ハンバーガーメニューの画像

本番前に模擬面接に一回は参加しておこう!

最終更新日:2018年10月23日

本番前に模擬面接に一回は参加しておこう!のアイキャッチ画像面接にいきなり参加して実践をつむという方法でも就職活動はできますが、可能ならば模擬面接には参加しておきたいです。

一度参加しておくだけでも、自分では気づけない注意すべきポイントをしることができます。

模擬面接を通して面接の一連の流れが分かる

入室してから退室までの面接の流れを理解するには本などを通しても可能です。

当サイトでも、

大学中退者の面接対策基本編のアイキャッチ画像大学中退者の面接対策基本編

で面接の一連の流れを説明しているので、ある程度のことは理解できると思います。

しかし、実際に面接会場に行くと、頭で考えていたようにうまく動くことができないというケースがよくあります。

面接会場では質問への回答についてもある程度考えておかなければならないので、入退室のマナーやあいさつのマナーなどに気を配っている余裕がありません。

しかし、事前に模擬面接に参加して一連の流れを把握しておけば、本番ではスムーズに面接をおこなうことができるはずです。

結果的に余裕が生まれて、質問への回答もうまくできる可能性が高くなります

模擬面接でチェックしてくれる内容とは?

模擬面接では、面接で必要なマナーと質問への回答のチェックを行ってくれます。

面接マナーに関しては、一度経験しておけば何度も使い回しが効くので、模擬面接で完璧に行えるように練習しておくとよいでしょう。

質問への回答に関しては、受験する業界、企業などによって変化させる必要があります。

しかし、自己PR等に関しては、受ける企業に関わらず同じような内容になる場合が多いので、模擬面接でチェックしてもらった内容を反映して本番の自己PRに備えるとよいでしょう。

企業によって変えないといけない、志望動機などに関しては一度の模擬面接で対応するのは難しいかもしれません。

そういった場合には、模擬面接に何度か参加するのもよいでしょう。

複数回参加が可能かどうか確認をして、重要な企業の面接に参加する前に再度点検をしてもらいましょう。

私の知っている人でも、模擬面接に何度も参加して内定を得た人がいますので、一度確認してみるとよいでしょう。

もし、複数回の模擬面接参加が断られたとしても、回答内容のチェックだけならしてもらえる可能性が高いので、そちらも確認しておくとよいでしょう。

模擬面接を受けられる場所とは?

大学中退者の人が模擬面接に参加する場合に、第一候補になるのはハローワークの模擬面接でしょう。

ハローワークでは、求人紹介以外にも、模擬面接や履歴書添削などを行っています。

事前に登録して、参加申し込みをしておけば、模擬面接が行われる日に参加する事ができます。

それ以外の方法としては、「大学中退者が使っている求人サイト一覧」内で紹介している、求職者向けの支援サービスを行っている企業を利用してみるのもよいでしょう。

こちらでは、面接対策だけでなく、履歴書チェック、求人紹介など就職活動に必要な支援がオールインワンで提供されているので、登録して参加すれば必要な全てのサービスが利用できるので非常に便利です。

どちらも無料で利用できるので、ぜひ気軽に参加してみましょう。

まとめ

模擬面接に参加する事によって

  • 面接の一連の流れを頭だけでなく、体で理解する事ができる
  • 自分だけでは気付きにくい面接での注意すべきポイントを知ることができる
  • 応募企業にあった面接対策をうけることができる

などメリットがあるので、ぜひ参加してみましょう。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る