ハンバーガーメニューの画像

大学中退をした人も健康保険について知っておこう!

最終更新日:2018年4月6日

大学中退をした人も健康保険について知っておこう!のアイキャッチ画像

健康保険は、幼少期から、学生時代、そして、これからますます重要な役割を果たしてくれるのですが、その制度について詳しく知っている人は少ないです。

皆さんの多くは、親の被扶養者(※1)になっていて健康保険の費用も払っていないので、健康保険について知る機会は少なかったはずです。

しかし、健康保険には、いくつか種類があり、受けられる保険制度が違ってくるので、重要な部分については知っておくとよいでしょう。

※1被扶養者 : 健康保険に入っている人の収入によって、生計を維持している人のこと

健康保険はどういう役割をしているのか?

日本では、国民皆保険制度が導入されているので、誰もが何らかの健康保険に加入する必要があります。

公的な健康保険には、自営業者や非正規雇用者向けの「国保」と呼ばれる国民健康保険と、正社員が主に加入している「健保」と呼ばれる健康保険の2つに大別できます。(健保は、中小企業向けと大企業向けに分かれますが、ここでは区別しません)

どちらの健康保険でも加入者は、医療費が3割の支払いで済み入院や手術で高額の医療費がかかった場合には、「高額療養費」として健康保険が大部分を肩代わりしてくれます。

しかし、国保は健保ほどには手厚い保障があるわけではないので、比べてみると健保よりも劣ると感じる部分があります。

健保には疾病手当や出産手当などが付いているのですが、国保にはついてきません。

個人の費用負担は、健保では企業が2分の1や3分の2まで払ってくれる場合があり非常に安くなるのですが、国保は全額負担の上、保険費用もかなり高くなっています

これだけを見ると、誰もが健保に加入したいと考えると思いますが、将来の働き方によっては国保に加入する可能性もあります。

国民健康保険に加入する人とは?

上記したように、国民健康保険に加入する人は、自営業者や非正規雇用者、無職の人などになります。

これらの人全てが国保に加入しているわけではなく、親が健保に入っていて被扶養者になっている人は、親の健康保険が保証することになっています。

しかし、大学中退をして親の被扶養者となっている人でも、130万円を超える収入をアルバイトで得ていれば、扶養家族から外れることになるので、国民健康保険に加入する必要があります。

また、派遣社員や契約社員として働き始めても、130万円以上の収入を得て、正規社員の勤務日数や勤務時間の4分の3より少ない程度で働く場合は、国民健康保険に加入する必要があります。

ただし、正規社員の4分の3以上の日数や時間を働いている場合は、正規社員と同じ労働をしていると見なされて、健保への加入が義務づけられています。

下手に親の被扶養者から外れて、国保に加入しなければならない場合、親の所得から引かれる扶養者控除が減って税金が増えたり、親の給料に上乗せされていた家族手当が減ったりして、家族全体としては損をする場合もあります。

ですので、専業主婦の人がパートなどをする場合には、130万円以下に収入を抑えて、扶養家族から抜けないようにしているケースが多いです。

正社員になって健保に加入するのが理想的

当サイトを訪れている皆さんの多くが正社員を目指して就職活動をしていると思います。

正社員になれば、国保ではなく、健保に加入するので、企業が健康保険料を管理して、2分の1を企業が支払ってくれますし、様々な手当も充実しています。

また、結婚したり、子供ができれば、その人たちは被扶養者になるので、保険料を支払う必要はありません

一方、国保では、家族の人数分の保険料を支払わなければならないので、かなり費用負担は大きくなります。

ここまで見てくると、健保に加入することの価値が分かったのではないでしょうか。

健保の価値を知らずに正社員として働いて、保険料が天引きされることに不満を持つ人もいますが、充実した保険であることを知れば不満に感じることも少なくなるはずです。

以下の記事で、厚生年金に加入することを目標に正社員になろうと記しましたが、健保に入ることを目標に正社員になるのもよいのではないでしょうか。

大学中退したら国民年金保険料を忘れずに支払おう!大学中退したら国民年金保険料を忘れずに支払おう!

大学中退者に人気の就職サイトランキング

大学中退者が使っている就職サイトを、ランキング形式で紹介しています。
※ランキング調査期間:2020年1月31日~2021年1月31日

大学中退者に人気の就職サイトランキング

第1位
ジェイック(JAIC)
ジェイック(JAIC)は、大学中退者向けの、研修付きの就職支援サイトです。

大学中退者のために組まれた特別研修プログラムを受講して、中退というコンプレックスを乗り越えて正社員就職を実現できます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大学中退者の利用者が多い人気求人サイトです。

様々な職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。
第1位
ハタラクティブ
ハタラクティブは、フリーターや大学中退者向けの就職支援サイトです。

まだ新しい就職支援サイトですが、求職者と年齢が近いキャリアアドバイザーが親身になって相談に応じてくれ、未経験から応募できる求人を紹介してくれます。

大学中退者におすすめの就職サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

大学中退者におすすめの就職サイト9選のアイキャッチ画像大学中退者におすすめの就職サイト9選

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーの記事

この記事の上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

大学中退者に人気の求人サイト

専門家に聞く

就職支援サイトを取材しました

人気の就職支援サイトを取材しました。気になる疑問やサービス内容、利用方法などについて詳しく聞いています。利用者の口コミや評判も紹介しているので、参考にしてください。

株式会社ジェイック大阪支店の矢野誠一郎さん株式会社ジェイック大阪支店の矢野誠一郎さん ジェイック大阪支店の支店長をしている矢野さんに取材しました。ジェイックのサービス内容について詳しく聞いてきたので、参考にしてください。
就職支援を行うジェイックを取材しました。評判や口コミも紹介

就職支援を行うハタラクティブを取材しました。評判や口コミも紹介。就職支援を行うハタラクティブを取材しました。評判や口コミも紹介。 ハタラクティブの関東エリア責任者でキャリアアドバイザーの吉田さんに取材しました。就職支援の内容や、ハタラクティブならではの特徴はどこにあるのか聞いてきました。
就職支援を行うハタラクティブを取材しました。評判や口コミも紹介

株式会社UZUZ大阪オフィスの吉内冬実さん株式会社UZUZ大阪オフィスの吉内冬実さん UZUZでキャリアアドバイザーをしている吉内さんに取材をしました。ご自身の就職活動で苦労した経験を元にしたアドバイスや就職支援サービス内容について詳しく聞きました。
就職支援を行うUZUZ(ウズウズ)を取材しました。評判や口コミも紹介

上へ
戻る