では、説明会に1分でも遅れて参加した人は採用しないという方針を持っています。

志望度の高い人は遅刻などするはずはないと考えているからです。

メールの返信においても、2、3日も経ってから返信しているようでは、志望度が低い人と見なされて、その時点で採用はなしにされるという緊張感は持っておきたいです。

留守番電話への返答も早めに

今回はメールについて解説しましたが、不在中に電話を貰った場合なども、折り返しの電話を早めにするようにしましょう。

大学中退者
人気求人情報サイトランキング

大学中退者に人気の求人情報サイトを、ランキング形式で紹介します。

第1位
JAICセカンドカレッジ
JAICセカンドカレッジは、大学中退者向けの、研修付きの人材紹介サービスです。

大学中退者のために組まれた特別研修プログラムを受講して、中退というコンプレックスを乗り越えて正社員就職を実現できます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大学中退者の利用者が多い人気求人情報サイトです。

様々な職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。
第3位
リクルートスタッフィング
はじめて派遣社員を目指す人がたくさん利用している、人材派遣求人サイトです。

正社員になれる紹介予定派遣の求人も充実しています。

大学中退者が使っている全ての求人情報サイトを見たい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る