退職理由を知って早期退職を防ごう!

退職理由を知って早期退職を防ごう!のアイキャッチ画像これから就職活動に取り組み、無事就職したとしても様々な理由で退職をする可能性があります。

そこで、今の段階から退職した人がどういった理由で退職しているのかを知っておいて、自らも同じ理由で退職してしまわないように対策をしましょう。

退職理由にはうわべの理由と本音がある

退職理由について調べてみると、退職理由で最も多い事に「自己啓発やキャリアアップのため」という理由があげられています。

自己啓発というのは、「自ら進んで技術や知識を身につけ成長させる事」という意味で、退職し転職をする事でステップアップをしたいという事を退職理由に上げる人が多いのです。

しかし、この退職理由には疑問がいくつか浮かんできます。

皆さんも考えてみて欲しいのですが、折角苦労して就職活動を行い内定を得て、自分を成長させる為という事で退職をする事が出来るでしょうか。

そして、退職している人のほとんどが自己啓発を退職理由にあげているのですが、それだけ多くの人が転職をして成長したいと思っているのでしょうか。

実はここには大きな秘密が隠されているのです。

本音の退職理由とは

退職理由というのは、転職活動時に面接官から必ず聞かれる質問でもあります。

面接において、退職理由としてネガティブな内容を話すると評価が低くなってしまうために、ほとんどの人がポジティブな内容に変えて説明をしています。

その最も多い理由が自己啓発なのです。

アンケートなどで退職理由を聞かれた際にも、多くの人が面接で話した内容と同じ自己啓発を答えているようなのです。

では、本音の退職理由上げられたアンケート結果はないのでしょうか?

リクナビNEXTが本音の退職理由について退職者100人にアンケートを行っているので、ここで紹介しようと思います。

順位 理由 比率
1位 上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった 23%
2位 労働時間・環境が不満だった 14%
3位 同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった 13%
4位 給与が低かった 12%
5位 仕事内容がおもしろくなかった 9%
6位 社長がワンマンだった 7%
7位 社風が合わなかった 6%
7位 会社の経営方針・経営状況が変化した 6%
7位 キャリアアップしたかった 6%
10位 昇進・評価が不満だった 4%

見て貰えれば分かりますが、見事なまでに前企業の不満から退職をしている人が多いのが分かります。

キャリアアップという理由もありますが、わずか7%に過ぎません。

では、これらの退職理由の内、今の段階から対策できることにはどういったことがあるでしょうか。

就職活動時から出来る退職予防策

本音の退職理由をよく見てみると、人間関係に関連したものが非常に多いことが分かります。

社会に出てみれば分かりますが、社内の人間関係というのは本当に重要で、そこが上手くいかないと仕事内容が良くても不満は非常に大きくなってしまうのです。

しかし、人間関係の部分についは、入社してみないと分からないという事も多いです。

前もって対策をするなら、OBやOGの人に話を聞くというのが効果的でしょう。

社員の一部の人だけが企業に不満を持っているのか、それとも経営や社風が良くなく全体的に不満を持っている人が多いのかはOBやOGの人との話で何となく感じ取ることが出来るはずです。

また、それ程就職活動に焦っていないということなら、試用期間を設けて貰ったり紹介予定派遣などを使って少しの期間働かせて貰うのも非常に効果的です。

紹介予定派遣を使って正社員になった人の定着率は高いようですので、一度検討してみると良いでしょう。

それ以外の理由には、労働時間、給与、昇進など待遇面での不満があげられています。

ほとんどの企業では、求人票に掲載されている通りの待遇を提供していますが、中には情報をごまかしている企業も存在します。

そういった企業を避けるには、就職四季報をチェックしたり、インターネットを活用したりして情報収集をすると良いでしょう。

まとめ

少し手間はかかりますが、OBやOGの訪問、仕事を体験してみることは企業の内情を知る上で非常によい方法です。

大学中退をしたので仕事では失敗したくないという人は多いと思うので、これらの方法をぜひ行ってみて下さい。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上に
戻る