ハンバーガーメニューの画像

大学中退について親に相談をした5人の方の体験談

大学中退について親に相談をした5人の方の体験談のアイキャッチ画像

「大学中退について親にどのように相談すればよいのか分からない」という方が多いので、この記事に、大学中退をする前に、大学中退について親に相談をした人の体験談を掲載しています。

大学中退者に人気の就職エージェント、ジェイック

大学中退者に人気の就職エージェント
ジェイック

ジェイックアイキャッチ画像

サービス内容 大学中退者向けの就職支援を行っており、大学中退者を採用したい企業の求人紹介や履歴書、面接対策をしてもらえます。
紹介求人 営業、広告・メディア、メーカー、商社、IT通信系、経理、事務等
対象地域 全国
特徴 就職支援実績は、23,000人以上。就職成功率は、81.1%(大学中退者に限ると90.7%)。入社後定着率は、91.3%。厚生労働省から有料職業事業者に認定されています。

>>ジェイック公式サイトへ

以下の5名の方に体験談を作成してもらいました。

  • yuziroさん
  • かつおぶしおにぎりさん
  • すずつきさん
  • abarayaさん
  • ゆうさん

質問項目は、以下の3つです。

  1. ハンドルネーム
  2. 大学中退したいことを親に相談された時の状況を詳しく教えてください
  3. 大学中退したいことを親に相談したいと考えている大学生にアドバイスをお願いします

さまざまなケースの体験談があるので、ぜひ参考にしてみてください。

ハンドルネーム
yuziro
大学中退したいことを親に相談された時の状況を詳しく教えてください
最近の話になります。1ヶ月前の話です。主な理由としてはコロナウイルスの影響でした。大学は親元を離れた場所でした。

今現在大学は対面授業はなく、全てがリモートでの授業になっています。授業と言っても多くはレポートの内容を個人で調べて提出するような授業が大半です。授業らしい授業はどこも行えていません。

私が大学に入る前はやりたいことや学びたいことがあるために前の大学を選んだのに、このままでは大学に来た意味がないとより感じるようになりました。終わりの見えない日々なので、余計感じるようになりました。

特に私の中退に追い討ちをかけたのが友達の中退です。もちろん最終的に決断するのは私自身でありますが、とりあえず今の大学現状と中退を考えていることを親に話しました。親も突然のことなので驚いている様子でしたが、反対される訳ではありませんでした。

個人的には少し驚いたのですが、親が「あなたが本気でその決断をしたのなら、そうすればいい。その代わりにしっかりと責任を持ってこれから行動しなさい」と言われました。

親に対しては本当に申し訳なかったのですが、色々と考えた結果中退をすることを決意して、大学にも報告し、1ヶ月前に前の大学を中退しました。
大学中退したいことを親に相談したいと考えている大学生にアドバイスをお願いします
もちろん簡単な気持ちで中退してはなりません。親のお金で大学に入ることが出来る人も多いと思いますし、大学の年間の授業料などを考えたら、親に多くの負担がかかっていることは間違いありません。

なので、軽率な理由で中退することを言っても親に反対されるだけでありますし、親に見放される可能性だってあります。

本気で中退をしたいと考えているのであれば、何故中退する必要があるのか。そして中退した後の人生プランをしっかりと持って親に相談するべきです。親はあなたのことを1番理解しているはずなので、客観的に見てくれますし、適切なアドバイスをしてくれるはずです。

あなたが中退してこれからの生活をどうするのか親は必ず心配すると思います。そうならないためにもこれからのビジョンをしっかりと伝えて、どう生きていくのかを説明するべき必要があると思います。

あなたが本当の気持ちで親に中退することを伝えるのであれば、親もしっかりと理解をしてくれると思います。

もしかしたら、大学は中退しなくてもその事を続けられる可能性もあるはずです。なので、相談する前に一度中退するべき理由やこれからの自分の人生についてしっかりと考えてから親に誠心誠意相談するのが良いでしょう。
ハンドルネーム
かつおぶしおにぎり
大学中退したいことを親に相談された時の状況を詳しく教えてください
まず、大学を中退したいと思った理由は進学した大学が自分の学びたかったこととずれていたこと。 (心理学部である特定の年代を対象としている専攻だったのですが、特定の年代を含む、一般的な内容に終始していたため)

もうひとつは両親との関係が上手くいっておらず、親元を出たかったからです。

私の父と同居する祖母は世間体を重んじるタイプで、レールから外れることは逃げであると私に説きました。 そもそも、元々そりの合わなかった父と祖母です。 私が決めたことより、自分たちが想像する正しい私の姿を追いかけるのは仕方がなかったのかもしれません。

大人しく従わない私に腹を立て、話し合いという名の一方的な文句は、自分が決めたこととはいえ傷つきました。 一方、母は父にならうカタチではあるものの、私が決めたことであれば反対はしないと言いました。 盾になって守ってくれるという訳ではなくとも、ありがたかったのを覚えています。

結局、大学生は学生ではありますが、ある程度成熟した人間でもありますので、自分でゼミの先生に相談しました。 全ての事情を伝え、休学という方法もあるよと声をかけていただいたのですが、一度決めたことなので結局は退学の道を選びました。

その後の両親や祖母との関係は疎遠ですが、自分で責任を持って考え、選んだ道ですので、後悔は全くありません。
大学中退したいことを親に相談したいと考えている大学生にアドバイスをお願いします
まず、親とどのような関係にあるかということで、どれほど準備しておくかは変わってくるかと思いますが、 親元に残る、家を出るどちらにせよ、次の道(就職、専門学校など)への具体的なプランを提示する方が良いと思います。

「自分はこう考え大学を辞めたい」だけでは、その後の生活がどうなるのかが想像しにくいからです。

・次はどういった道に進みたいのか、そのためにはどういった準備や期間が必要なのかというその後の人生の話
・そこにかかる費用、自立しない場合は生活費はどうするのかといったお金の問題

など、様々な疑問に対する答えをある程度用意しておかなければ、とりあえず大学に通いなさいと言われたり、休学をすすめられたりするからです。

大学を辞めたいという決心をしたとしても、周りからかけられる常識、当たり前、普通は、などの言葉は自分の心をどんどん削ります。 しっかりと意見を固めて、もう揺らがない。おおよそ言葉をかけられるようなことはもう悩み終わっていると示すことで、かわせるものも多いと思います。

なんとなく辞めたいと考えている人には過分なアドバイスかとは思いますが、自分の人生を見つめ決めたことであるならば、自分の願いが叶うように賢く立ち回りましょう。
ハンドルネーム
すずつき
大学中退したいことを親に相談された時の状況を詳しく教えてください
私の大学中退を決めた理由としては、人間関係に悩んでいたこと・講義の内容についていけなかったことがありました。実家暮らしだったので、親には中退を検討し始めてすぐに相談を持ちかけたんです。

私の家族は、昔から放任主義というか、子どものやらせたいようにやらせてくれていて、抵抗はほとんどされませんでした。実のところ、実家の経済事情でこれ以上学費を払えないこともあり、親にとっても納得しやすかったのでしょう。

人間関係の問題は、子どもの頃から壁にぶつかりやすかったので、この点は容易に察してくれました。私が大学でほとんどひとりぼっちになっていたことは、日頃から話していて知っていたし、月日が経つにつれて辛さが増しているのが、親にも目に見えてわかったのです。

講義についていけないことも、人間関係の問題ほどではありませんが、そこそこ概要は話していました。私自身、勉強するのは好きで一生懸命ついていこうと努力したんですが、どうしても難しくて。ちょうど学びたい分野(興味のある分野)にも変化が生じていたので、親には大学中退したのち、違う大学に編入したい気持ちを打ち明けました。

編入先の学校は、以前の大学よりは学費が安くてうちの経済力でも通わせられるので、編入についても承認してもらえました。今となっては、相手の理解がスムーズで非常に幸運だったと思います。
大学中退したいことを親に相談したいと考えている大学生にアドバイスをお願いします
大学中退の理由が何であれ、その選択肢によってあなたの問題が解決されるのであれば、いいことだと思います。私も、同じ環境に辛い気持ちを抱えたままでいるのはとてもしんどかったので、中退という選択肢を取ることにしました。

親御さんに相談するのは、中退したい時期に近い時でもいいと思いますが、私は何ヶ月か前から話すようにしました。相談として持ちかけるより、「中退」に関連する話題を普段から少しずつするように意識しました。

「大学が最近つらい」「こんなことで困っている」と、大学中退を決断した理由として考えられうることをいくつか話したのです。それでいざ中退(本題)について打ち明けた時、親側も変に動揺することなく、比較的スムーズに理解してくれました。

急に相談すると、あなた側もすごく気力を消耗するし、親御さんもいろいろな衝撃があると思います。もし面倒と感じないのであれば、私が実践したように話されてはどうでしょうか。

また、中退して何がしたい?などと聞かれた時は、計画があればそれを伝えます。逆に未定であれば、「まずは自分の今いる環境を落ち着いたものに変えて、それからゆっくり考えるつもり」と伝えれば納得してくれると思います。

どんな伝え方にせよ、あなたの思いをできるだけ正直に言うことが相互の理解に繋がると思います。
ハンドルネーム
abaraya
大学中退したいことを親に相談された時の状況を詳しく教えてください
一浪して理系の大学に入りましたが、率直に言ってしまえばそこまで将来に強い目的意識があって選んだ大学ではなく、自分の興味の方向性と学力で入れそうなところを選んだだけでした。

よくあることとは思いますが、周りも進学するし、学力的にも経済的にもそこまで難しくはないのでとりあえず大学は出ておこうという感じでした。

そんな意識だったので、大学生活自体は楽しかったのですが勉強の方にはほとんど興味がなく、サークル活動とアルバイトに明け暮れ、ある意味大学時代は満喫したと思います。 しかしもちろんそれでうまくやっていけるはずもなく、サークルには顔を出すものの講義のほうにはほとんど出ず、気が付けばもう少しで3年生に上がるというところでした。

その程度の意識で3年まで上がれてしまうというのがまた日本の大学の怖いところですが、そこで学生担当の教授から単位が「少し」足りないとのことで連絡が入り、面談しました。

そのまま何とか頑張ったり周りに頼んだりして進級という道も考えられましたが、既に大学生活は十分楽しめたということと、そんなことで大学を出ていいのかという個人的な疑問が自分の中に沸き起こってしまい、退学することを考え、親に相談しました。

親にはもちろん反対されましたが、自分も一度決めると譲らないところがあり親もそれを承知しており、何より本人がこれ以上大学にいる気がないならどうにもならないということで、最終的には認めてもらいました。
大学中退したいことを親に相談したいと考えている大学生にアドバイスをお願いします
これを言ってしまうと身も蓋もないですが、大学を続けられるなら続けたほうが良いとは思います。 もちろんそれはきちんと大学に通って卒業する気があるならばということになりますし、また他の目的があって意志を持って大学を中退したいというならば仕方のないことですが。

その上で、大学中退を既に決意しており、親に相談する段階であるならば、まずはきちんと大学を中退しなければならない理由を考えておくことが必要だと思います。

大抵の親は大学への進学を子供の将来にとって「無難」と考えています。実際に子供を大学入れた親ならば尚更そう考えているでしょう。 それを覆すということは、入学前に大学へ進学しないと決断することよりもさらに大きい責任が伴うことを理解しておく必要があります。

「無難な道」から外れるわけですから、大学中退後の道は全部自分の責任で切り拓いていかなければなりません。しかも大卒という資格も失うわけです。 つまり親を説得するには、自分にそれだけの意志と、今後生き抜いていく力があることを示さなければ説得力がありません。

それをきちんと備えてから親に相談をするべきではないかと思います。 また、もしも学費を親に出してもらっているならば、その学費も全額返すことも考えておいたほうがいいでしょう。 どのような理由で大学中退を考えるのかにもよりますが、ただ何となく現状を変えたいだけとか、逃げの手段であるならば親も困ってしまうと思います。

自分の中できちんと決着がついているか、あるいは退学後の道をきちんと考えているならば、親もはじめは反対しても、いずれ応じてくれるのではないでしょうか。
ハンドルネーム
ゆう
大学中退したいことを親に相談された時の状況を詳しく教えてください
私には母がおらず、父・祖父母と一緒に暮らしていました。祖母が非常に過保護・過干渉な人で大学は自宅から通える場所にと指定され、学力も足りなかったので本来行きたかったところではない大学に通っていました。

岡山にある就実大学に1年通っていましたが、同じ学部の人たちと仲良くできないことや講師の方たちから嫌われていたようで課題レポートを出しても読んでもらえず、単位をあげないなどと理不尽な出来事が多かったので辞めようと決断しました。

親にはすぐ言えずに、怒られるのではないかとびくびくしながら2期生の授業等を決める合間の休みにようやく父に相談できました。話をするとまず最初に、やめてどうするのだと聞かれました。バイトでもなんでもいいから仕事をする予定であることを伝えたら、何も反対されることはありませんでしたが、自分で仕事見つけてちゃんとやっていけよと言われました。私がその大学に行きたいわけではないことは理解していたからか問い詰められたりなどはなく、むしろ慰めたり今後の忠告やアドバイスをしてくれました。

ですが祖母に相談すると猛反対をされてしまい、意地でも通わせようとしてきて大学に電話をしたり家から追い出したりなどをされました。話が全くできない状況に陥りましたが、父の承諾は既にあるので大学側に事情を話して退学手続きをしてもらいました。強行突破にはなりましたがこのような状況で辞めることができました。
大学中退したいことを親に相談したいと考えている大学生にアドバイスをお願いします
私同様怒られるかもしれない、反対されるかもしれないという気持ちがあるとなかなか相談に踏み切れないかとおもいますが、どうして辞めたいのかという理由やそうなった原因があるのならばそこをはっきりとさせて勇気をもって話してみるのが良いとおもいます。

もし辞めるとなった後のこともきちんと考えて、働くのか別の大学に行きたいのかなどの先の行動も話せるようになっておけば、聞かれてもすぐ答えれるので本気で悩んでいるんだという気持ちが伝わりやすいと思います。

私の例は特殊でしたが、家族に反対されてしまうこともあります。もしきちんと話せる状況であれば、自分の考えや先のことの話をちゃんとして、親の話もちゃんと聞いて辞めるのかまだ頑張ってみるのかといった結論にたどり着けるのがいいと思います。私は強行突破で辞めましたが、数年たつと辞めないほうがよかったなと後悔したことがあったので、決断をすぐするのではなく悩んで相談してしばらく考えてみてという過程が絶対に必要だと思います。

気持ちの問題や経済的な理由などいろいろあると思いますが、よく考えて自分はやめたいのだと思うのであればそれでいいとは思いますが、両親にはきちんと相談して助言などをもらうのがその先に行くのに非常に大切なことだと思います。

怒られても反対されても大丈夫なように気持ちと考えを整理して勇気をだしてみてください。

関連記事

大学中退が親不孝になる理由と対策。親との相談方法も紹介大学中退が親不孝になる理由と対策。親との相談方法も紹介

大学中退者に人気の就職サイトランキングBEST3

大学中退者が使っている就職サイト(就職エージェントと求人サイト)を、人気順に3位まで紹介しています。
※ランキング調査期間:2021年1月31日~2022年1月31日

大学中退者に人気の就職サイトランキングBEST3

第1位
ジェイック(JAIC)
ジェイック(JAIC)は、大学中退者向けの、研修付きの就職エージェントです。

大学中退者のために組まれた特別研修プログラムを受講して、中退というコンプレックスを乗り越えて正社員就職を実現できます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大学中退者の利用者が多い人気求人サイトです。

様々な職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。
第1位
ハタラクティブ
ハタラクティブは、フリーターや大学中退者向けの就職エージェントです。

まだ新しい就職エージェントですが、求職者と年齢が近いキャリアアドバイザーが親身になって相談に応じてくれ、未経験から応募できる求人を紹介してくれます。

大学中退者におすすめの就職サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

大学中退者におすすめの就職エージェントと求人サイト16選のアイキャッチ画像大学中退者におすすめの就職エージェントと求人サイト16選

弊社カジュアル相談を活用してください

弊社(株式会社ウェイズファクトリー)では、大学中退後の就職活動について、無料で気軽に相談できる窓口を設けております。

弊社のキャリアアドバイザーに、メールや電話で相談できます。

  • 「どの就職エージェントを利用すればよいかわからない」
  • 「どのように就職活動を行えばよいかわからない」
  • 「どのような職種が向いているのかわからない」

というような質問に、就職支援15年以上の経験を元にお答えします。

また、必要な方には、大学中退者が応募できる未経験歓迎の正社員求人を紹介することもできます。

ご相談したい方は、以下の記事の下にあるフォームよりお申し込みください。

大学中退者向カジュアル就職相談窓口のアイキャッチ画像大学中退者向カジュアル就職相談窓口

記事の監修者

岸 憲太郎

株式会社ウェイズファクトリー代表取締役。
15年以上の就職支援経験を通じて、多くの採用担当者や求職者と情報交換をしてきました。
それらの経験を社会に還元していくために、情報発信を行っています。
詳しいプロフィールは、こちらをチェックしてみてください。
プロフィール

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーの記事

この記事の上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

大学中退者に人気の求人サイト

大学中退についての専門家に聞く

就職エージェントを取材しました

大学中退者に人気の就職エージェントを取材しました。気になる疑問やサービス内容、利用方法などについて詳しく聞いています。利用者の口コミや評判も紹介しているので、参考にしてください。

株式会社ジェイック大阪支店の矢野誠一郎さん株式会社ジェイック大阪支店の矢野誠一郎さん ジェイック大阪支店の支店長をしている矢野さんに取材しました。ジェイックのサービス内容について詳しく聞いてきたので、参考にしてください。
大学中退者の就職支援を行うジェイックを取材しました。評判や口コミも紹介

就職支援を行うハタラクティブを取材しました。評判や口コミも紹介。大学中退者の就職支援を行うハタラクティブを取材しました。評判や口コミも紹介。 ハタラクティブの関東エリア責任者でキャリアアドバイザーの吉田さんに取材しました。就職支援の内容や、ハタラクティブならではの特徴はどこにあるのか聞いてきました。
大学中退者の就職支援を行うハタラクティブを取材しました。評判や口コミも紹介

就職支援を行う就職Shopを取材しました。評判や口コミも紹介。大学中退者の就職支援を行う就職Shopを取材しました。評判や口コミも紹介。 就職Shop推進部、関西グループマネージャーの白濱さんに取材しました。就職Shopならではの就職支援に対するこだわりや、不利な経歴を持つ人が就職できるのか聞いてきました。
大学中退者の就職支援を行う就職Shopを取材しました。評判や口コミも紹介

株式会社UZUZ大阪オフィスの吉内冬実さん株式会社UZUZ大阪オフィスの吉内冬実さん UZUZでキャリアアドバイザーをしている吉内さんに取材をしました。ご自身の就職活動で苦労した経験を元にしたアドバイスや就職支援サービス内容について詳しく聞きました。
大学中退者の就職支援を行うUZUZ(ウズウズ)を取材しました。評判や口コミも紹介

上へ
戻る