ハンバーガーメニューの画像

※本記事は一部プロモーションを含みます

面接官が評価ミスをしてしまう傾向と対策

最終更新日:2023年3月13日

面接官が評価ミスをしてしまう傾向と対策のアイキャッチ画像

面接官には何千という受験者を見てきて、一目見れば優秀な人かどうかがわかると豪語する人もいますが、面接官もやはり判断ミスをしてしまうことがあります。

ここでは、面接官が評価ミスをしてしまう傾向について説明し対策方法を解説します。

1. 第一印象が回答内容に影響し続ける

面接では第一印象が重要と言われるのは、面接官の多くが評価の際に第一印象の影響を受けやすいからです。

例えば、見た目が「さわやか」というだけで、回答内容が無難であっても評価が高くなってしまう場合があります。

逆に不潔感や不真面目そうという印象を与えてしまうと、後々の回答がどれだけよくても評価が低くなることがあります。

第一印象を良くしよう

このような評価基準が曖昧な状況に不満があったとしても、それを求職者が指摘することはできません。

しかし、第一印象で評価に変化が出てくることを知っておけば、第一印象をよくするための対策ができます。

清潔感のある身だしなみ、挨拶を丁寧にする、態度に十分注意するといったことに気をつけておけば、評価が高くなることはあっても、低くなることはありません。

第一印象が少しでもよくなるように、きっちり対策しておきたいです。

2. 大学中退をしているだけで低評価

面接官は、さまざまな点を見て求職者を評価しているのですが、何か特徴的な点が一つでもあると、それだけで、高評価にしたり、低評価にすることがあります

大学中退者の場合は、中退をしているというだけではじめから低評価とされてしまう可能性があります。

逆に、学歴を重視する人であれば、東大を出ているだけで高評価、スポーツをしていることを重視するなら、体育会系であれば高評価とする人もいます。

大学中退による低評価をきっちりカバーする

このような面接官の判断ミスが高評価に結びつくのであれば、採用される側から見て問題ないのですが、低評価になる場合もあるので対策が必要になります。

大学中退者が持つ、もっともインパクトのある特徴は中退をした事実です。

その一点だけで、全ての評価が低くなってしまわないように、しっかり中退理由を説明し、前向きに就職活動に臨んでいることを伝えプラスの印象を残すことが大事です。

大学中退理由の伝え方については、「大学中退理由別の面接回答例文20選と大学中退理由ランキング」で詳しく説明しているので、参考にしてみください。

3. 一つ前の受験者の評価と対比される

面接が行われる日は、一人だけ面接を行うことは少なく、同じ日に何人もの受験者を面接することが多いです。

そのような場合、前の受験者の評価が尾を引いて、次の受験者の評価に影響することがあります。

前の受験者の評価が悪いと、次の人が普通であってもよく見えたり、逆に前の人が良い評価だと、次の受験者が普通であっても、評価が悪くなる可能性があります。

ライバルは意識しても仕方ない

このような面接時の評価ミスは多々起こっているのですが、受験者側からはどうすることもできないので、ライバルを意識するよりも自分に集中して、伝えるべきことを伝えるという思いで面接に臨むとよいでしょう。

集団面接でよく見る光景として、前に質問に答えた人が個性的であったり、高度な話をした場合、次の人が変に考えすぎて答えに窮するということがあります。

しかし、このような事態になっては評価が低くなってしまうだけです。

どのような場合でもライバルはあまり意識しないということが重要になってきます。

4. まとめ

面接官が完璧な評価をしていると思うのは大きな間違いです。

上記した評価ミス以外にも、さまざまな印象や環境によって評価は変化します。

しかし、そのような点に文句をいってもはじまりません。

自分がきっちり対策、準備をしておくことでしか、評価を高めることができないのは間違いないのです。

2024年最新版!大学中退者に人気の就職サイトBEST3

大学中退者が使っている就職サイト(就職エージェントと求人サイト)を、人気順に3位まで紹介します。
※ランキング調査期間:2023年10月15日~2024年1月15日

2023年最新版!大学中退者に人気の就職サイトBEST3

第1位
ジェイック就職カレッジ
ジェイック就職カレッジは、就職成功率81.1%(大学中退者に限ると90.7%)の実績を持つ就職エージェントです。

中退者向けの求人を紹介してくれたり、中退者向けの就職講座で、面接での中退理由の伝え方やマナーを学べます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大学中退者の利用者が多い人気求人サイトです。

様々な職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。
第3位
第二新卒エージェントneo
第二新卒エージェントneoは、20代に特化した就職・転職支援サービスです。

職務経験のない人だけで10,000人以上の就職支援実績があり、大学中退者にも人気があります。

大学中退者におすすめの就職サイトを全て見たい方は、以下からチェックしてみてください。

大学中退者におすすめの就職サイト(就職エージェントと求人サイト)16選のアイキャッチ画像大学中退者におすすめの就職サイト(就職エージェントと求人サイト)16選

当社カジュアル相談を活用してください

当社(株式会社ウェイズファクトリー)では、大学中退後の就職活動について無料で気軽に相談できる窓口を設けております。

当社のキャリアアドバイザーにメールか電話で相談できます。

  • 「どの就職エージェントを利用すればよいかわからない」
  • 「どのように就職活動を行えばよいかわからない」
  • 「どのような職種が向いているのかわからない」

というような質問に就職支援15年以上の経験を元にお答えします。

また必要な方には、大学中退者が応募できる未経験歓迎の正社員求人を紹介することもできます。

ご相談したい方は以下の記事の下にあるフォームよりお申し込みください。

大学中退者向けカジュアル就職相談窓口のアイキャッチ画像大学中退者向けカジュアル就職相談窓口

記事の監修者

岸 憲太郎

・株式会社ウェイズファクトリー代表取締役
・関西大学総合情報学部卒業

人材紹介事業と就職や転職に関してのWEBメディア事業を行う(株)ウェイズファクトリーの代表をしています。
15年以上の就職支援経験を通じて、数百名の採用担当者や求職者と情報交換をしてきました。
それらの経験を社会に還元していくために、記事の監修だけでなく、編集にも深く関与して情報発信を行っています。
詳しいプロフィールは、こちらをチェックしてみてください。
プロフィール

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーの記事

この記事の上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

大学中退者に人気の求人サイト

大学中退についての専門家に聞く

就職エージェントを取材しました

大学中退者に人気の就職エージェントを取材しました。気になる疑問やサービス内容、利用方法などについて詳しく聞いています。利用者の口コミや評判も紹介しているので、参考にしてください。

株式会社ジェイック大阪支店の矢野誠一郎さん株式会社ジェイック大阪支店の矢野誠一郎さん ジェイック大阪支店の支店長をしている矢野さんに取材しました。ジェイック就職カレッジのサービス内容について詳しく聞いてきたので、参考にしてください。
大学中退者の就職支援を行うジェイック就職カレッジを取材しました。評判や口コミも紹介

就職支援を行う就職Shopを取材しました。評判や口コミも紹介。大学中退者の就職支援を行う就職Shopを取材しました。評判や口コミも紹介。 就職Shop推進部、関西グループマネージャーの白濱さんに取材しました。就職Shopならではの就職支援に対するこだわりや、不利な経歴を持つ人が就職できるのか聞いてきました。
大学中退者の就職支援を行う就職Shopを取材しました。評判や口コミも紹介

就職支援を行うハタラクティブを取材しました。評判や口コミも紹介。大学中退者の就職支援を行うハタラクティブを取材しました。評判や口コミも紹介。 ハタラクティブの関東エリア責任者でキャリアアドバイザーの吉田さんに取材しました。就職支援の内容や、ハタラクティブならではの特徴はどこにあるのか聞いてきました。
大学中退者の就職支援を行うハタラクティブを取材しました。評判や口コミも紹介

株式会社UZUZ大阪オフィスの吉内冬実さん株式会社UZUZ大阪オフィスの吉内冬実さん UZUZでキャリアアドバイザーをしている吉内さんに取材をしました。ご自身の就職活動で苦労した経験を元にしたアドバイスや就職支援サービス内容について詳しく聞きました。
大学中退者の就職支援を行うUZUZ(ウズウズ)を取材しました。評判や口コミも紹介

上へ
戻る