ハンバーガーメニューの画像

就職する企業は、どこを重視して選べば良いのか?

最終更新日:2017年12月13日

就職する企業は、どこを重視して選べば良いのか?のアイキャッチ画像採用選考に応募したり、就職する企業をどうやって選べばよいのでしょうか?

就職していった先輩達が、今働いている企業に就職する際に重視したこと、についてのアンケート結果を参考に考えていきましょう。

最も重視すべきは、仕事内容!?

ここに、新卒から就職した人が、就職した企業を選ぶ際に重視したこと、に関してのアンケート結果があるので見て下さい。

現在の会社に就職する際の重視条件で最も多いには、仕事内容。次に勤務地・通勤の便。その次に労働時間、休日、休暇。

企業を選ぶ際には、仕事内容を最も重視していた人が多いようです。

就職すれば、特定の職業や仕事に就いて長期間働くことになるので、自らの望んでいた仕事ができるということが重要になってくるのでしょう。

仕事が決まらない主な原因って何? 」の、失業している理由に関してのアンケート結果でも、「希望する種類・内容の仕事が無い」が最も多くなっています。

やはり、仕事内容に関して、こだわる人は多いようです。

しかし、このアンケートが行われたのが平成19年と景気が非常に悪い時期であったことも、仕事内容を重視する人が多かった原因である可能性があります。

就職を希望している人の傾向として、景気が悪い時には仕事内容を重視し、景気が良い時には、企業の規模や知名度を重視する傾向があります。

景気が悪いと条件のよい大企業に就職するのは難しいので、せめて仕事内容は自分の希望に合った職を探そうとします。

一方、景気が良いと、仕事内容が希望に合っているのは当然で、さらに、規模が大きい有名企業に就職したいとなるようです。

新卒者の場合、就職経験がないので、こういった傾向がはっきりと表れやすいです。

最近の景気回復傾向で、規模にこだわる人は増えてきているので、今アンケートを採ると数値は大きく変わる可能性があります。

勤務地や通勤の便が意外と重要

2位には、勤務地や通勤の便がランクインしています。

確かに重視すべきことではあるのですが、2番目に入るほど多数の人が重視しているとは少し驚きました。

しかし、「通勤時間は短い方が良い?長い方が良い? 」でとりあげたように、通勤時間が長い企業に勤めていると幸福度が下がるという統計結果もあります。

また、最近では、深夜勤務や早朝勤務など働き方が多様になってきていたり、残業が多い仕事が増えているので、それらの働き方に対応できることが求められてきています。

そういったことから、企業の近くに住んでいる人を優先的に採用するという傾向もあるようです。

通勤時間に、これくらいが良いという時間はないですが、2時間を超えると長期間勤務する場合つらくなる可能性が高いといえます。

それほど通勤時間を気にしていなかったという人もいるかもしれませんが、これからは意識した方がよいかもしれません。

あまり重要視されていないが、チェックしておくと良い事

アンケート結果では下位になっているのですが、無視できない事があります。

6.4%の人が重視していた、「転勤の有無や頻度」です。

転勤については、「転勤や出向を命じられたら従わないといけないの? 」でも説明したように、企業から命じられたら基本的に断ることができません。

ですので、転勤がある企業に勤めると、将来的に転勤を命じられて他県や海外に勤めるような可能性もあるので、そこは入社前に、しっかり確認しておく必要があります。

また、「女性を活用する職場かどうか」「仕事と家庭が両立できるか」といった点も重要です。

これは、女性に限った話ではなく、女性が働きやすい職場は男性も働きやすい場合が多いです。

育児休暇なども、制度としては女性だけでなく、男性も取得可能なのですが、まだまだ取得している男性は少ないのが現状です。

今や、家庭を犠牲にして働くという時代ではありません。

良い企業ほど、仕事と家庭のバランスが取れるように配慮し、仕組み作りを進めているので、こういった点も重視して求人を探せば、長く勤められる企業に就職できる可能性が高くなるはずです。

まとめ

就職していった先輩が、どういった点を重視して企業を選んだのかについて見てきました。

アンケート結果にある全てのことを重視しても、中々それらにあった企業を見つけるのは難しいと思います。

これだけは外せないという事を、いくつか選んで、求人を探す際の条件としてみてはいかがでしょうか。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る