ハンバーガーメニューの画像

就職活動での電話のマナー

最終更新日:2017年12月15日

就職活動での電話のマナーのアイキャッチ画像就職活動で電話をかけるタイミングは、「内定報告を受け取る」場合だけではなく、「労働条件などについて質問をする」場合や、「面接日の電話予約をする」場合などがあります。

面接を受ける前に電話をする場合は、電話での会話が採用担当者との初めての接触となります

電話の対応次第では、面接を受ける前に印象を悪くしてしまい、面接結果にも影響を与えることがあるので、電話マナーには注意が必要です。

ここでは、就職活動で電話をする際のマナーについて、実際の会話例を示しながら解説していきます。

電話をかける前の準備

友人に電話をかける際などには、気をつかうことはありませんが、企業に電話をする際には、電話をかけるための準備を前もってしておく必要があります。

電話をかける際に必要な物や環境について、見ていきましょう。

聞いた事を記録に残せるように、メモ帳を用意

電話で質問や面接の予約をすると、担当者から回答をもらうことになるので、それらを忘れずメモできるように、メモ帳を用意しておきましょう。

頭で覚えて忘れてしまい、再度電話で確認すると「不注意な人」という印象を与えてしまうので、教えてもらった情報は全てメモに残すように心がけましょう。

また、質問をすることがいくつもあるようなら、前もってメモ帳に質問項目を列挙しておくと、忘れずに全て質問できるので事前に準備しておくとよいでしょう。

資料や名刺など必要な物を用意

電話で質問をする際に、「企業パンフレット」など資料が必要なら、それらも事前にそろえておき、スムーズに質問できるようにしておきましょう。

必要な場合には、「担当者の名刺」や、「送った履歴書のコピー」なども用意しておくとよいでしょう。

企業の担当者は、電話対応だけをしているわけではないので、電話をかける時間をできるだけ短くできるように、必要な物を準備しておくことが大事です。

電話をかける環境

電話をかける際には、周りの環境や時間帯にも注意が必要です。

繁華街や車の運転中に電話をしていては、騒音で相手の声が聞き取りづらくなってしまい、何度も確認が必要になることがあるので避けるようにしましょう。

机のある静かな場所で電話をする

就職活動中に、こちらから電話をする場合は、自宅からかけることが多いと思いますが、その際にも静かな部屋で、メモしやすいように机がある場所で電話をするとよいです。

外出中に電話をする場合でも、できるだけ静かな環境を選ぶようにしましょう。

もし、企業側から電話があって、騒音が多い場所であったなら、「場所を変えてから再度電話をかけさせて頂きます」と伝えて、折り返し電話をすると失礼にならないです。

仕事が忙しい時間帯を避けて電話をかける

メールなどで事前の予約をせずに電話をする場合は、午前なら10時から12時の間、午後なら14時から16時の間にするようにしましょう。

業務開始時間や終業時間の前後は、忙しいことが多いので、それらの時間は避けるようにしましょう。

もし、担当者が不在ということでしたら、再度時間を変えて電話をするか、折り返し電話してもらえるように、伝言をしておくとよいです。

電話のかけかた、電話のマナー

こちらから電話をかける際の、電話マナーを見ていきましょう。

電話をかける前に上記してきた必要な物をそろえ、再度質問事項の確認を行っておき、できるだけ短い時間で要件を伝えられるようにしておきましょう。

準備ができたら電話をかけましょう。

相手が電話に出たら、こちらから挨拶をして名前を名乗ります。

telephone-2.jpg

「おはようございます。お忙しいところ恐れ入ります。私〜と申します。」

次に、担当者や人事部への取り次ぎをお願いします。

telephone-2.jpg

「私は、現在就職活動を行っているのですが、いくつか質問したい事がありましたので、電話させていただきました。採用担当者の方とお話をさせて頂きたいのですが、お取り次ぎをお願いできますか」

担当者が不在の場合は、電話をかけなおさせて頂く旨を伝える。

telephone-2.jpg

「それでは、再度こちらからお電話させて頂きます。ご都合のよい日時を教えて頂けますか」

担当者の人が出たら、相手側の都合を確認後、再度、名前を名乗り要件を伝えましょう。

telephone-2.jpg

「お忙しいところ申し訳ありません。今、お話をさせていただいてもよろしいでしょうか。」

聞きたかったことや面接の予約などを行い、それらをきっちりメモに取るのを忘れないようにしましょう。

要件が済んだら、お礼をいい、相手側が電話を切ったのを確認後、こちらも電話を切ります。

telephone-2.jpg

「お忙しいところ、ありがとうございました。では、失礼いたします。」

まとめ

就職活動期間には、それ程たくさん電話をかける機会はないので、電話のマナーに慣れることはないかもしれません。

しかし、しっかりマナーに則った会話をしようと心がけているだけで、相手の印象もよくなります。

ぎこちなさはあっても、相手の立場や状況に配慮することが最も重要です。

大学中退者に人気の就職サイトランキング

大学中退者が使っている就職サイトを、ランキング形式で紹介しています。
※ランキング調査期間:2020年1月31日~2021年1月31日

大学中退者に人気の就職サイトランキング

第1位
ジェイック(JAIC)
ジェイック(JAIC)は、大学中退者向けの、研修付きの就職支援サイトです。

大学中退者のために組まれた特別研修プログラムを受講して、中退というコンプレックスを乗り越えて正社員就職を実現できます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大学中退者の利用者が多い人気求人サイトです。

様々な職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。
第1位
ハタラクティブ
ハタラクティブは、フリーターや大学中退者向けの就職支援サイトです。

まだ新しい就職支援サイトですが、求職者と年齢が近いキャリアアドバイザーが親身になって相談に応じてくれ、未経験から応募できる求人を紹介してくれます。

大学中退者におすすめの就職サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

大学中退者におすすめの就職サイト9選のアイキャッチ画像大学中退者におすすめの就職サイト9選

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーの記事

この記事の上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

大学中退者に人気の求人サイト

専門家に聞く

就職支援サイトを取材しました

大学中退者に人気の就職支援サイトを取材しました。気になる疑問やサービス内容、利用方法などについて詳しく聞いています。利用者の口コミや評判も紹介しているので、参考にしてください。

株式会社ジェイック大阪支店の矢野誠一郎さん株式会社ジェイック大阪支店の矢野誠一郎さん ジェイック大阪支店の支店長をしている矢野さんに取材しました。ジェイックのサービス内容について詳しく聞いてきたので、参考にしてください。
大学中退者の就職支援を行うジェイックを取材しました。評判や口コミも紹介

就職支援を行うハタラクティブを取材しました。評判や口コミも紹介。大学中退者の就職支援を行うハタラクティブを取材しました。評判や口コミも紹介。 ハタラクティブの関東エリア責任者でキャリアアドバイザーの吉田さんに取材しました。就職支援の内容や、ハタラクティブならではの特徴はどこにあるのか聞いてきました。
大学中退者の就職支援を行うハタラクティブを取材しました。評判や口コミも紹介

就職支援を行う就職Shopを取材しました。評判や口コミも紹介。大学中退者の就職支援を行う就職Shopを取材しました。評判や口コミも紹介。 就職Shop推進部、関西グループマネージャーの白濱さんに取材しました。就職Shopならではの就職支援に対するこだわりや、不利な経歴を持つ人が就職できるのか聞いてきました。
大学中退者の就職支援を行う就職Shopを取材しました。評判や口コミも紹介

株式会社UZUZ大阪オフィスの吉内冬実さん株式会社UZUZ大阪オフィスの吉内冬実さん UZUZでキャリアアドバイザーをしている吉内さんに取材をしました。ご自身の就職活動で苦労した経験を元にしたアドバイスや就職支援サービス内容について詳しく聞きました。
大学中退者の就職支援を行うUZUZ(ウズウズ)を取材しました。評判や口コミも紹介

上へ
戻る