ハンバーガーメニューの画像

面接に参加した後は、お礼状を送るべきか?

最終更新日:2018年10月23日

面接に参加した後は、お礼状を送るべきか?のアイキャッチ画像面接に参加した後は、メールや電話で結果を伝えられるのを待つという人は多いです。

しかし、中には面接に参加した後にお礼状を送る人もいます。

お礼状を送ることは選考に良い効果があるのでしょうか。

面接内容が重要だが、お礼状を送ることで印象に残る可能性が高くなる

選考では何よりも面接内容が重要になるのは間違いありません。

しかし、「面接での「大学中退理由」と「志望動機」の伝え方」の「大学中退者と競うことになる人の経歴」でも書いたように、選考に参加している人の多くが同じような経歴を持った人である事が多いです。

面接を行っても参加者間での差が感じられないことも多いので、少しでも他者と差別化出来る事があるのなら実行しておくことで面接を通過する確率を上げる事が出来ます。

お礼状はほとんどの人が送らないので、面接官や人事の人に強い印象を持たせる事が出来る可能性が高いです。

また、文章の内容次第で、誠実さや真面目さを伝えることが出来るので、評価を上げられる可能性もあります。

しっかり内容を考えて、なるべく面接日から離れないうち(2〜3日以内)に届くようにすると良いでしょう。

面接のお礼状の例

ここでは、お礼状の例を紹介しておきます。

基本的にお礼状は簡潔に書くことが良いとされています。

しかし、面接で伝えきれなかったことを書いたり、不備を詫びたりする事も出来るので、以下の例に必要事項を加えると良いでしょう。

拝啓、新緑が風に香る季節となりました。

この度は面接をしていただき、誠にありがとうございました。

現在は、〜資格の勉強に励み、〜職として力を発揮できるように努力している次第です。

貴社において、お役に立てるチャンスを賜りたく心よりお願い申し上げます。

貴社のご繁栄と〜様のご健康をお祈り申し上げます。

                              敬具
                        平成〜年〜月〜日
                           就職 太郎

まとめ

面接官も、面接後にお礼状を受け取る機会は少ないので、印象に残りやすいはずです。

お礼状の解説を読んでも、送る人は少ないと思うので、差別化したいという事ならぜひ送ってみましょう。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る