大学中退後に、求人情報を探す7つの方法

最終更新日:2018年10月30日

大学中退後に、求人情報を探す7つの方法の画像

大学中退後に求人情報を探す場合、インターネットの求人情報サイトを利用する人が多いです。

しかし、その他にもさまざまな方法で求人を探すことができるので、ここで求人情報を探す7つの方法を紹介します。

1. インターネット求人情報サイト

インターネット求人情報サイトのアイキャッチ画像

今現在、就職活動をしているほとんどの方が、求人情報を探す際にインターネットの求人情報サイトを利用しています。

求人情報サイトには大きく分けて二つの種類があるので、大学中退者はどちらを使えばよいのか解説していきます。

1-1. 新卒求人情報サイト

新卒者を対象とした求人情報サイトはインターネット上にたくさんあります。

日本で就職活動といえば、新卒採用がメインなので、これらの人を対象としたサイトがたくさん作られています。

新卒求人情報サイトは、求人が非常に豊富で、大企業の求人もたくさんあり、魅力的なサイトに見えます。

しかし、対象者はあくまで新卒者です。

大学中退をしている人は、これらのサイトを使うことができなかったり、使えたとしても応募できない求人が多いです

また、求人に応募ができたとしても、新卒者がたくさん応募しているので採用選考で不利になることが多々あります

ですので、大学中退者は、新卒求人情報サイトではなく、その他の求人情報サイトを利用する必要があります。

1-2. 転職求人情報サイト

転職求人情報サイトは、「大学中退者は利用できない」と考えている人は多いのではないでしょうか。

しかし、転職求人情報サイトは、仕事経験豊富な転職者だけが利用しているわけではありません。

就職せずに学校を卒業した「既卒者」や「フリーター」「早期に退職した仕事経験の浅い人」など、新卒求人情報サイトが対象にしていない人がたくさん利用しています。

ですので、大学中退者や専門学校中退者も転職求人情報サイトを使うことが多いです。

転職求人情報サイトに掲載されている求人の中では、特に「未経験者歓迎」という表記がある求人が大学中退者の狙い目です。

このような求人がたくさん用意されている転職求人サイトを使うと、早く内定を得ることができます。

当サイトでは、「未経験者歓迎」の求人がたくさん掲載されている転職求人情報サイトを、以下の記事で紹介しているのでチェックしてみてください。

大学中退者が使っている求人情報サイト一覧

2. 新聞求人欄や求人広告

新聞求人欄や求人広告のイメージ画像

大学中退者には、新聞求人欄や新聞に折り込まれている求人広告の情報を利用する人も多いです。

特に、地方で仕事を探す場合、インターネット求人情報サイトの求人情報が少ないので、それだけを利用していると求人情報の数が不足します。

地方の企業には、インターネット上に求人情報を掲載することに慣れていない企業や、対象エリアをしぼって求人情報を出す企業が多いので、新聞の求人欄や求人広告を利用するケースが多いです。

ですので、地方に住んでいる大学中退者は、新聞求人欄や求人広告の情報を積極的に活用するとよいでしょう。

また、上で紹介した「大学中退者が使っている求人情報サイト一覧」では、地方の求人に強い求人情報サイトも紹介しているので、そちらもチェックしてみるとよいでしょう。

3. 人材紹介会社の求人情報

人材紹介会社の求人情報のイメージ画像

「人材紹介会社」は、キャリアアドバイザーが、求職者の適性に合った求人を紹介したり、就職に関する相談にのったり、履歴書の添削、面接対策などの就職支援サービスを提供する会社です。

数多くの企業の中から、求職者に合った求人を紹介してくれるので、一人で就職活動をするよりも、入社後の満足度が高くなる傾向にあります。

しかし、これまで人材紹介会社の提供するサービスは、正社員としての就業経験のある転職者を対象にしていることが多かったのです。

就職活動で不利になりやすい大学中退者にも使ってほしいサービスなのですが、以前までは、利用できる人材紹介会社が少ない状況にありました。

しかし、最近では、大学中退者を専門として就職支援サービスを提供する人材紹介会社が出てきたので、大学中退者もこういったサービスを利用して就職しやすい環境が整ってきています。

以下の記事で、大学中退者を専門とした人材紹介会社を紹介しているので、就職活動に不安がある人は利用してみるとよいでしょう。

大学中退者が使っている求人情報サイト一覧人気

また、人材紹介会社については、以下の記事でさらに詳しく説明ています。

大学中退者は人材紹介会社を利用できるのか?のアイキャッチ画像大学中退者は人材紹介会社を利用できるのか?

4. ハローワークの求人

ハローワークの求人のイメージ画像

一般的には「ハローワーク」として知られている、「公共職業安定所」にも求人情報がたくさん紹介されています。

ハローワークでは、求人情報の紹介だけでなく、就職活動の相談にものってくれるので、求人の探し方などに疑問があるのでしたら相談員に質問してみるとよいでしょう。

ハローワークについては、以下の記事で詳しく説明しているので確認してみてください。

大学を中退したらハローワークに行ってみよう!の画像大学を中退したらハローワークに行ってみよう!

5. スカウトサービス

スカウトサービスのイメージ画像

「スカウトサービス」というサービス名を見ると、大学中退者は対象外だと思う人は多いかもしれませんが、上で紹介した転職サイトなどで提供されていて大学中退者も利用することができます。

スカウトサービスを利用するには、上記の転職サイトなどに履歴書や職務経歴書(アルバイト経験などでも可)を記入登録するだけです。

そうすると、それらの経歴を見た企業からオファーが届くので、もしその企業が気に入れば面接に進むことができます。

利用方法は簡単ですし、企業からオファーが届いた場合、書類選考は通過していることになるので採用される確率が高くなります

スカウトサービスが提供されている求人サイトを見つけたら、登録しておくとよいでしょう。

6. 企業に直接求人情報がないかを聞く

企業に直接求人がないか聞いてみるのイメージ画像

大企業では敬遠される可能性が高いですが、中小企業の場合であれば、直接問い合わせることで求人情報が見つかる場合があります。

求人情報を求人情報サイトなどに掲載するためには掲載料がかかるので、大企業に比べて資本力が弱い中小企業は、人材がほしいと思っていても求人を出していないことが多いからです。

また、「一人か二人くらい人手がほしいな」となんとなく考えている企業もたくさんあるので、そのタイミングで応募すれば採用される可能性があります。

もし、求人情報を出していないけれど働きたい企業があるのでしたら、一度電話で質問するか、訪ねてみるのもよいでしょう。

7. 縁故採用求人

縁故採用求人のイメージ画像

縁故採用とは、いわゆる「コネ」で人材を採用することです。

コネと聞くと、あまりよいイメージがない人もいるかもしれませんが、知り合いなどの紹介で入社した人は、「すぐに退職することが少ない」ので企業から歓迎されることも多いです。

大学で行われている教授からの企業紹介も、一種の縁故採用といえます。

もし、人づてに企業を紹介してくれるということでしたら、遠慮するのではなく、真剣に検討してみるのもよいでしょう。

まとめ

就職活動をしている人には、あたかもこれが正しい求人情報の探し方といわんばかりに、皆同じような方法で求人情報を探しています。

しかし、ここまで見てきたように求人情報の探し方には、さまざまな方法があります。

ぜひ皆さんは、さまざまな方法を利用して、就職活動に取り組んでもらえればと思います。

関連記事

大学中退者
人気求人情報サイトランキング

大学中退者に人気の求人情報サイトを、ランキング形式で紹介します。

第1位
JAICセカンドカレッジ
JAICセカンドカレッジは、大学中退者向けの、研修付きの人材紹介サービスです。

大学中退者のために組まれた特別研修プログラムを受講して、中退というコンプレックスを乗り越えて正社員就職を実現できます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大学中退者の利用者が多い人気求人情報サイトです。

様々な職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。
第3位
リクルートスタッフィング
はじめて派遣社員を目指す人がたくさん利用している、人材派遣求人サイトです。

正社員になれる紹介予定派遣の求人も充実しています。

大学中退者が使っている全ての求人情報サイトを見たい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る