大学中退をして留学する方法

大学中退をして留学するのアイキャッチ画像大学中退をして留学をすることを考える人もいます。

日本の大学に在籍しながら留学する交換留学とは違い、日本の大学は辞めてしまい、単位だけを引き継いで(全てを引き継げるわけではない)2年や4年制の海外大学に本格的に通う方法です。

海外の4年生大学を卒業していれば、就労VISAも発行されやすくなり、英語力も身についてくるので非常に魅力的な選択肢ではあるのですが、費用は日本の大学に通う場合とは比べものにならない位高額になります。

また、英語力に関しても日本にいる間に勉強しておかないと、外国に行ってからESLのような語学学校に通う必要があるので、その間の滞在費もかかってしまいます。

お金に余裕があるのであれば、よい選択だと思いますが、余裕がない場合には、お金をアルバイトなどで貯めたり、奨学金を得るために語学力を高めておくなど、事前の準備でかなり苦労する可能性があるということは知っておいたほうがよいでしょう。

海外留学での費用

留学をする国や大学によって費用はかなり変わってくるのですが、ここではアメリカの大学に留学する場合を例にあげます。

アメリカの大学に留学するには、学費として年間200万円ほど、寮費や食費が年間80万円から100万円かかるのが一般的です。

つまり、1年留学するためには300万円程が必要になり、4年なら1200万円もの費用がかかります。

ただし、2年生の大学(コミュニティーカレッジ)になると学費はかなり安くなり、年間70万円から80万円ほどです。

費用の面でお得な2年制の大学を卒業後、4年生の大学に編入するというコースを利用する人も非常に多いようです。

まだ大学中退をしていない人であれば、日本の大学を卒業してから大学院で留学するという方法を取ると費用面をかなり抑えることができます。

大学院の方が奨学金制度も充実していたり、授業料が安かったり、Research assitantship(RA)とTeaching assistantship(TA)をすることにより授業料の免除もあったりします。

海外留学をするにはTOEFLの点数が重要になる

海外留学をするにはTOEFLという英語のテストの点数が重要になってきます。

先ほども書いたように、海外留学前に英語力がなくても現地で語学を勉強するという方法もありますが、その分費用はかかるので日本である程度勉強をしておくのが賢明でしょう。

TOEFLの点数は0点から120点で評価されるのですが、一般的な大学で60点から、高度な大学になると80点や100点が必要とされています。

TOEFLは大学での勉強についていけるように設計されたテストですので、TOEICよりも語彙力が必要とされていたり、ライティングやスピーキングもテストされます。

TOEICよりもより実践的なテストということになるので、仕事をはじめてからも高得点を取っておけば評価は高くなります。

ただし、あくまでテストですので、実際に留学して勉強をはじめてみると、大学の授業で専門用語がたくさん出てくるので、そこでもまた勉強が必要になるのは覚悟しておく必要があります。

まとめ

大学中退をして留学するには、経済的な余裕がある人でないと、やはり難しい部分があるのかもしれません。

4年制の海外大学を出ていれば英語力はかなり上達するでしょうし、日本で就職する際にも英語力が高く評価される時代ですので、就職活動でも強みを発揮できる可能性はあります。

しかし、英語能力の向上や就職活動を有利にしたいというだけのことであれば、日本にいても、できることはたくさんあるので、中退後に無理をして留学を考える必要はないでしょう。

関連サイト

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上に
戻る