大学中退後に求人情報を探す方法

大学中退後に求人情報を探す方法の画像

求人情報を探す場合、インターネットの求人サイトを利用しようと考える人は多いと思います。

しかし、それ以外にも様々な方法で求人を探すことができるので、ここで紹介していきます。

インターネット求人サイト

今現在、就職活動をしているほとんどの方が求人を探す際にインターネットを使っています。

もちろん皆さんも求人情報を探す際にはインターネットの求人情報サイトを使うことになるのですが、どのようなサイトを使えばいいでしょうか。

ここでそれぞれの特徴を少し見てみましょう

新卒者対象求人サイト

新卒者対象の求人情報サイトは本当にたくさんあります。

というのも日本における就職活動と言えば、新卒採用がメインなのでこれらの人を対象としたサイトがたくさん存在しているのです。

求人数も非常に豊富で、大企業の求人も多く魅力的なサイトに見えます。

しかし、あくまで対象者は新卒者です。

大学中退をしている人は、これらのサイトを使う事が制限されていたり、使えたとしても、新卒の人たちがたくさん応募している企業に同じように応募することになるので、不利になることが多々あります

ですので、新卒対象サイトだけでなく、その他の求人情報サイトも利用する必要があります。

転職求人情報サイト

転職求人サイトは、経験豊富な転職者だけが使っているのではなく、就職せずに学校を卒業した既卒者やフリーター、未経験職種への転職を考えている人など新卒求人サイトが対象にしていない人がたくさん利用しています。

ですので、大学中退や専門学校中退の人なども転職サイトを使うことが多いです。

特に、「未経験者歓迎」というマークが求人についているものが狙い目で、このような求人がたくさん用意されている転職求人サイトを使うと良いです。

当サイトでも未経験者を対象とした求人がたくさん掲載されているサイトを、

で紹介しているのでチェックしてみて下さい。

新聞求人欄や求人広告

新聞求人欄や求人広告のイメージ画像新聞求人欄や新聞に挟まれている求人広告の情報を利用している人も多いです。

特に地方に住んでいる場合、インターネット上の求人情報が少ないということがあります。

ネットに求人を掲載することに慣れていな企業や、対象範囲を絞って求人を出したい企業が地方には多いので、そのような傾向があります。

ですので、地方に住んでいる場合は、積極的に新聞求人欄や求人広告の情報を活用してみましょう。

人材紹介会社の求人情報

人材紹介会社の求人情報のイメージ画像人材紹介会社と人材派遣会社を混同している人がよくいます。

『人材派遣会社』は、人材派遣会社が人を雇って、派遣先に派遣する会社のことです。

一方『人材紹介会社』は、キャリアコンサルタントというアドバイザーが求職者に求人を紹介する会社のことをいいます。

キャリアコンサルタントは、数多くの求人を見て、求職者に合った求人を紹介してくれるので、一人で就職活動をする場合よりも入社後の満足度は高くなる可能性があります。

しかし、こういったサービスは、ある程度就業経験のある転職者を対象としていることが多いです。

できれば、就職活動で不利な大学中退者の人にも使って欲しいサービスなのですが、今の段階でまだまだ利用できる人材紹介会社は少ないです。

当サイトでも、大学中退者が利用できる人材紹介会社を以下のページで紹介してしているので、チェックしてみてください。

大学中退者が使っている求人情報サイト一覧人気

また、人材紹介会社については、

大学中退者は人材紹介会社を利用できるのか?のアイキャッチ画像大学中退者は人材紹介会社を利用できるのか?

でさらに詳しく説明しています。

ハローワークの求人

ハローワークの求人のイメージ画像一般的に『ハローワーク』と呼ばれている、『公共職業安定所』にも求人情報がたくさん紹介されているので、ぜひ利用してみましょう。

ハローワークでは、求人情報の紹介だけでなく、就職活動の相談にものってくれるので求人の探し方などに疑問があるのでしたら、訪ねてみるとよいでしょう。

ハローワークについては詳しく、

大学を中退したらハローワークに行ってみよう!の画像大学を中退したらハローワークに行ってみよう!

で説明しているので確認してみて下さい。

スカウトサービス

スカウトサービスのイメージ画像『スカウトサービス』という名前だけを聞くと、自分は対象外だと思う人もいるかもしれませんが、上記した転職サイトでも普通にサービス提供されているので、利用者は非常に多いです。

スカウトサービスを利用するには、上記の転職サイトなどに履歴書や職務経歴書を記入しておくだけです。

そうすると、それらの経歴を見た企業側からオファーが来るので、もしその企業が気に入れば面接に進むことができます。

利用方法は簡単ですし、企業側からオファーが来た場合、書類選考は通過していることになるので採用される確率は高いはずですから、スカウトサービスが提供されているサイトを見つけたら登録しておくとよいでしょう。

企業に直接求人がないか聞いてみる

企業に直接求人がないか聞いてみるのイメージ画像大企業では敬遠されると思いますが、中小企業の場合、直接問い合わせてみることで求人が見つかる場合があります。

求人情報を求人サイトなどに掲載するには掲載料がかかるので、大企業に比べて資本力がない中小企業は、人材が欲しいと思っていても求人を出していないことが多いのです。

また、「一人か二人くらい人手がほしいなぁ」となんとなく考えている企業もたくさんあるので、そのタイミングで応募すれば採用される可能性があります。

もし、求人情報を出していないけれども、働きたい企業があるのでしたら、一度電話するか訪ねてみるのもよいでしょう。

縁故採用求人

縁故採用求人のイメージ画像縁故採用とは、いわゆる『コネ』で人材を採用することをいいます。

コネと聞くと、あまり良いイメージがない人もいるかもしれませんが、知り合いなどからの紹介によって入社した人は、直ぐに辞めることが少ないので企業から歓迎されていることも多いです。

大学で行われている教授からの企業紹介も、一種の縁故採用といえます。

もし、人づてに企業を紹介してくれるということでしたら、遠慮してしまうのではなく、真剣に考えてみるのもよいでしょう。

まとめ

就職活動をしている人には、あたかもこれが正しい求人の探し方と言わんばかりに、皆同じような方法で求人情報を探しています。

しかし、ここまで見てきたように求人情報の探し方一つとっても様々な方法があります。

ぜひ皆さんは、様々な方法を活用して就職活動に取り組んでもらえればと思います。

関連記事

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上に
戻る