就職後に直ぐ辞めない方法

就職しても3年以内に辞める人はたくさんいます。

七五三といわれるように、中卒で7割、高卒で5割、大卒で3割の人が就職後3年以内に退職しているというデーターがあります。

以下は大卒の離職率のデーターなのですが、1年目にもっとも離職する確率が高くなっています。

大卒の3年以内の離職率のグラフ

大学中退者が第二新卒になる前に知っておきたい事」でも取り上げたように、大学中退者が早期離職をしてしまうと、次の転職活動で不利になる可能性があります。

ですので、ここでは就職後に直ぐ辞めてしまわない方法について解説していこうと思います。

3年経ったら辞めようとはじめから決めておく

日本企業には、まだ終身雇用の名残が残っていることも多いので、就職活動をしている人にも一度就職したらそこに一生勤めなければならないと考えている人が多いです。

こういった考えで就職しても、就職先が良い企業であれば一生同じ企業で勤めることも可能かもしれません。

しかし、それ程魅力を感じない仕事内容だったり、待遇が悪いなどといった場合には、そこで一生勤めなければならないというプレッシャーが重みになってしまい、逆に早期離職をしてしまうというケースがあります。

こういったことを防ぐために、就職した時点で辞める日を決めてしまうというのが以外と効果的なのです。

大学中退者の場合、早期離職すると転職活動で不利になるので、とりあえず3年を目安に辞めるということを決めてしまうとよいでしょう。

辞めることを決めてしまえば、仕事内容にそれ程魅力を感じなくても、待遇が悪くても、いずれ去る企業なのですから問題はなくなります。

また、若い内は、多くの場合、魅力的な仕事もさせてもらえないでしょうし、待遇もよくないことが多いので、とりあえず3年続けることで、仕事内容や待遇がどういう風に変化するかを見ることができます

3年経ったときに、ある程度仕事がおもしろくなって、待遇がよくなるといったこともよくあるので、そういうことになったならそのままその企業に残ればよいのです。

逆に3年経っても、まったく仕事内容や待遇に変化がなく、今後も変わらないだろうという見込みがあるのなら、その時点で転職すればよいです。

今や転職をするのも普通の時代になっているので、3年間勤めて仕事経験があれば、転職もそれほど難しくありません。

少し後ろ向きな考え方に見えるかもしれませんが、こういう考え方をすることで逆に長く勤めることができると思います。

転職活動をはじめてしまう

転職活動は会社を辞めてから行うものと考えている人もいるかもしれませんが、辞める前に行うというのが最もよい方法なのです。

転職活動期間はどれくらい長引くのか分からないので、失業保険が出ている期間を過ぎてしまい生活に困るということもありえるからです。

そこで、辞める可能性はまだ低いのだとしても、仕事に嫌気がさしているのなら転職活動を一度はじめるというのもよい方法です。

転職活動では人材紹介会社を利用することができるので、登録をして、キャリアカウンセラーの人と話すことで、今の会社のよくないところについて相談できたり、他社の状況などの情報をもらうことができます

また、今現在の経歴で転職は可能なのか?求人はあるのか?ということについても聞くことができるでしょう。

こういった情報を得て、より良い企業に転職できそうだということであれば、その選択肢をとるのもよいでしょう。

逆に、今の企業とそれ程変わらないという場合や、求人がそれ程ない、ということであれば思いとどまることになるのでしょう。

変に一人で悩んで勢いで辞めてしまうくらいなら、先に動き出して、自分のおかれている状況を把握する方がよいと思います。

情報を得ることで、どこの企業もそれほど変わらないのだと分かれば、そのまま働き続けることもできるのではないでしょうか。

まとめ

就職後に直ぐ辞めない方法まとめのアイキャッチ画像若い間は、ついつい学生時代と社会人生活を比べてしまうので、今現在の状況をつらく感じてしまうのだと思います。

上記した方法は少し特殊な方法ですが、こういった方法を使って少しでも長く勤めることができる人が増えればと思います。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上に
戻る