大学中退をして後悔する人とは

大学中退をして後悔する人とはのアイキャッチ画像大学中退者は、中退したことを「後悔する人」と「後悔しない人」の二つに分かれるようです。

どういった人が後悔し、どういった人が後悔しないのでしょうか?

不本意な中退理由の人は後悔が大きい

不本意な中退理由には、「金銭面の問題」や、「人間関係」「単位不足」などがあります。

大学中退理由にはどのようなものがあるの?」で、大学中退理由を紹介していますが、不本意な理由で中退する人は中退者の中でも多いです。

金銭面や人間関係の問題で辞めた人は、大学に本当は通いたかったという思いがあるために、中退後に後悔をしてしまうようです。

単位不足の人も、あの時もう少し頑張っておけば良かったと後悔しがちです。

後悔は、読んで字のごとく「後になって悔やむ」ことです。

大学に通うことに未練があればあるだけ後悔は大きくなってしまいます

夢や目標を見つけて中退した人は、後悔が少ない

中退者の中には、少数ですが夢や目標を見つけて大学中退をする人もいます。

  • 大学の授業が思っていた内容とは違ったので、専門学校や別の大学に転校した人
  • 大学を辞めて就職をした人
  • 大学を辞めて起業した人

こういった人たちは、中退後もやるべきことが明確になっており、自ら進んで中退をしたことから後悔することが少ないです。

後悔はずっと続くわけではない

ここまで見てきた、後悔する人と、後悔しない人の両者は対照的な存在のようにも見えるのですが、時間が経ってみればそれ程大きな違いはなかったということが多いです。

中退後に後悔した人も、いずれ夢や目標を見つけて行動しなければならない時が来るので、それらの行動を経て中退した後悔というのは徐々に消えていくようです。

逆に夢や目標を持って後悔なく中退した人も、何かにつまずいた時には、中退しなければよかったと思う時もあるかもしれません。

中退した事実は後々まで残るのは間違いないですが、結局はその後にどういった考えを持つのか、行動をするのかが重要になってきます。

まとめ

大学中退を考えている人には、「大学中退後に後悔しそうなのですが、どうすればよいでしょうか?」という質問をする人が多いです。

自分の中では、もう確実に中退をすると思っていても、やはり不安があるのだと思います。

しかし、ほとんどの人が不本意な理由で中退をしているのですから、中退を留まること以外で後悔を避ける方法を考えるよりも、「後悔はするもの」「後悔していいのだ」と考えておくとよいでしょう。

後悔をした後に、どうしていくのか考えて行動に移していきましょう。

今回の記事に関連する内容で、より詳しく解説しているのが「大学中退すると人生は終わりなのか?」です。

大学中退をすると人生終わりと深刻に考えてしまう人もいるので、記事を作成したのですが、参考になる部分があると思いますので、こちらもぜひチェックしてみてください。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上に
戻る