大学中退後の就職活動に必要な費用

大学中退後の就職活動に必要な費用のアイキャッチ画像大学中退後に就職活動をはじめるには、どれくらいの費用が必要なのでしょうか。

一般的には15万円から20万円ほどが就職活動で必要だといわれています。

ここでは、就職活動に必要なものの紹介と、それぞれに必要な費用について説明していきます。

就職活動で必要なもの

はじめに就職活動で費用がかかるものについて見ていこうと思います。

以下列挙していきます。

  • スーツ
  • 靴下
  • Yシャツ
  • ネクタイ
  • ベルト
  • ハンカチ
  • インナーシャツ
  • 腕時計
  • 証明写真
  • 履歴書
  • 封筒
  • 宿泊代
  • 交通費

などが必要になります。

この内、服や鞄などは就職活動をはじめる段階で購入すれば、後はほとんどお金がかからなくなります。

一方、宿泊代や交通費は就職活動が長引けば長引くほど費用がかさんでくるので、就職活動に必要なものの中で、最もお金がかかる場合が多いです。

証明写真は、写真屋で撮るのが一般的なので、少し高いですが、枚数が多くなっても2万円以下で済むはずです。

就職活動に必要な物の費用や節約方法

スーツや鞄、時計について

服や鞄などはAOKIや青山などでまとめて購入すると、非常に安く購入することができます。

男性女性どちらであっても、全てセットで30,000円程で揃ってしまうこともあります。

ただし、スーツや鞄は就職活動後にも使うものですので、ある程度の金額を出して購入しておくのもよいでしょう。

鞄は少しメーカーにこだわって買っておくと、就職活動や仕事をするのにモチベーションが上がることもあります。

また、腕時計については最近ではスマートフォンや携帯電話ですましてしまう人もいるようですが、就職活動時はつけておきましょう。

筆記試験や面接時にスマートフォンを取り出すことはできませんので、必須と考えておきましょう。

腕時計もピンキリで、シルバーの時計であれば特に目だたず、量販店などで1,000円や2,000円で購入することもできます。

しかし、腕時計についても仕事中に使うのであれば少しよいものを買っておくと、長く使用することができます。

宿泊費や交通費について

交通費は、地方から都心部に出て就職活動をするのか、都心部の近くに住んでいて都心部で就職活動をするのかで金額は大きく変わります。

都心部の近くに住んでいて交通費を1日1,500円位とすれば、1ヶ月20日活動するのに3万円。それを3ヶ月と考えても9万円ほどです。

一方、地方から都心部に来て就職活動を行う人は、飛行機や新幹線を使ってしまうと片道だけでも1万円を超えることになります。

そういったことから、節約のために多くの人が使っているのが高速バスです。

高速バスは深夜に走って朝に目的地に到着します。

時間はかかるのですが、金額は新幹線などの3分の1以下になることもあります。

大阪・東京間で格安のものであれば、3,500円から。

名古屋・東京間では、2,500円からあります。

時間はかかるので疲れるのですが、早朝に到着して就職活動をして、そのまま高速バスで帰れば宿泊費もかかりません。

お金に余裕がないというのであれば、選択肢の一つにするとよいでしょう。

まとめ

就職活動に必要な資金は、最低限として考えても高額になるということは知っておきましょう。

中退後にすぐ就職活動をするのでなければ、3ヶ月でもアルバイトをすれば30万円くらいは稼げるはずですから、その内20万円を貯めておけば就職活動資金として使うことができるでしょう。

ただし、不足する分に関しては親に協力をお願いする必要も出てくるかもしれないので、その点は協力してもらえるように前もって話しておくとよいでしょう。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上に
戻る