ハンバーガーメニューの画像

「高学歴なのになぜ当社に入社したいのですか?」と聞かれたらどのように答える?

最終更新日:2018年4月4日

「高学歴なのになぜ当社に入社したいのですか?」と聞かれたらどのように答える?のアイキャッチ画像大学中退者には、東大や早稲田、慶応といったレベルの高い大学を中退している人もいます。

こういった人が就職活動をしている場合には、企業によっては学歴の高さを見て「なぜ当社を志望したのですか?」と聞いてくることがあります。

こういった質問にも面接官の意図があるので注意しながら回答したいです。

高学歴中退者が中小企業を目指すと疑いの目を向けられることも

中小企業の社長になったつもりで、採用面接に東大や慶応、早稲田といった大学を中退した人が参加した場合どう思うのか考えてみて下さい。

恐らく、単純に「高学歴の優秀な人が来てくれた!」なんて安易に喜んだりはしないはずです。

逆に「なぜ当社にこんな高学歴の人が来たのだろう?」「冷やかしではないのか?」「中退をしているからとりあえず職歴を付けるつもり?」「短期で直ぐに転職していくのでは?」といった様々な疑問を抱いてしまうことでしょう。

多くの中小企業が、普通のレベルの大卒者ですら獲得するのに苦労しているのですから、こういった高学歴を持った人が来ると驚きと不安を抱かずにはいられないのです。

もし、真面目に入社して長期にわたって働きたいという思いがあるのでしたら、面接官側の不安を消し去るようなアピールをしなければならないです。

  • 企業のどういった点に魅力を感じたのか
  • 他の企業では無く、その企業を選んだ理由
  • 中退理由とその企業に入社する理由に関係があるのか
  • 長期的に働ける理由

などを説明できれば面接官側も、納得してくれるはずです。

高学歴だから、中小企業であれば簡単に入社できると考えていると、その部分を面接官に見透かされて不採用を言い渡されることもあります。

相手の心情をよく把握して、適切な回答ができるようにしたいです。

難易度の高い資格保持者も採用において疑問を抱かれる可能性がある

ここまでは、高学歴の人の事について書いてきましたが、同じ事が難易度の高い資格保持者にも起こる可能性があるのは知っておくとよいでしょう。

難しい資格を保持しているからといって、必ずしも採用選考において有利になるわけではありません。

例えば、簿記1級などを所有していると、将来的に税理士を目指し辞めるのでは?と考えられたり、すでに働いている従業員よりも高度の資格保持者である場合は使いにくいと感じられる可能性もあります。

事務などの仕事では、一般的に簿記3級や2級を持っていればなんの問題も無く仕事が出来るので、それ以上の資格を保有していると敬遠されることもあります。

こういった場合も、相手の心情に配慮して

  • 以前は、税理士を目指していたのですが、今は諦めて民間企業に就職したいと考えている事
  • 事務の経験は無い(浅い)ので、これから経験を積んでいきたい

といった事を説明して、面接官の不安を消す必要があるでしょう。

まとめ

ここまでは、高学歴や難易度の高い資格が不利になるケースについて紹介しましたが、面接官は、こういった人に対して仕事が出来る可能性の高さを間違いなく感じています

ですので、それ以外の不安について解消する事で採用につながる可能性を高くすることが出来るはずです。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る