未経験者は、行動に移しているだけでも評価が上がる

未経験者は、行動に移しているだけでも評価が上がるのアイキャッチ画像仕事未経験、職種未経験の人は職務経歴がないので、「やる気があります」「頑張ります」と精神論でアピールしがちですが、相手には伝わりにくいものです。

面接や履歴書で効果的にアピールするにはどうすればよいでしょうか?

言葉よりも行動が評価される

上記した、「やる気があります」「頑張ります」という言葉が評価されにくいのは、こういった言葉はその場しのぎで、誰でも言う事ができるからです。

本当にやる気があって、頑張るつもりでいても、その他のやる気がなくて、頑張るつもりがない人でも、同じことを言えてしまうために、面接官は評価しづらいのです。

そういった場合に、その言葉の裏付けとなる行動をしていると、その他大勢のやる気のない人と差別化することができるのでアピール力が上がり評価が高くなります

裏付けに使えることには、

  • 資格の取得をした
  • 資格の勉強をしている
  • スクールに通っている
  • 独学で勉強している
  • 関連したアルバイトをしている

などです。

こういった行動を過去に行っているだけで、目標に向かってすでに行動を起こしていることから、志望度ややる気の高さ、就職後の就業姿勢に期待ができると考えることができます。

志望職種で応用できる、経験や資格を持っているとアピール力が上がる

先ほども書いたように、未経験者が言葉でアピールしても伝わりにくいものです。

しかし、過去に経験したり身につけた資格が、志望している仕事や職種に応用できるものであった場合も、採用担当者の納得感が大きくなり評価が上がります

例えば、パソコンに関連したスキルを身につけておけば、事務職やIT関連職種に応用ができます。

また、接客販売関連のアルバイト経験があれば、営業職や受付業務、その他様々な職種にも応用することができます。

大学中退者の場合、高校や大学在籍中になんらかの技術や知識を身につけていたり、経験したことが仕事でも応用できるような場合もアピールに使えるでしょう。

こういった経験をしたり、資格を身につけていて、「志望している職種や仕事でも活かすことができると思います」というようなアピールができれば、過去の経験や技術を活かしたいという志望理由を伝えることができます。

まとめ

ここまで説明してきた、志望職種に向けた行動と、過去の経験が応用できるということの両方がアピールできれば、未経験者としては高い評価が得られるはずです。

職種によっては、まったくの未経験者でも採用される可能性はありますが、こういったアピールをすることで評価を上げることができるので、過去の経験や資格、勉強したことの棚卸しをしてみて下さい。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上に
戻る