ハンバーガーメニューの画像

圧迫面接対策

最終更新日:2018年10月10日

圧迫面接対策のアイキャッチ画像圧迫面接という面接の仕方をご存じでしょうか。

圧迫面接とは、わざといじわるな質問を受験者にして、それらの質問にどのような返答や態度をとるのか見るために行われます。

面接という緊張状態にある中で、どれだけストレス耐性があるのか、臨機応変に答えられるのかを確認するので、受験者側にしてみればやっかいな面接でもあります。

中には、圧迫面接に見える面接であっても、面接官がただいじわるな質問をしただけという場合もあるようですが、どちらであったとしても礼儀正しく、冷静に回答できるようにしておく必要があります。

最近の圧迫面接の傾向

以前までは、面接において企業が強い立場にあったので、人格否定のような発言や、パワハラといわれてもおかしくない程度の発言を行う企業もありました。

仕事をしていれば、お客様のクレーム対応などでそういった理不尽なことを経験するからということで行われていましたが、面接を受けた人もいずれはお客さんになるので、企業のイメージ悪化につながってはいけないということで最近ではそれほどきつい圧迫面接を行う企業は減っています。

最近行われている圧迫面接の質問では、受験者が答えた内容にさらに深く質問を繰り返していき、どこまで詳細に考えているのか、論理的に答えられるのかを問うような質問があります。

面接で質問をしても、「頑張ります」や「そう思います」といった回答で終えてしまう人が多いので、「どのように頑張るのか」「具体的にどのように思うのか」といったことを次々に質問していきます。

そういった質問にどこまで粘って答えられるか、途中で諦めてしまうのか、ということで、その人の性格を知ることができます。

仕事をはじめても、メールで質問を何度もしていると急にメールの返信をするのを辞めてしまう従業員などもいます。

また、販売業などにおいても、商品について質問していても買わない人だと分かった瞬間に態度を急変させてしまう店員もいます。

こういった従業員は、忍耐力がないために少しストレスがかかると他人にぞんざいな態度をとってしまいます。

また、回答も論理性が乏しかったり、自分で解決する努力をせずに他人にばかり頼ってしまいまうケースもあります。

こういった人を雇ってしまうと、企業に悪影響を及ぼしかねないので、採用を避けるために、このような面接を行います。

圧迫面接には、どこまでも礼儀正しく、冷静に対処し、質問内容に的確に答える必要があります。

大学中退者に
人気の求人サイトランキング

大学中退者に人気の求人サイトを、ランキング形式で紹介しています。

第1位
JAIC(ジェイック)
JAIC(ジェイック)は、大学中退者向けの、研修付きの就職支援サービスです。

大学中退者のために組まれた特別研修プログラムを受講して、中退というコンプレックスを乗り越えて正社員就職を実現できます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大学中退者の利用者が多い人気求人サイトです。

様々な職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。
第3位
リクルートスタッフィング
リクルートスタッフィングは、はじめて派遣社員を目指す人がたくさん利用している、人材派遣求人サイトです。

正社員になれる紹介予定派遣の求人も充実しています。

大学中退者が使っている全ての求人サイトを見たい方は、以下からチェックしてみてください。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る