大学中退者も知っておこう!文系と理系の就職活動の違い

大学中退者も知っておこう!文系と理系の就職活動の違いのアイキャッチ画像大学時代に専攻していた学部や学科によって文系や理系と分類されることが多いのですが、文系と理系の違いは就職活動にどのような影響を与えるのでしょうか。

また、それらの大学を中退した人はどのように就職活動を行うべきなのでしょうか。

理系大学に通っていた人は、大学の専門と同じ業界へ就職する場合が多い

理系大学に通っていた人は、その学部や学科に興味があって選んだ人が多いので、そのまま関連職種に就職するケースが多いです。

業界としては、電気電子、コンピュータ、情報通信、化学、医薬品などに就職しています。

職種としては、研究、開発などが多い傾向にあります。

理系学部を専攻していた人の場合、文系職種の多くにも就職が可能ですので、文系大学を卒業した人よりも幅広い業種や職種に応募することができます。

最近では、理系職種に外国人を採用したり、開発を海外にアウトソーシングするケースも多いことから、卒業学部によっては理系大学を卒業しても就職が難しく、文系職種に就職する人が増えるという傾向もあります。

理系卒の人に求められる資質には、技術力や知識などが上げられる事が多いのですが、それ以上にコミュニケーション能力が必要とされている事は知っておく必要があるでしょう。

研究や開発に没頭する大学生活を過ごした方もいるかもしれませんが、仕事になれば他部署の人や、取引先との交渉などを行わないといけない場面は多々あるので、コミュニケーション能力は必須です。

大学中退者の場合は、卒業を必須としている求人には応募できないので、もし理系の大学中退者が応募できる求人が少ないという事でしたら、文系職種に変更するのが賢明かもしれません。

どうしても、理系職種がよい場合には、研修が充実している企業を目指したり、専門学校を卒業することを考える必要があるでしょう。

文系大学に通っていた人は、業界は幅広く、職種は限定される

文系大学に通っていた人の場合、就職する業界は幅広く選ぶことができます。

文系の人が就くことが多い営業職や事務職はどの業界にも存在するからです。

しかし、専門知識はないので理系の仕事に就くことが難しいので、職種は限られてきます。

文系の人が就職する業界には、銀行証券、保険、商社、流通、マスコミなどがあります。

文系の人が就く職種には、営業、販売接客、事務、総務、人事などがあります。

文系の人が就く職種では、対人スキルが求められる場合が多いので、理系の人以上にコミュニケーション能力が必要といえるでしょう。

また、技術職に比べると勉強することが少なく見える営業や販売職ですが、扱う商品が変わる毎に商品についての知識を身につける必要はあるので、働き出してからも勉強をする必要があるという事は知っておくべきでしょう。

文系の大学中退者の場合は、そのまま文系職種に就職していくケースが多いようです。

理系職種に比べ、就職する前に専門知識が必要なことが少ないので、理系職種よりは就職がしやすい傾向にあるようです。

ただし、事務などを目指す場合は、人気職種で即戦力が求められることが多いので、簿記2級程度の知識は身につけておくとよいでしょう。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上に
戻る