大学中退者2017年10月~12月の就職活動対策

大学中退者2017年10月~12月の就職活動対策のアイキャッチ画像

10月に入って涼しくなり、就職活動がしやすい季節になってきました。

秋は、求人がたくさん出てくる季節ですので、自分の希望にあった仕事を見つけやすいはずです。

今現在、世の中では、人材不足が続いているので、就職活動をする人にとっては内定を得やすい環境でもあります。

では、2017年10月~12月の大学中退者の就職活動対策について見ていきましょう。

1. 2018年3月卒、新卒学生の9月1日時点、就職内定率が9割を超えた

大学中退者の就職活動環境を知るのに、大学新卒者の就職活動環境が参考になります。

2018年3月卒業予定の大学4年生が、今現在、就職活動を行っているのですが、9月1日時点での就職内定率が9割を超えて、91.4%に達したことが分かりました。

job-hunting-from-octorber-to-december-in-2017-2.jpg
出典:DISCO

去年(17年卒)は、10月1日時点ではじめて内定率が9割を超えていたのですが、今年(18年卒)は9月時点で超えているので、学生の就職活動環境が非常に良かったことと、企業が内定を出すタイミングの早期化が進んでいることが分かります。

企業では人材不足が深刻ですので、人材を確保するために、積極的に採用活動を行い、早く内定を出していると考えられます。

学生は、内定を貰った後にも就職活動を続ける人もいますが、10月1日の内定式までに入社する企業を決定する人は多いです。

10月を過ぎた今、9割の人が内定を貰っているということは、ほとんどの学生が入社する企業を決めて就職活動を辞めてしまっていることが分かります。

2. 企業は、10月以降も採用活動を継続する

企業は、10月以降も採用活動を継続するのアイキャッチ画像学生の多くは就職活動を終了させていたとしても、企業は採用活動を辞めるわけにはいきません。

今現在の人材不足は、若者の人口が減ってきているということもありますが、企業の業績が良くなって仕事が増えていることにも理由があります。

そういった中で、採用予定人数を確保できなければ、仕事はあるのに、仕事をできる人がいない、という状況になってしまい、企業にとっては大きな損失になってしまいます。

実際、9月末時点でも企業は積極的に採用選考を行っているのが、下のニュース記事にも出ています。

採用を予定している静岡県内企業のうち70.2%が選考を継続中で、採用計画人数の充足を見込んでいる企業は25.4%にとどまった。

とりわけ主要産業の製造業で採用活動の継続割合が増加し、人材確保に難航している実態が鮮明になった。

出典:製造業で新卒採用難鮮明 静岡県内企業、7割が選考継続

静岡県内の企業についてなのですが、70%以上の企業が採用選考を継続しており、採用予定人数を確保できた企業は25%しかないことが分かります。

また、業種によって、採用選考の継続率は違い、

  • 製造業 67.7%
  • 建設業 81.3%
  • 卸・小売業 70.3%

となっているようです。

建設業や卸・小売業は慢性的に人材不足なのですが、製造業の人材不足も深刻になってきているようです。

こういった人材不足の業界では、新卒者以外の様々な人材を採用するケースが多いので、大学中退者の人も狙ってみるとよいでしょう。

3. 営業職の採用条件で、「学歴を問わない」「高卒以上」が定着

人材不足が進む中で、上記のような業界では、大学中退者も採用される可能性が高くなっています。

職種の中では、営業職が今現在ねらい目です。

営業職の採用条件は、学歴に高度なものが求められないことが多いですが、それでも数年前までは「大卒以上」という求人はたくさん見られました。

しかし、今現在、営業職の求人を見てみると、「学歴不問」「高卒以上」といった条件を上げる企業ばかりになってきています。

また、「高卒以上」という条件も減る傾向にあり、「学歴不問」が営業職の採用条件に定着しつつあります。

仕事が増える中で、企業は営業をすればしただけ売り上げを増やせると考える傾向にありますので、営業職を何としても確保したい企業の思いが透けて見えます。

こういった傾向は中小の企業だけではなく、大企業も同じ状況にありますので、営業職であれば大学中退者の人も大企業に入社することができるかもしれません。

☆営業職以外の「学歴不問」が多い職種

サービス・販売職、IT系の職種、飲食関連の店長職、介護職、製造・組み立てなど。

その他の職種の求人でも学歴不問が増えてきています!

4. まとめ

まとめのアイキャッチ画像人材不足の状況が続いているので、どこかで終わりが来るのではないかと思う人もいるかもしれませんが、実際は、ますます人材不足が深刻になってきている状況にあります。

そのような中で、業界や職種によって、大学中退者も採用されやすい環境が広がってきているので、ぜひ積極的に就職活動に取り組んでみましょう!

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上に
戻る