ハンバーガーメニューの画像

就職支援会社のジェイックで、大学中退者の就職支援責任者をされている小久保友寛さんに取材しました。

最終更新日:2020年10月28日

就職支援会社のジェイックで、大学中退者の就職支援の責任者をされている小久保友寛さん

就職支援会社のジェイックで、大学中退者の就職支援の責任者をされている小久保友寛さんに、大学中退者の就職活動の現状について取材しました。

小久保さん自身も20代の時に倒産・リストラなどの経験をされ、このまま人生を終わらせたくないという気持ちから30代を過ぎてからジェイックに就職されました。

このような経験から「大学中退者のかたにも、もう一度やり直すチャンスをつかんでほしい」と、これまで数百人以上の中退者を支援されてきています。

大学中退者の方の就職活動の現状について丁寧に答えて頂いているので、ぜひ参考にしてみてください。

*この記事の内容は、2020年10月28日現在のものです。

大学中退者の就職活動についてのQ&A

Q1. 大学中退者には、就職活動で、どのような悩みを抱えている人が多いですか?

こちらは実際にアンケートを取ったのですが、「就活の進め方がわからない」という方が最多で全体の31%いらっしゃいました。

「インターネットで情報収集はするが、具体的に進路相談できる相手がいない」という声が多くあります。

Q2. その悩みに、どのようなアドバイスをされていますか?

まず初めに「就職活動の何がわからなくて何が不安か」を寄り添わせて頂きながら明確にしていきます。

そこから「良い就職」をするために、その方には何が必要なのかを一緒に考えていきます。

相談に来られた人の中には、就職活動の進め方がわからないことを否定されるのではないかと不安に思っている人もいます。

しかし、「就職活動の方法がわからないから相談しよう!」とする姿勢はとても前向きなことであり、就職活動を成功させたいという強い気持ちが伝わるので、私たちが全力でサポートします。

Q3. 大学中退者が就職活動を行う上で1番大事なことはなんでしょうか?

⇒入社をゴールと考えないこと。自分の価値観や考え方にあっている会社かどうか。

大学入学をゴールにしてしまったために、中退をしてしまった方も多くいらっしゃいます。

また、「どうせ中退をした自分なんて」と考えてしまい目の前の内定に飛びついてしまい、世の中的にブラック会社と言われるような会社に入社をしてしまい「早期退職をしてしまった」という相談を受けることもあります。

もしあなたが楽しく属せているコミュニティ、属せていたコミュニティがあったとするのであれば、それはなぜか。

入社をゴールとして考えずに、自分の価値観や考え方に合うかを大切にしていただきたいです。

Q4. コロナが流行する前後で就職活動に変化はありましたか?また、どのような対策をとられていますか?

変化はありました。

弊社が行っている集団面接会(企業様に固定席にお座りいただき、求職者が12分ごとに順に回る形式で面接を行う)というイベントがあるのですが、コロナ前と比較すると、緊急事態宣言があった時期の面接会は参加企業がかなり減りました。

緊急事態宣言が解除され回復をしてきていますが、コロナ前の状況にはまだ戻っていません。

また失業率も高くなり、今までは経験者を採用できなかった会社も採用が可能となり、未経験者の求人が減りつつあるというのが現状です。

一方で弊社では「中退者専門の就職支援サービス」を提供しており、そちらで行われる面接会には、参加者が全員中退者であることを知っている企業が来てくれます。

そこには「中退したからこそ次取り返す」というその思いに共感をしてくれている企業様が来てくれます。私たちも、中退者の方が「次どう取り返していくのか」をしっかりと企業様に伝えられるような研修やサポートをしています。

リモート面談を行う小久保さん

Q5. 大学中退者で就職が決まりやすい人と決まりにくい人の違いはなんですか?

「中退理由をしっかりと振り返れているか」
「覚悟」
「危機感」
「素直」
「一生懸命」

が企業に伝わるかどうかで結果は分かれます。

Q6. 学歴を重視しない企業は、どのような人材を求めていますか?

上記をもとに「行動」に移せる人を求めています。

Q7. 志望業界や企業が決まっていない場合、どのような方法で就職先を決めていくのでしょうか?

逆に未経験や経験が浅いにも関わらず、志望が固まっているほうが危険かと思います。

狭い視野で決めてしまい自身の可能性をつぶしてしまうので。

やりたいことがわからないのは未経験に近ければ当たり前。問題ないです。

だから多くの企業と面接して直接会い、自分の価値観・考え方に合っているかを照らし合わせることが重要です。

Q8. ジェイックでは、大学中退者に特化した取り組みとしてどのようなことを行っていますか?

中退者専門の支援クラスを設けています。そちらは、あなただけでなく、参加者全員が中退者です。

ですので、何も恥じることはないですし、似たような思いをもった方たちが集まっています。

皆さんが不安に感じている「良い就職」への就職活動の仕方を0からお伝えしていきます。

伝えるだけではなく、中退理由をしっかりと振り返り、今後その経験をどう活かしていくかを一緒に考えていく時間も取っています。

研修を終えた後には「中退者しかいない、中退者だから採用したい」という企業様を集めた集団面接会を運営し、皆さんの良い就職のサポートをしています。

kokubosan-jaic-3.jpg

Q9. 最後に就職活動をおこなっている大学中退者のかたにアドバイスをお願いします。

中退してしまったことによって、自信を失ってしまったり、「挫折」「悔しさ」「劣等感」等、様々な感情を抱えていたりするかと思います。

それがあるからこそ、「次、必ず良くしていきたい」という、この気持ちは誰よりも強いかと思います。

何も経験をしてこなかった方よりも、必ずその経験はあなたの武器になります。

武器をどう活かすか、それを今本気で考え就活に繋げることが今後のあなたの人生を大きく変えることになっていきます。

1人で考え込み過ぎずに気軽にプロの中退者支援の私たちを頼ってください。

ジェイックの大学中退者専門就職支援の紹介

ジェイックの大学中退者専門就職支援のアイキャッチ画像

ジェイックでは、大学中退者を専門として就職支援を行われています。

無料の大学中退者向けの就職講座が用意されていて、大学中退者が就職活動をうまく進める方法を教えてもらえるので、講座を受講することで内定を複数もらえたという大学中退者も多数います。

また、登録した大学中退者が紹介してもらえる求人は、ジェイックが設けた厳しい審査基準をクリアした企業だけなので、安心して働き続けられる企業と出会うことができます。

これまでの就職支援実績は20,000人以上で、就職成功率は81.1%(大学中退者に限ると90.7%)に達します。

ここで、質問に答えてくださった小久保さんやその他のスタッフの方も、親身になって大学中退者の相談に乗ってくれるので、大学中退後の就職活動に困っている人はぜひ活用してみてください。

>>ジェイック(JAIC)公式サイトへ

大学中退者に人気の就職サイトランキング

大学中退者が使っている就職サイトの、人気ランキングを紹介しています。

※ランキング調査期間:2020年1月31日~2021年1月31日

第1位
ジェイック(JAIC)
ジェイック(JAIC)は、大学中退者向けの、研修付きの就職支援サイトです。

大学中退者のために組まれた特別研修プログラムを受講して、中退というコンプレックスを乗り越えて正社員就職を実現できます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大学中退者の利用者が多い人気求人サイトです。

様々な職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。
第1位
ハタラクティブ
ハタラクティブは、フリーターや大学中退者向けの就職支援サイトです。

まだ新しい就職支援サイトですが、求職者と年齢が近いキャリアアドバイザーが親身になって相談に応じてくれ、未経験から応募できる求人を紹介してくれます。

大学中退者におすすめの就職サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

大学中退者におすすめの就職サイト8選のアイキャッチ画像大学中退者におすすめの就職サイト8選

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

この記事の上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る