面接官が評価ミスをしてしまう傾向と対策

最終更新日:2018年10月23日

面接官が評価ミスをしてしまう傾向と対策のアイキャッチ画像面接官には何千という受験者を見てきて、一目見れば優秀な人かどうかが分かると豪語する人もいますが、面接官も人の子、判断ミスをしてしまうことも多いです。

ここでは、面接官が評価ミスをしてしまう傾向について説明し対策方法を解説します。

第一印象が回答内容に影響し続ける

面接では第一印象が重要と言われるのは、面接官の多くが評価の際に第一印象の影響を受けやすいからです。

例えば、見た目が「さわやか」というだけで、回答内容が無難であっても評価が高くなってしまうような場合があります。

逆に不潔感や不真面目そうという印象を与えてしまうと、後々の回答がどれだけ良くても評価が低くなってしまうことになりかねないのです。

やっぱり第一印象を良くしよう

こういった曖昧な判断をしてしまう事に不満があったとしても、それを指摘することは出来ません。

しかし、第一印象で評価に変化が出てくることを知っておけば、第一印象を良くする為の対策が出来るでしょう。

清潔感のある身だしなみ、挨拶を丁寧にする、態度に十分注意するといった事に気をつけておけば、評価が高くなることはあっても、低くなることは無いはずです。

第一印象が少しでも良くなる様に、対策をきっちりしておきたいです。

大学中退をしているだけで低評価

面接官は、様々な点を見て評価をしているのですが、何か特徴的な点が一つでもあると、それだけで、高評価にしたり、低評価にしてしまいがちです。

大学中退者の場合は、中退をしているというだけで初めから低評価としてしまう可能性があります。

逆に、学歴を重視する人であれば、東大を出ているだけで高評価、スポーツをしている事を重視するなら、体育会系であれば高評価としてしまう事があります。

大学中退による低評価をきっちりカバーする

こういった面接官の判断ミスが高評価に結びつくのであれば採用される側から見れば問題は無いのですが、低評価になる場合にはやはり対策が必要です。

大学中退者の場合は、もっともインパクトのある特徴はやはり中退をした事実であるのは間違いないでしょう。

その一点だけで、すべの評価が低くなってしまわないようにしっかり中退理由を説明し、前向きに就職活動に臨んでいる事を伝える必要があります。

その事については、「面接での「大学中退理由」と「志望動機」の伝え方」で説明しているので、ぜひチェックしてみて下さい。

一つ前の受験者の評価と対比される

面接が行われる日には、一人だけ面接を行うという事は少なく、同じ日に何人もの受験者を面接することが多いです。

そういった場合、前の受験者の評価が尾を引いて、次の受験者の評価が変化することがあります。

前の受験者の評価が悪いと、次の人が普通であってもよく見えたり、逆に前の人が良い評価だと、次の受験者が普通であっても、評価が悪くなる可能性があります。

ライバルは意識しても仕方ない

こういった面接時の評価ミスは多々起こっているのですが、受験者側からはどうする事も出来ないので、ライバルを意識するよりも自分のあるだけのものを出すという思いで面接に臨むと良いでしょう。

集団面接でよく見る光景として、前に質問に答えた人が個性的であったり、高度な話をした場合、次の人が変に考えすぎて答えに窮するという事があります。

こういった事態になっては評価が低くなってしまうだけです。

どういった場合でもライバルはあまり意識しないという事が重要になってきます。

まとめ

面接官が完璧な評価をしていると思うのは大きな間違いです。

上記した評価ミス以外にも、様々な印象や環境によって評価は変化します。

しかし、そういった点に文句をいってもはじまりません。

自分がきっちり対策、準備をしておくことでしか、評価を高めることが出来ないのは間違いないのです。

大学中退者
人気求人情報サイトランキング

大学中退者に人気の求人情報サイトを、ランキング形式で紹介しています。

第1位
JAICセカンドカレッジ
JAICセカンドカレッジは、大学中退者向けの、研修付きの人材紹介サービスです。

大学中退者のために組まれた特別研修プログラムを受講して、中退というコンプレックスを乗り越えて正社員就職を実現できます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大学中退者の利用者が多い人気求人情報サイトです。

様々な職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。
第3位
リクルートスタッフィング
はじめて派遣社員を目指す人がたくさん利用している、人材派遣求人サイトです。

正社員になれる紹介予定派遣の求人も充実しています。

大学中退者が使っている全ての求人情報サイトを見たい方は、以下からチェックしてみてください。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る