ハンバーガーメニューの画像

大学の中退率はどれくらい?

最終更新日:2022年7月1日

大学の中退率はどれくらい?のアイキャッチ画像

大学の中退率は、どれくらいなのでしょうか?

ここでは、国が発表している大学中退者に関する統計データや、「大学の実力2019」という大学中退率を公表している本を参考に「大学の中退率」について解説します。

大学中退者に人気の就職エージェント、ジェイック

大学中退者に人気の就職エージェント
ジェイック

ジェイックアイキャッチ画像

サービス内容 大学中退者向けの就職支援を行っており、大学中退者を採用したい企業の求人紹介や履歴書、面接対策をしてもらえます。
紹介求人 営業、広告・メディア、メーカー、商社、IT通信系、経理、事務等
対象地域 全国
特徴 就職支援実績は、23,000人以上。就職成功率は、81.1%(大学中退者に限ると90.7%)。入社後定着率は、91.3%。厚生労働省から有料職業事業者に認定されています。

>>ジェイック公式サイトへ

1. 大学中退率は1年間で1.95%。4年間で7%

文部科学省が、2021年4月から2022年3月に大学中退した人を対象として行った調査によると、1年間の大学中退者数は5万7,875人で、1年間の大学中退率は1.95%でした。(※1)

大学中退率は、1年間の大学中退率よりも、大学に通う4年(6年制の大学は6年)間での大学中退率のほうが実感に近い数値になります。

そこで、中央公論新社が発行している「大学の実力2019」を参考にして、4年(6年制の大学は6年)間の大学中退率を求めてみましょう。

「大学の実力2019」によると、2014年(6年制は2012年)4月に入学した学生53万8,148人の内、4年(6年制は6年)間に退学(除籍を含む)した学生数は3万7,584人です。

退学者数を入学者数で割って、大学中退率を求めると、

  • 37,584÷538,148≒0.07

つまり、大学に通う4年(6年制の大学は6年)間の大学中退率は7%です。

同じタイミングで入学した学生100人の中では、卒業式を迎えるころに7人が大学中退をしていることになります。

※1 出典:文部科学省「学生就業状況(中退者・休学者)等に関する調査(令和3年度末時点)」2022年3月

大学中退者におすすめの就職サイト

大学中退者が使って内定を得ている、おすすめの就職エージェントや求人サイトを以下の記事で紹介しているので、チェックしてみてください。

大学中退者におすすめの就職サイト10選のアイキャッチ画像大学中退者におすすめの就職サイト10選

2. 大学中退率の推移

大学に通う4年(6年制の大学は6年)間の大学中退率は、大学の実力2019の情報から導き出すと7%でした。

また、大学の実力2018年では7%大学の実力2017年では7.2%となっており、それ以前8年分の大学中退率を含めても7%前後で推移しています。

大学中退率は増加傾向にあると言われることがありますが、実際は、大きな変化はないようです。

3. コロナウイルス感染症が原因の大学中退率

2021年4月から2022年3月の間にコロナウイルス感染症が原因で大学を中退した人は、2,738人(全学生に占める中退者数の割合は0.09%)です。

2021年4月から2022年3月では、2,024人(全学生に占める中退者数の割合は0.07%)でしたので、約1.35倍増えています。

また、コロナウイルス感染症を原因とした人の、大学中退理由を見てみると、

  • 1位:学生生活不適応、修学意欲低下 26.2%(前年は23.5%)
  • 2位:経済的困窮 20.6%(前年は30.4%)
  • 3位:就職・起業等 11.4%
  • 4位:学力不足 8.9%
  • 5位:転学等 8.8%
  • 6位:心神耗弱・疾患 5.5%
  • 7位:病気・けが・死亡 1.7%
  • 8位:海外留学 0.7%
  • 9位:その他 17.9%
  • 10位:不明 1.1%

となっていて、学生生活不適応や修学意欲低下で中退する人がもっとも多いです。

前年は、経済的困窮が30.4%でもっとも多い理由でしたが、経済的困窮が理由で中退する人は減少した一方で、新型コロナ禍が長期化する中で学生の修学意欲が低下して中退する人が増えています。

出典:文部科学省「学生就業状況(中退者・休学者)等に関する調査(令和3年度末時点)」2022年3月

4. 大学中退率ランキング(全大学・国立・公立・私立別)

ここからは、大学の実力2019(2018年5月1日集計)に掲載されている692大学で、大学に通う4年(6年制の大学は6年)間の大学中退率ランキングを作成したので見ていきましょう。

4-1. 全大学の大学中退率が高いランキングTOP10

  • 1位. 日本映画大学 33.1%
  • 2位. 第一薬科大学 28.8%
  • 3位. 苫小牧駒沢大学 27.7%
  • 4位. 羽衣国際大学 27.2%
  • 5位. 愛知文教大学 27.1%
  • 6位. 修文大学 27.0%
  • 7位. 神戸国際大学 26.5%
  • 8位. 四條畷学園大学 25.8%
  • 9位. 大手前大学 25.4%
  • 10位. 東京神学大学 25.0%
  • 10位. 三洋小野田市立山口東京理科大学 25.0%

4-2. 国立の大学中退率が高いランキングTOP10

  • 1位. 長岡技術科学大学 8.4%
  • 2位. 室蘭工業大学 8.1%
  • 3位. 北見工業大学 7.9%
  • 4位. 九州工業大学 7.3%
  • 5位. 琉球大学 7.1%
  • 6位. 筑波技術大学 6.8%
  • 7位. 東京海洋大学 6.6%
  • 8位. 島根大学 5.1%
  • 9位. 秋田大学 5.1%
  • 10位. 茨城大学 5.0%

4-3. 公立の大学中退率が高いランキングTOP10

  • 1位. 三洋小野田市立山口東京理科大学 25.0%
  • 2位. 公立諏訪東京理科大学 23.7%
  • 3位. 岐阜薬科大学 12.0%
  • 4位. 前橋工科大学 8.8%
  • 5位. 長岡造形大学 8.5%
  • 6位. 石川県立大学 7.5%
  • 7位. 青森公立大学 7.3%
  • 8位. 公立鳥取環境大学 6.6%
  • 9位. 島根県立大学 6.6%
  • 10位. 釧路公立大学 6.4%

4-4. 私立の大学中退率が高いランキングTOP10

  • 1位. 日本映画大学 33.1%
  • 2位. 第一薬科大学 28.8%
  • 3位. 苫小牧駒沢大学 27.7%
  • 4位. 羽衣国際大学 27.2%
  • 5位. 愛知文教大学 27.1%
  • 6位. 修文大学 27.0%
  • 7位. 神戸国際大学 26.5%
  • 8位. 四條畷学園大学 25.8%
  • 9位. 大手前大学 25.4%
  • 10位. 東京神学大学 25.0%

国立・公立・私立の平均大学中退率を導き出すと以下のようになります。

  • 国立大学の平均大学中退率は、2.9%
  • 公立大学の平均大学中退率は、4.2%
  • 私立大学の平均大学中退率は、8.0%

大学中退率は、国立や公立大学が低く、私立大学が高いという傾向があります。

国公立大学は、試験科目数が多かったり、偏差値がある程度高いので大学への志望度が高い人が集まっていたり、学費が安いことから大学中退率が低くなる傾向にあります。

一方、私立大学は、試験科目数が少なかったりAO入試が多かったり、大学の数が多く偏差値が低い大学も多かったりと、目標を持って大学に入学する人以外でも入学しやすい環境があることや、学費が国公立に比べて高いために大学中退率が高くなる傾向にあります。

5. 大学偏差値別の大学中退率

大学中退率は、大学の偏差値と強い相関関係を持っています。

偏差値別の大学中退率に関しても、調査が行われているので見てみましょう。

偏差値別の中退率(2008年入学から2012年卒業までの期間)

偏差値私立国公立合計
3917.2%なし17.2%
40-4416.9%なし16.9%
45-4911.6%6.7%11.5%
50-548.0%3.8%6.8%
55-596.0%3.6%5.0%
60-643.4%1.6%2.9%
65-693.2%2.4%3.0%
70以上3.0%1.5%2.2%
平均11.0%2.9%9.4%

出典:独立行政法人労働政策研究・研修機構「大学等中退者の就労と意識に関する研究 」2015年5月

偏差値の高い大学は中退率が低く、偏差値が低い大学は中退率が高いという結果が出ています。

それでは、実際の大学の、偏差値別の大学中退率を見てみましょう。

大学名 学部 偏差値 大学中退率(%)
慶應義塾大学 経済学部 68 2.3
上智大学 経済学部 65 2.8
青山学院大学 経済学部 60 3.0
武蔵大学 経済学部 57 2.4
専修大学 経済学部 53 4.3
東京経済大学 経済学部 50 9.5
帝京大学 経済学部 49 12.1

出典:大学の実力2019(2018年5月1日集計)

偏差値50前後以上の大学に絞っても、偏差値が高いほうが大学中退率は低く、偏差値が低いほど大学中退率は高いです。

偏差値が50以下の大学になると、大学中退率が10%を超えてくる大学が増えてきて、大学や学部によっては20%を超えるケースもあります。

6. 主要大学の大学中退率

それでは、次に主要大学の大学中退率についても大学の実力2019を参考に見ていきましょう。

どの大学も人気があって入学希望者が多く、偏差値も高い大学ですので、大学中退率は低い傾向にあります。

6-1. 旧帝大の大学中退率

  • 北海道大学 1.5%
  • 東北大学 1.5%
  • 東京大学 0.5%
  • 名古屋大学 1.2%
  • 京都大学 1.2%
  • 大阪大学 2.1%
  • 九州大学 1.9%

6-2. 早慶上理ICUの大学中退率

  • 早稲田 2.8%
  • 慶応 2.6%
  • 上智大学 2.9%
  • 東京理科大学 6.2%
  • 国際基督教大学(ICU) 3.8%

6-3. GMARCHの大学中退率

  • 学習院大学 2.7%
  • 明治大学 3.3%
  • 青山学院大学 2.9%
  • 立教大学 1.8%
  • 中央大学 3.2%
  • 法政大学 3.2%

6-4. 関関同立の大学中退率

  • 関西大学 3.6%
  • 関西学院大学 3.6%
  • 同志社大学 3.3%
  • 立命館大学 4.5%

6-5. 産近甲龍の大学中退率

  • 京都産業 8.0%
  • 近畿大学 6.8%
  • 甲南大学 4.2%
  • 龍谷大学 5.3%

7. 大学中退理由別の割合

ここまで大学中退率について見てきましたが、大学中退をする人はどのような理由で中退をしているのでしょうか?

大学中退をした人の「中退理由別」の割合は以下のようになっています。

2021年度の大学中退者の中退理由について、学校にアンケートを行った結果。

2021年度の大学中退理由。文部科学省調べ。転学等:16.3%、学生生活不適応、修学意欲低下:15.7%、就職・起業等:14.3%、経済的困窮:13.5%、学力不振:7.7%、心神耗弱・疾患:5.0%、病気・怪我・死亡:3.3%、海外留学:0.6%、その他:19.5%、不明:4.1%出典:文部科学省「学生就業状況(中退者・休学者)等に関する調査(令和3年度末時点)」2022年3月

  • 1位:転学など           16.3%
  • 2位:学生生活不適応、修学意欲低下 15.7%
  • 3位:就職・起業等         14.3%
  • 4位:経済的困窮          13.5%
  • 5位:学力不振           7.7%
  • 6位:心神耗弱・疾患        5.0%
  • 7位:病気・怪我・死亡       3.3%
  • 8位:海外留学           0.6%
  • 9位:その他            19.5%
  • 10位:不明            4.1%

2014年の8月~11月にハローワークを訪問した大学中退者に、アンケートを行った結果は以下のようになりました。

2014年8月~11月にハローワークに訪れた大学中退者に中退理由を聞いた調査結果。学業不振・無関心42.9%。家庭・経済的理由(妊娠出産含)19.3%。進路変更15.1%。病気・ケガ・休養10.9%。人間関係・大学生活不適応10.0%。特に何もない・その他1.8%。
出典:独立行政法人労働政策研究・研修機構「大学等中退者の就労と意識に関する研究」平成27年5月27日

  • 1位:学業不振・無関心     42.9%
  • 2位:家庭・経済的理由     19.3%
  • 3位:進路変更         15.1%
  • 4位:病気・ケガ・休養     10.9%
  • 5位:人間関係・大学生活不適応 10.0%
  • 特に何もない・不明       1.8%

出典:独立行政法人労働政策研究・研修機構「大学等中退者の就労と意識に関する研究」2015年年5月27日

大学中退理由としては、「進路変更(転学・就職など)」「学生生活不適応、修学意欲低下、学業不振」「経済的理由」などが多い傾向にあります。

大学中退理由別の割合は、どこでアンケートを行ったのか(学校・ハローワークなど)、いつアンケートを行ったのか(経済環境の変化など)によって大きく変わる場合があります。

大学中退理由については、以下の記事でさらに詳しく解説しているので、こちらもチェックしてみてください。

大学中退理由ランキングと理由別の面接回答例文17選の画像大学中退理由ランキングと理由別の面接回答例文17選

8. 大学中退した学年別の割合

大学中退者は、何年生で大学中退をしている人が多いのでしょうか。

大学中退をした学年ごとの割合も公表されているので、ここで紹介します。

大学中退した時の学年(男性)

1年生2年生3年生4年生以上
12.3%28.4%26.4%32.9%

大学中退した時の学年(女性)

1年生2年生3年生4年生以上
27.5%37.1%17.9%17.5%

大学中退した時の学年(男女計)

1年生2年生3年生4年生以上
17.0%31.0%23.8%28.1%

出典:独立行政法人労働政策研究・研修機構「大学等中退者の就労と意識に関する研究 」2015年5月

男女で大学中退をする学年に大きな違いがみられます。

女性は1年や2年で大学中退をする人が多く男性は1年で大学中退をする人は最も少なく、2年以降で大学中退をする人が多いです。

男女合計の結果は、アンケートを行った人に男性が多かったことから、男性の結果に近いものになっています。

9. 世界の大学中退率

世界の大学中退率、

上記グラフは、世界の大学中退率を表した図です。

OECD(経済協力開発機構)に加盟する30カ国を対象とした調査結果です。

OECD諸国の平均大学中退率は32%です。

それと比較すると、日本の大学中退率は10%(調査方法の違いから「大学の実力」の大学中退率より少し高くなっています)と、非常に低いことがわかります。

日本の大学は入学試験が難しく入るのは困難ですが、卒業するのは比較的容易ですので、大学中退率は低い傾向にあります。

一方、欧米の大学は、入学するのは簡単ですが、単位取得基準が非常に厳しく卒業するのが難しい傾向にあるので、大学中退率は高い傾向にあります。

出典:社会実状データ図録

9-1. アメリカの大学中退率が47%の理由

上のグラフを見るとアメリカの大学中退率は47%と、ほぼ半数の学生が退学をしていることになります。

アメリカの大学も、日本の大学とは違い、入学するのは比較的簡単ですが、卒業するのが難しい傾向にあります。

アメリカの大学には、日本でいう入試はなく、高校での成績や推薦などによって大学に入学することができます。

また、アメリカの大学進学率は、71%に及び、日本の51%よりもかなり高いです。

一方、アメリカの大学の授業では、さまざまな課題が課されるため、予習・復習にかなりの時間を費やす必要があり、授業についていけなくなる学生もたくさんいます。

また、アメリカの大学は授業料が日本よりもかなり高く、1年間で280万円~370万円必要になります。

日本では80万円~140万円程度ですから、倍以上の学費がアメリカの大学では必要になります。

非営利調査団体パブリック・アジェンダが行った、600人超のアメリカの学生を対象にした調査では、学力的な問題は大学中退理由の2番目の理由で、1番は経済的な理由であったそうです。

日本でも経済的な理由で中退する学生は増えていますが、アメリカではさらに高額の学費がかかるため、中退率も非常に高くなっているようです。

出典:大学進学率の国際比較

10. まとめ

大学中退に関する統計データを見てきました。

偏差値が大学中退率に大きな影響を与えているのは間違いない事実ですが、偏差値が低い大学だからということで必ずしも大学中退率が高いといえないケースも多々見られます

学生が、大学に対して志望度が高く、高額の学費に見合うと思うことができれば、大学中退率は低くなるはずです。

そのためにも、高校の進路指導のあり方、学生本人の興味・志向の把握方法、大学の仕組み、企業が大学に求めることを再度見直して、個々の大学が社会の中で大きな役割を担える存在になることが大事なのではないでしょうか。

これからも、大学中退者に関する統計データが出てきましたら、内容を追加していきます。

関連記事

大学中退理由ランキングと理由別の面接回答例文17選の画像大学中退理由ランキングと理由別の面接回答例文17選

choices.jpg大学中退その後の人生とは?大学中退後に選べる進路10選

大学中退者に人気の就職サイトランキング

大学中退者が使っている就職サイトを、ランキング形式で紹介しています。
※ランキング調査期間:2021年1月31日~2022年1月31日

大学中退者に人気の就職サイトランキング

第1位
ジェイック(JAIC)
ジェイック(JAIC)は、大学中退者向けの、研修付きの就職エージェントです。

大学中退者のために組まれた特別研修プログラムを受講して、中退というコンプレックスを乗り越えて正社員就職を実現できます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大学中退者の利用者が多い人気求人サイトです。

様々な職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。
第1位
ハタラクティブ
ハタラクティブは、フリーターや大学中退者向けの就職エージェントです。

まだ新しい就職エージェントですが、求職者と年齢が近いキャリアアドバイザーが親身になって相談に応じてくれ、未経験から応募できる求人を紹介してくれます。

大学中退者におすすめの就職サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

大学中退者におすすめの就職サイト10選のアイキャッチ画像大学中退者におすすめの就職サイト10選

弊社カジュアル相談を活用してください

弊社(株式会社ウェイズファクトリー)では、大学中退後の就職活動について、無料で気軽に相談できる窓口を設けております。

弊社のキャリアアドバイザーに、メールや電話で相談できます。

  • 「どの就職エージェントを利用すればよいかわからない」
  • 「どのように就職活動を行えばよいかわからない」
  • 「どのような職種が向いているのかわからない」

というような質問に、就職支援15年以上の経験を元にお答えします。

また、必要な方には、大学中退者が応募できる未経験歓迎の正社員求人を紹介することもできます。

ご相談したい方は、以下の記事の下にあるフォームよりお申し込みください。

大学中退者向カジュアル就職相談窓口のアイキャッチ画像大学中退者向カジュアル就職相談窓口

記事の監修者

岸 憲太郎

株式会社ウェイズファクトリー代表取締役。
15年以上の就職支援経験を通じて、多くの採用担当者や求職者と 情報交換をしてきました。
それらの経験を社会に還元していくために、情報発信を行っています。
詳しいプロフィールは、こちらをチェックしてみてください。
プロフィール

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーの記事

この記事の上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

大学中退者に人気の求人サイト

専門家に聞く

就職エージェントを取材しました

大学中退者に人気の就職エージェントを取材しました。気になる疑問やサービス内容、利用方法などについて詳しく聞いています。利用者の口コミや評判も紹介しているので、参考にしてください。

株式会社ジェイック大阪支店の矢野誠一郎さん株式会社ジェイック大阪支店の矢野誠一郎さん ジェイック大阪支店の支店長をしている矢野さんに取材しました。ジェイックのサービス内容について詳しく聞いてきたので、参考にしてください。
大学中退者の就職支援を行うジェイックを取材しました。評判や口コミも紹介

就職支援を行うハタラクティブを取材しました。評判や口コミも紹介。大学中退者の就職支援を行うハタラクティブを取材しました。評判や口コミも紹介。 ハタラクティブの関東エリア責任者でキャリアアドバイザーの吉田さんに取材しました。就職支援の内容や、ハタラクティブならではの特徴はどこにあるのか聞いてきました。
大学中退者の就職支援を行うハタラクティブを取材しました。評判や口コミも紹介

就職支援を行う就職Shopを取材しました。評判や口コミも紹介。大学中退者の就職支援を行う就職Shopを取材しました。評判や口コミも紹介。 就職Shop推進部、関西グループマネージャーの白濱さんに取材しました。就職Shopならではの就職支援に対するこだわりや、不利な経歴を持つ人が就職できるのか聞いてきました。
大学中退者の就職支援を行う就職Shopを取材しました。評判や口コミも紹介

株式会社UZUZ大阪オフィスの吉内冬実さん株式会社UZUZ大阪オフィスの吉内冬実さん UZUZでキャリアアドバイザーをしている吉内さんに取材をしました。ご自身の就職活動で苦労した経験を元にしたアドバイスや就職支援サービス内容について詳しく聞きました。
大学中退者の就職支援を行うUZUZ(ウズウズ)を取材しました。評判や口コミも紹介

上へ
戻る