大学中退後には運動習慣を身につけよう

大学中退後には運動習慣を身につけようのアイキャッチ画像大学中退をしてアルバイトをしている人でも、アルバイト以外の日は運動不足になっている人がほとんどだと思います。

仕事をはじめても運動不足で健康診断に引っかかる人もいるので、ぜひ今のうちに運動をする習慣を身につけておきましょう。

運動をしていれば、ストレスをコントロールできるようになります。

就職活動では、肉体的にも精神的にも疲れることが多いので、運動習慣が助けになってくれるはずです。

これまで運動習慣がまったくなかったらまずはウォーキングからはじめよう

運動習慣が全くない人が、いきなりランニングをはじめたりすると膝を痛めたり、疲労ばかりたまってしまって逆効果になる事があります。

ですので、まずはウォーキングからはじめることをおすすめします。

ウォーキングでもランニングでも距離を重視するよりは、時間を重視するとよいと言われています。

30分や1時間と時間を決めて、あまり、がんばりすぎずに歩くとよいです。

若い人でしたら、なれてくるとどんどんペースを上げたり、走ったりしたくなると思います。

その勢いでランニングに移行しても良いですが、特に記録や体力増強を目的としていないなら、そのままウォーキングを続けてよいのではないかと思います。

ランニングはウォーキングより、かなり負荷が大きいので、記録などを目指して無理をして走っていると仕事や就職活動よりもそっちが優先になってしまう場合もあります。

私の経験上でもランニングをしていたからといって、仕事がはかどったという事はなかったように思います。

ストレス発散を目的とするなら、軽い運動でも効果が高いのでウォーキングでも十分に効果がでるはずです。

まとめ

最近では、ランニングブームで走っている人や、ウォーキングをしている人も増えてきています。

川沿いや、山道、池の周りなどに休日や夕方などに行ってみると、驚くほど多くの人がランニングやウォーキングをしています。

以前までスポーツは、若い人が行うためにあると考えられていたのですが、今では生涯スポーツといわれて誰もが行うようになってきています。

ぜひ、皆さんも取り入れてみて下さい。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上に
戻る