子供が大学中退しそうになったら親ができること

子供が大学中退しそうになったら親ができることのアイキャッチ画像大学中退をする人は毎年たくさんいるのですが、自分の子供が大学中退を考えている場合には、焦ってしまうことと思います。

そこで、大学中退を考えている子供がいる場合に、親ができる事を考えていこうと思います。

大学中退をしたいと考えている事に早く気づいてあげる

子供が大学中退をしたいと考えている場合、子供から親に、何らかの話しを持ちかけることが多いです。

それは、直接辞めたいといった事ではなく、大学が少し嫌だということかもしれませんが、なるべく早く気づいてあげることで、大学中退をする可能性をかなり下げる事ができます。

なんらかの理由があって中退を考えていても、初期の頃は本人も頑張って通おうと考えている場合が多いので、そこで手助けをしてあげられるかが重要になってきます。

気づくのが遅れてしまうと、

  • 大学を休みがちになる
  • テストに参加しない
  • ゼミの申し込みをしない

といったように、大学に通うのに不利な状況になってしまう可能性があります。

こういった状態が続いてしまうと、

  • 友人との人間関係が悪くなってしまう
  • 他の人たちに遅れをとってしまったと考えてしまう
  • ゼミに参加するには来年まで待つ必要が出てくる

といった事態に最悪なってしまいます。

ここまで悪条件が揃ってしまうと復帰はかなり難しくなるので、それまでになんとか子供の兆候を察知してあげる必要があります。

大学中退理由をしっかり聞き出す

大学中退をしたいと思っていることが分かっても、かならずしも明確な理由を述べている事は少ないかもしれません。

大学中退理由にはどのようなものがあるの?」でも紹介したように大学中退理由には、大学とのミスマッチや人間関係、経済的理由などが多いです。

経済的な理由などであった場合は、どうしようもない可能性はありますが、大学とのミスマッチや人間関係に悩んでいる場合は、親と相談することでもう一度大学に通おうと考え直すこともあるはずです。

また、ミスマッチや人間関係などが理由で本人に落ち度がある場合、親に中退理由を説明すると怒られると考えて、はっきりとした中退理由を教えてくれない可能性もあります。

問題がどこにあるのかしっかり把握しないことには、対策もする事ができないので、ぜひきっちり中退をしたい理由を聞き出すようにしてください。

中退したい理由が分かった上で、これからどうしていくのかを考えていくので、非常に重要なことです。

大学中退を完全否定せずに、どういった選択肢があるのか考えてみる

大学中退をしたいというと頭ごなしに否定してしまう親御さんも多いのですが、 頭ごなしに否定してしまうと「この人たちに相談しても無駄だ」と子供が黙ってしまい、それ以降話さないまま、結果的に中退してしまうという事もあるので絶対に避けてください。

何らかの問題が発生して中退を考えているのですから、親の立場としては問題を解決するためのサポートをする、という立場を取るのが最もよいでしょう。

大学中退をしたい理由がちょっとした事であった場合などは、親と相談する事で再度やる気を出して通いはじめる人も多いので、快く相談に乗ってあげてください。

また、大学中退をなんとしても避けたいという親の気持ちも分かりますが、それもはじめから否定してしまうのではなく、「大学中退をするとどういう事になるのか?」そして、「中退後にはどういった進路があるのか?」という事を考えてみるようにしたいです。

大学中退をしてしまうと、親御さんが描いていた「大学を卒業させて、それなりに立派な企業に就職させる」という夢が潰れてしまうかもしれませんが、決してそれで全てが終わってしまうわけではありません。

中退をしても専門学校に通って大学時代よりも、自分のやりたかったことにマッチした授業を受けている人もたくさんいます。

また、就職活動をはじめても不利な部分はありますが、民間企業にしろ公務員にしろ、しっかり働いている人もたくさんいます。

ですので、サポート役に回り、「大学中退をするとどういう事になるのか?」「中退後にはどういった進路があるのか?」という事を一緒に考えてみるようにしてください。

関連記事

20歳を超えれば大人ですので、自分で決めさせるという事も重要です

ここまで中退を考えている子供に親が関われる部分について見てきましたが、子供が20歳を超えているなら、もう大人ですので、自分で将来のことを考えさせて決めさせる事も大事です。

どれだけ親がサポート役に回ったとしても、親の思うように子供が進まない可能性はありますので、その際には、後は自分で責任を負うという覚悟を持たせることも親の役割と言えます。

仕事をはじめるまでは中々自立させるのは難しいと思いますが、もし大学中退をすれば他の学校に通う以外は働く事になるはずです。

そうなれば、もう後は自分でお金を稼いで生活していくのですから、中退を決めた時点で、それが自立を意味するのだと子供に理解させるようにしたいです。

もし、中退後に就職をして、やっぱり学校に通っておけば良かったと思ったなら、もう一度再入学するという方法もあるという事を同時に伝えておくとよいかもしれません。

当サイトの情報もぜひ活用してください

当サイトは大学中退後に就職をする人を主な対象としていますが、それ以外の選択肢もたくさん紹介していますし、就職活動をする際に、大学中退者が陥りがちな問題点を解決する方法も紹介していますのでぜひ活用してください。

記事を作成するに当たってはかなり時間を割いていますので、個人で調べる場合に比べても情報を探すのに効率的であると思います。

もし、この文章をはじめに親御さんが見られたのだとしたら、子供が中退を考えている最中か、中退をした後にでも当サイトを紹介してあげてください。

そうすれば、中退後のマイナス情報ばかりが溢れているインターネットの罠にはまらずに、スムーズに次の進路を選択できるのではないかと思います。

何度も言いますが、親はあくまでサポート役であり、最後は子供に決断させるようにする事が重要です。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上に
戻る