ハンバーガーメニューの画像

大学中退後は、専門学校への進学も考えてみよう!

最終更新日:2019年8月1日

大学中退後は、専門学校や別の大学への進学も考えてみよう!の画像

大学に入学したものの「授業内容に満足できない」という理由で中退を考えていたり、すでに中退して「これからどうしようか?」と悩んでいる人は、専門学校への進学も選択肢の一つです。

専門学校は、公立・私立合わせて全国に3,000校以上あります。

専門学校は、その名前の通り「専門的な知識や技術を学ぶ学校」なので、企業から即戦力として期待されていて、また大学では取得できない資格を取得することもできます

学校や学科によっては、国から受講料の補助を受けることもできますし、さまざまな奨学金の利用もできます

「憧れていた職業がある」「専門的な技術を身につけたい」という具体的な目標があるなら、専門学校への進学も考えてみましょう。

ここでは、実際に専門学校に取材に行って得られた情報も掲載しているので、ぜひチェックしてみてください。

専門学校とは?

専門学校ってなに?のアイキャッチ画像

専門学校と大学の違い

専門学校と大学の大きな違いは、「学ぶ目的」にあります。

大学が、学問を広く深く学び、研究することを目的としているのに対して、専門学校は、職業や実際の生活に必要な技術と知識を得ることを目的としています。

専門学校を卒業した人が、社会や企業で即戦力として期待される理由はここにあります。

専門学校の入学資格と卒業後に得られる称号

専門学校に入学できるのは、高校か、高等専修学校(3年制)を卒業した人です。

高校などに在籍していなくても、高等学校卒業程度認定試験(高認)合格者も専門学校を受験できます。

専門学校は、専門的で高度な知識や技術の修得を目的とした学校で、学ぶ内容に応じて1年制から4年制まであります。

卒業後は「専門士」や「高度専門士」といった称号をもらえる学科もあり(それぞれ条件があります)、また大学や大学院に編入学できる場合もあります。

「専門士」「高度専門士」

「専門士」「高度専門士」は、どちらも国が認める称号です。

専門士 高度専門士
修業年数 2年以上 4年以上
総授業時数 1700時間(62単位)以上 3400時間(124単位)以上
編入学の資格 大学への編入学可 大学院への進学可

出典:文部科学省「専門士・高度専門士の称号とは

専門学校では既卒者がたくさん学んでいる

専門学校に通う人の中でもっとも多いのは、高校を卒業後すぐに入学をした人達です。

しかし、実は専門学校に入学する生徒のうち、およそ4分の1は既卒者、つまり高校卒業後すぐに入学したのではない人たちです。

つまり、年齢も経歴もさまざまな学生たちが同じ目標に向かって勉強しているのです。

専門学校入学者数における既卒者の割合のグラフ。出典:文部科学省「文部科学統計要覧(平成30年版)12.専修学校」

既卒者の中には、大学を中退して新しい目標に向かって頑張っている人たちも含まれています

ですので、「大学中退後に専門学校入学してもなじめないのでは?」などと心配する必要はないでしょう。

大学中退後に専門学校に進学して就職できる?

大学中退後に専門学校に進む場合、就職できるか心配する人が多いですが、就職については、それほど心配する必要はありません。

専門学校には、即戦力のスキルを持つ学生を採用したい、さまざまな企業から多くの求人が届き、専門学校に通う学生は、そのような企業から採用されるからです。

企業は即戦力を求めて専門学校の学生を採用するので、専門学校に通う9割以上の人は専門学校で学んだ分野に関連する企業に就職しています。※文部科学省「学校基本調査」より(平成27年度間)

たとえ大学中退の経歴があったとしても、その後専門学校をしっかり卒業すれば、大学中退のマイナスイメージをカバーできるので、採用面接でも不利になりません

ただし、就職活動では年齢が重要ですので、専門学校に入学するなら大学中退後早めに入学をして、20代半ばくらいまでに卒業できれば、より就職できる可能性を高められるでしょう

専門学校に向いている人の特徴

専門学校は、「あの職業に就きたい」や「こんな仕事がしたい」という具体的な目標がある人に向いている学校です。

また、資格と技術を活かした即戦力として活躍したいという人にもおすすめできます。

専門学校の中には、中退した大学で取得した単位を活かすことができる学校もあります。

ですので、大学で単位をしっかり取得していた人は専門学校で余裕をもって学ぶことができる可能性があります。

「大学中退者が専門学校に進学すること」について、専門学校に取材して聞いてきました

専門学校に取材に行き、「大学中退者が専門学校に進学すること」についてや、「専門学校の魅力」について聞いてきたので、ぜひチェックしてみてください。

大阪航空専門学校のアイキャッチ画像大阪航空専門学校に取材してきました

また、大学中退後に専門学校を選んだ人に、「大学中退後から専門学校を選ぶまでの経緯」や「専門学校に入学してからの生活」などについてインタビューした内容を、以下の記事に掲載しているので、こちらも参考にしてみてください。

大学中退者を応援している専門学校の紹介

「日本医歯薬専門学校」

日本医歯薬専門学校では、大学在籍中(2年以上在籍が条件)に取得した単位を活かして、1年で学び、視能訓練士(国家資格)を取得することが可能です。

視能訓練士は、視機能の検査や矯正、視機能が低下したロービジョンの支援などを行う、視機能のスペシャリストです。

社会環境の変化などにより需要が高まっており、女性が長く活躍することができる仕事でもあります。

日本医歯薬専門学校では、卒業後のライフスタイルの変化などにも対応できるよう手厚いサポートを行っています。

日本医歯薬専門学校のアイキャッチ画像日本医歯薬専門学校(視能訓練士学科1年制)

受験の前に考えること

受験の前に考えることのアイキャッチ画像

専門学校に進学する目的を明確にする

専門学校は特定の分野について専門的な知識や技術を身につける学校です。

  • 「好きなことを仕事にして活躍したい。」
  • 「得意なことを仕事にして活躍したい。」
  • 「スペシャリストの証となる資格を取得して活躍したい。」

そうした具体的な希望を実現するために学ぶのが専門学校ですから、将来の目標を明確にして進学する学校を選びましょう。

専門学校を選ぶ3つのポイント

まず、興味がある分野の専門学校の情報を集めましょう

それぞれの学校が開設しているホームページや、配布されているパンフレットなどはしっかりと読むことをおすすめします。

可能でしたら、学校ごとに開催される説明会やオープンキャンパスに参加してみてください。

学校選びの際に、確認するべき大切なポイントは主に3つです。

授業内容を確認する
専門性の高い知識と技術を学ぶために、専門学校では専攻が細かく分かれています。

授業内容、講師、実習などのほか、取得できる資格の有無や資格試験への受験資格などについて確認しましょう。
費用を確認する
それぞれの学校で学費などを公開しています。

授業料や実習費、設備費、教材費などは毎年支払うことになるので、必ず確認しておきましょう。

学費とあわせて各種奨学金や補助金制度のチェックも大切です。
サポート体制を確認する
多くの専門学校では、資格取得や就職のためのサポート体制が充実しています。

就職活動に向けての講習会や説明会の様子などをホームページなどで公開している学校も多いので、ぜひ見ておきましょう。

また、学生寮や学生マンションなどを紹介してくれる学校もあります。

実家を出て通学する場合は、生活面でのサポートがあると心強いので、ぜひチェックしておきましょう。

大学中退後の経験を入試に活かそう

専門学校の入試では、大学中退後の経験を活かすことができます。

専門学校には、面接試験だけの「AO入試」で受験できる専門学校もあるので、大学中退後にどんな夢を持ち、入学を希望しているのかをしっかり伝えてみましょう。

大学中退をして専門学校に進む人には強い目的意識を持っている人が多いので、そのような目的意識を伝えることができれば、面接での評価が高くなります

また、一般入試の場合、筆記試験を課す専門学校は多いですが、社会人入試では、筆記試験を課さずに面接だけの試験を課す専門学校も多いです。

社会人入試とはいっても、アルバイト期間を就労と認めて、社会人入試を受けられる学校もあります

もし大学中退後に、フリーターやアルバイトの経験があれば、社会人入試枠を狙うのもよいかもしれません。

卒業証明書など各種証明書は、早めの発行手続きを

専門学校に入学できるのは、高校や高等専修学校(3年制)を卒業したもの、または高等学校卒業程度認定試験(高認)合格者と決まっています。

このため、専門学校を受験する場合に提出する出願書類として、最終学歴の卒業(または高認合格)証明書を提出しなければなりません。

大学は中退ですので、卒業した高校の「卒業証明書」や「成績証明書」、または高卒認定試験の「合格証」などが必要です。(「卒業証明書」は卒業式で授与された卒業証書ではありません!)

これらの証明書を発行してもらうためには、まず卒業した高校に問い合わせてください。

高卒認定試験の合格証は文部科学省から発行されます。

どちらの場合も、実際に証明書を受け取るまでに数週間かかることがありますので、早めに手続きをする必要があります。

また手数料がかかりますので、あらかじめ調べておくとよいでしょう。

専門学校で必要なお金

専門学校で必要なお金のアイキャッチ画像

専門学校の学費

専門学校の学費には、「入学金」「授業料」のほかに、実習費や用具購入費がかかりますが、学校や分野、また昼間部か夜間部か、によって学費は大きく異なります。

目安の学費(※1)は、昼間部に入学した場合、入学金は18万円前後授業料は70万円前後で、そのほかに諸経費がかかり、合計すると1年目で100万円前後から100数十万円ほどかかる専門学校が多いです。

2年目以降は、入学金は必要なくなるので1年目よりも学費が安くなります。

※1 平成30年度 学生・生徒納付金調査(公益社団法人 東京都専修学校各種学校協会)より

大学中退後に専門学校に通う場合の奨学金

大学中退後に専門学校に通う場合も、高額の学費がかかるので、奨学金を借りたいと考えている人は多いのではないでしょうか。

専門学校の学生の4割は、日本学生支援機構の奨学金を借りているという実態もあります。(2014年時点)

大学中退をする前に奨学金を借りていた人は、そのまま奨学金を引き継ぐことはできないので、大学に通う間に借りていた奨学金を辞退してから、再度専門学校で奨学金を申し込む必要があります。

ただし、専門学校卒業後は、大学で借りていた奨学金と専門学校で借りた奨学金の両方を返済する必要があるので、借りる前に返済額について調べておくようにしましょう。

大学で借りていた奨学金を止める方法や、専門学校を卒業するまで奨学金の返済を猶予する「在学猶予」について、以下の記事で解説しているので、こちらも参考にしてください。

大学中退後の、奨学金の手続き大学中退後の、奨学金の手続き

教育訓練給付制度について

「教育訓練給付制度」とは、厚生労働省が指定した講座を受講する学生の受講料を、国が補助する制度です。

一定年数、雇用保険に加入していたことが条件で、受講料の20%~70%が補助されます。

大学中退後に、一度社会に出たけれど、もう一度学び直したいという人は検討してみましょう。

雇用保険に加入していた人は必見!

「教育訓練給付制度」についての詳細は「厚生労働省HP:教育訓練給付制度」で確認しよう

専門学校に通う間のアルバイト

「学費を自分で稼ぎたい」や「生活費を自分で賄いたい」という人にとって、アルバイトは欠かせません。

専門学校では高度な知識と技術を身につけるための課題や実習が多いので、大学以上に忙しいです。

学業を優先させることができるように、アルバイトは慎重に考える必要があります

専門学校によっては専攻分野に関係するアルバイト先を紹介する制度があります。

例えば、調理師を目指す学校で飲食店を紹介したり、介護福祉士を目指す学校で介護施設を紹介してくれることがあります。

逆に、アルバイトを禁止している学校もあるので、学校を選ぶ時に必ず確認しましょう。

専門学校の卒業後

最終学歴「専門学校卒」の初任給

大学を中退して就職活動をする場合、最終学歴は「高校卒」ですが、専門学校を卒業すると「専門学校卒」になります。

平成29年の「学歴別初任給」(男女計)を参考にすると、専門学校卒業の場合、高専・短大卒と同程度の初任給になることが多いです。

平成29年の学歴別初任給(男女計)

学歴 初任給
大学院修士課程修了 233,400円
大学卒 206,100円
高専・短大卒 179,200円
高校卒 162,100円

出典:厚生労働省「平成29年度賃金構造基本統計調査結果(初任給)の概況:1 学歴別にみた初任給(厚生労働省)

「高校卒」に比べて「高専・短大卒≒専門学校卒」の方が、初任給が高くなる傾向にあることが分かります。

ただし、専門学校を卒業した人に求められるのは専門的な技術力であることが多いので、給与の個人差が大きいといわれているので、必ず上の表のようになるとは思わないようにしましょう。

専門学校は就職活動へのサポートが魅力

専門学校の多くは、就職活動を強力にサポートしています。

その背景には、専門的な知識と技術を身につけた学生たちの「即戦力」に期待する企業からの求人が多いことも挙げられます。

ですから学校としても、入学直後から就職セミナーなどを行って、卒業後の進路をしっかり選択することができるようにサポートしています。

実際の就職活動では、学校に寄せられるたくさんの求人票から企業を選ぶことが多いです。

即戦力を育てる「職業実践専門課程」

職業実践専門課程は、平成26年度から実践的な職業教育に取り組む学科を文部科学省が認定する制度です。

職業実践専門課程の一番の特徴は、専門学校と企業がタッグを組んでいることです。

より実践的な学習が可能になるよう、カリキュラムを作るときに企業がアドバイスをしたり、実際に企業の施設を使って実習を行ったりするので、ハイレベルな「即戦力」を身につくと期待されています。

専門学校の職業実践専門課程に通う場合、一定の基準を満たすと、国からの給付金を受けられる制度もあるのでチェックしてみてください。

職業実践専門課程(文部科学省のパンフレット)

編入学して大学に戻るという選択肢もある

2年~4年の専門学校を卒業して「専門士」または「高度専門士」の称号を得ると、大学や大学院への編入学が認められる制度があります。

編入学で認定される単位や条件などは大学によって異なりますが、もし専門学校卒業後に大学に戻りたいと希望しているなら、認定される単位などについて、前もって調べておくことをおすすめします。

まとめ

昔から「手に職をつける」という言い方がありますが、専門学校で学ぶことはまさに「手に職をつける」ことです。

専門学校を通して、好きなことや得意なことをとことん究めて、豊かな人生への道を切り拓いていきましょう。

大学中退後の専門学校以外の進路

大学中退後には、専門学校以外に通信制の大学を検討するのもよいかもしれません。

以下の記事で通信制大学について紹介しているので、参考にしてみてください。

大学を仕方なく中退したなら、通信大学や放送大学も考えよう大学を仕方なく中退したなら、通信大学や放送大学も考えよう

大学中退後の進路にはどのようなものがあるのか、全て見たい方は、以下の記事で紹介しているのでチェックしてみてください。

choices.jpg大学中退その後の人生とは?大学中退後に選べる進路

大学中退者に人気の求人サイトランキング

大学中退者に人気の求人サイト(就職支援サービスを含む)を、ランキング形式で紹介しています。

※ランキング調査期間:2019年1月31日~2020年1月31日

ジェイックアイキャッチ画像人気第1位は、大学中退者向けの、研修付きの就職支援サービスのJAIC(ジェイック)です。

大学中退者のために組まれた特別研修プログラムを受講して、中退というコンプレックスを乗り越えて正社員就職を実現できます。

>>JAIC(ジェイック)公式サイトへ

リクナビNEXTアイキャッチ画像人気第2位は、大学中退者の利用者が多い人気求人サイトのリクナビNEXTです。

さまざまな職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。

>>リクナビNEXT公式サイトへ

ハタラクティブのアイキャッチ画像人気第3位は、フリーターや大学中退者向けの就職支援サービスのハタラクティブです。

まだ新しい就職支援サービスですが、求職者と年齢が近いキャリアアドバイザーが親身になって相談に応じてくれ、未経験から応募できる求人を紹介してくれます。

>>ハタラクティブ公式サイトへ

大学中退者が使っている全ての求人サイトを見たい方は、以下からチェックしてみてください。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る