ハンバーガーメニューの画像

2014年、お盆明け以降の就職活動スタートダッシュ

最終更新日:2018年5月22日

2014年、お盆明け以降の就職活動スタートダッシュのアイキャッチ画像お盆が明けてもまだ夏休み気分でいる人も多いかもしれませんが、社会人は皆仕事に戻っています。

そして、9月からは「大学中退者2014年7月〜9月の就職活動対策」で書いたように採用活動が活発化し、10月に求人数が最大となります。

これから就職活動が求人数的にも季節的にもし易くなってくるので、休み明けでボーっとした頭を徐々に回復させて本格的に就職活動に取り組んでいきましょう。

新卒採用の内定率が非常に高くなっている

休み中にも就職活動に関する様々な情報が入ってきましたが、やはり今年は就職活動環境が非常に良いようです。

7月1日時点での就職志望者のうち、大学生の就職内定率は71.3%で、前年同月の65.0%に比べて6.3ポイント高かった。

大学生における、就職内定取得者の平均内定取得社数は1.95社であった。取得社数の内訳を見ると、1社取得者は48.7%、2社以上の複数社内定取得者は51.3%であった。

出典:2014年7月度内定状況について(PDF)(リクルート)

去年も内定率は高かったのですが、今年は2社以上に内定を貰った人が半数に及ぶようです。

複数の内定を貰う人が半数に及んでいるので、内定辞退をする人は非常に多く、採用担当者は苦労していることでしょう。

新卒採用の場合、内定式が10月にあるのでそれまでに採用予定人数を達成しなければならないので、これからの数ヶ月が勝負所になります。

採用意欲が非常に高い状態になるはずですので、まだ採用予定人数を満たせていない新卒採用枠も狙ってみると良いかもしれません。

夏が終われば、今年も直ぐに終わってしまう

あまり焦らせるようなことはしたくないのですが、お盆や8月が終わってしまうとあっという間に秋になります。

そうこうしている内に冬がやってくるのですが、そうなると今年も終わってしまいます。

大学中退者の皆さんには実家で生活していてそれ程お金に困ることはないかもしれませんが、悠長に就職活動をして時間ばかりが過ぎていくということは避けなければなりません。

それ程真剣に就職活動をしていなくても、時間が過ぎれば過ぎるほど、これだけ就職活動をやっても内定が貰えないと考えてしまい、焦りが出てきたりします。

今から就職活動をはじめるのならば、短期決戦と考えて今年中になんとしても内定を得るつもりで取り組みたいです。

まとめ

就職活動環境が良くなれば、誰でも簡単に就職していけると考えてしまいますが、逆に簡単に就職できるのなら今しなくても良いかと考えて先延ばしをしてしまう人もいます。

不景気でフリーターにならざるをえなかった人がたくさんいた時代に比べれば良い時代になったともいえますが、折角、就職活動をしようと考えたのでしたら、この環境がよいタイミングを逃さずに就職活動に取り組んでみてほしいと思います。

2014年8月18日に作成

大学中退者に
人気の求人サイトランキング

大学中退者に人気の求人サイトを、ランキング形式で紹介しています。

第1位
JAIC(ジェイック)
JAIC(ジェイック)は、大学中退者向けの、研修付きの就職支援サービスです。

大学中退者のために組まれた特別研修プログラムを受講して、中退というコンプレックスを乗り越えて正社員就職を実現できます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大学中退者の利用者が多い人気求人サイトです。

様々な職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。
第3位
リクルートスタッフィング
リクルートスタッフィングは、はじめて派遣社員を目指す人がたくさん利用している、人材派遣求人サイトです。

正社員になれる紹介予定派遣の求人も充実しています。

大学中退者が使っている全ての求人サイトを見たい方は、以下からチェックしてみてください。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る