大学中退をする人の割合はどれくらい?

最終更新日: 2018年7月26日

大学中退をする人の割合はどれくらい?のアイキャッチ画像

大学中退をする人の割合は、どれくらいになるのでしょうか?

ここでは、国が発表している大学中退者に関する統計データを参考に『大学中退をする人の割合』について解説します。

大学中退者数と大学中退率

大学中退者の人数は、文部科学省が平成26年に行った調査で、1年間に7万9,311人という結果が出ています。

全学生数が299万1,573人いるので、学生の2.65%が1年間に大学中退していることになります。

また、休学者は6万7,654人おり、学生の2.3%が休学をしていることになります。

大学中退率を計算する際には、1年間の中退者数ではなく、大学に通う4年間での中退者数から導くと実感に近い数値になります。

しかし、4年間通しての中退者数に関して、最近のデータがありません。

そこで、単純に1年間の中退率である2.65%を4倍することで、おおよその4年間の中退率を求めてみましょう。

  • 2.65×4=10.6

つまり、大学に通う4年間に10.6%(約1割)ほどの学生が大学中退をしていることが分かります。

同じタイミングで入学した学生の内、卒業式を迎えるころには1割の人が中退をしていることになります。

出典:文部科学省「学生の中途退学や休学等の状況について」平成26年9月25日

大学中退理由別の割合

大学中退をする人の中退理由別の割合は以下のようになっています。

2012年時点で、大学中退をした人に関して学校にアンケートを行った結果では、

中退理由中退者に占める割合
経済的理由20.4%
転学15.4%
学業不振14.5%
就職13.4%
病気・ケガ・死亡5.8%

出典:文部科学省「学生の中途退学や休学等の状況について」平成26年9月25日

2014年時点で、ハローワークを訪問した大学中退者にアンケートを行った結果では、

中退理由中退者に占める割合
学業不振・無関心42.9%
家庭・経済的理由19.3%
進路変更15.1%
病気・ケガ・休養10.9%
人間関係・大学生活不適応10.0%
特に何もない・その他1.8%

出典:独立行政法人労働政策研究・研修機構「大学等中退者の就労と意識に関する研究」平成27年5月27日

となっています。

中退理由としては、『経済的理由』『学業不振』『進路変更(転学など)』が多いようです。

大学中退理由は、どこでアンケートを行ったのか(学校・ハローワーク)、いつアンケートを行ったのか(経済環境の変化)などによって大きく変わる場合があります。

大学中退理由に関しては、以下の記事でさらに詳しく解説しているので、こちらもチェックしてみてください。

大学中退理由にはどのようなものがあるの?のアイキャッチ画像大学中退理由にはどのようなものがあるの?

大学偏差値別の大学中退率

大学中退率は大学によって様々なのですが、大学の偏差値と大学中退率は非常に強い相関関係を持っています。

偏差値別の大学中退率に関しても、調査が行われているので見てみましょう。

偏差値別の退学率(2008年入学から2012年卒業までの期間)

偏差値私立国公立合計
3917.2%なし17.2%
40-4416.9%なし16.9%
45-4911.6%6.7%11.5%
50-548.0%3.8%6.8%
55-596.0%3.6%5.0%
60-643.4%1.6%2.9%
65-693.2%2.4%3.0%
70以上3.0%1.5%2.2%
平均11.0%2.9%9.4%

出典:独立行政法人労働政策研究・研修機構「大学等中退者の就労と意識に関する研究 」2015年5月

偏差値の高い大学は中退率が低く、偏差値が低い大学は中退率が高いという結果が出ています。

特に偏差値50を超えているか、超えていないかで大学中退率は大きく変化します。

上でも示したように大学中退をする理由は様々なのですが、大学の偏差値も大きな要因の一つになっていると考えられます。

大学中退した学年別の割合

大学中退者は大学何年で中退をしている人が多いのでしょうか。

大学中退をした学年ごとの割合も公表されているので、ここで紹介します。

大学中退した時の学年(男性)

1年生2年生3年生4年生以上
12.3%28.4%26.4%32.9%

大学中退した時の学年(女性)

1年生2年生3年生4年生以上
27.5%37.1%17.9%17.5%

大学中退した時の学年(男女計)

1年生2年生3年生4年生以上
17.0%31.0%23.8%28.1%

出典:独立行政法人労働政策研究・研修機構「大学等中退者の就労と意識に関する研究 」2015年5月

男女で大学を中退する学年に大きな違いがみられます。

女性は1年や2年で中退する人が多く男性は1年で中退する人は最も少なく、2年以降で中退する人が多いです。

男女合計の結果は、アンケートを行った人に男性が多かったことから、男性の結果に近いものになっています。

まとめ

大学中退に関する様々な統計データを見てきました。

これらのデータが、大学中退後の就職活動に直接役立つことはないとは思いますが、気になっている人も多かったのではないでしょうか。

これからも、大学中退者に関する統計データが出てきましたら、内容を追加していきます。

関連記事

大学中退理由にはどのようなものがあるの?のアイキャッチ画像大学中退理由にはどのようなものがあるの?

大学中退者
人気求人情報サイトランキング

大学中退者に人気の求人情報サイトを、ランキング形式で紹介しています。

第1位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大学中退者の利用者が多い人気求人情報サイトです。

様々な職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。
第2位
JAICセカンドカレッジ
JAICセカンドカレッジは、大学中退者向けの、研修付きの人材紹介サービスです。

大学中退者のために組まれた特別研修プログラムを受講して、中退というコンプレックスを乗り越えて正社員就職を実現できます。
第3位
リクルートスタッフィング
はじめて派遣社員を目指す人がたくさん利用している、人材派遣求人サイトです。

正社員になれる紹介予定派遣の求人も充実しています。

大学中退者が使っている全ての求人情報サイトを見たい方は、以下からチェックしてみてください。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る