最近よく見かける就職活動指南塾は役だつの?

最近よく見かける就職活動指南塾は役だつの?のアイキャッチ画像就職活動には、様々な対策が必要といわれるようになってから、就職活動の指南をする就職活動塾を運営する企業が増えてきました。

こういった塾を利用しなくても就職活動はできますが、利用するメリットはあるのでしょうか?

ビジネスマナーや第一印象をよくする方法を身につけるのに役立つ

就職活動において重要な要素はたくさんありますが、その中でも第一印象が重要なのは間違いないです。

どれだけ学歴や保有資格がすごくても、第一印象や基本的なマナーができていないと就職活動ではかなりの減点になってしまうことが多いです。

就職活動塾などでは、こういったマナーや印象をよくする方法を練習させることが多いので、就職活動に必要な基礎を築くために利用できるでしょう。

こういったことは就職活動期間に自らで身につけることも可能ですが、それまでに何度か面接に参加して練習をする必要があるので、就職活動塾などで講師に教えてもらいながら身につけることができるのは、メリットといえます。

また、履歴書の作成や面接に関しての細かな対策もしてもらえるので、加点にはならないまでも、減点対象を減らすことができるので、変な所で原点をもらい不採用になってしまう事態を避けることができるでしょう。

学歴や取得資格、これまでに経験したことなどは変えることはできませんが、印象やマナー、減点になりやすいポイントを知っておくことで、採用される可能性を高めることができるはずです。

ガチガチに固めてしまわず個性を出すことも重要

就職活動塾では、こうすればいい、ああすればいいとアドバイスをしすぎることはないと思いますが、参加した本人が指導されたことにこだわり過ぎることがないようにしたいです。

基礎的な印象をよくする方法やマナーなどには気をつけるとよいですが、面接時などではそれだけでなく、あくまでどういう人なのかを面接官は知りたがっています。

ですので、型にはまった回答をしていると、マニュアル通りの受け答えしかできない人だと認識され、減点対象とされかねません。

面接官もロボットと話したいわけではなく、人間と会話したいと考えており、愛嬌があるとか、情熱がある、優しい、生真面目といった人間性が感じられる方が話しやすく、印象もよくなることが多いです。

ですので、就職活動塾で身につけたことを意識しながらも、面接会場の雰囲気や面接官の性格なども考慮しながら、柔軟に対応できるようにしておきたいです。

まとめ

こういった活動をしている企業が増えているということは、やはり役立つ部分もあるということなのだと思います。

ただし、何も考えずに塾のいうことを信じていれば結果が出るなどとは考ないようにしたいです。

自分の頭で考えながら、よい部分を取り入れて、就職活動に活かしていくという姿勢が必要です。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上に
戻る