新卒採用で2525円を請求する企業

最終更新日:2018年5月22日

新卒採用で2525円を請求する企業のアイキャッチ画像ニコニコ動画などを運営するIT企業、ドワンゴが少し変わった採用を行うようです。

ドワンゴの新卒採用選考に応募する人は、2525円の受験料を支払う必要があるそうです。

新卒の就職活動で一人100社応募するのが常態化している

新卒者の就職活動では、ここ数年の内に一人100社は企業にエントリーするのが普通になってきているようです。

ネットを使った企業応募が一般的になり、企業に応募する手間が以前よりも簡単になってきていることが背景にあるようです。

また、大学などで就職活動支援に力を入れる所が増え、応募して面接に参加する数が多ければ多いほど内定をもらえる可能性が高くなるという、当然のことを教えるようになったのも応募数増加の原因にあると思われます。

そういったことから、企業も選別に時間が取られることが多くなり、多数の応募から効率的に優秀な人を残して選別するという努力が行われていました。

そこで今回ドワンゴが打ち出したのが、採用選考に応募するのに2525円を請求するというシステムです。

2525円を請求するのは、それ程特殊なことなのか?

2525円請求システム導入がニュースで報じられてから、様々な意見を述べる人が出てきていますが、それ程特筆すべき内容ではないのではないでしょうか。

これまでにも、多数の応募を企業はさばいており、パソコンを使ったWEBテストや大会場での筆記試験を行うなどして、一気に応募者を減らすということが行われてきました。

その選別方法の一つに2525円を請求するという方法が追加されただけだと思います。

日本ではほぼ初めてに近い選考システムだと思うのですが、一社だけの導入で2525円という比較的安い価格なので記念受験をする人が減る程度だと思われます。

記念受験を減らすことが目的でもあるそうですが、この方法は話題として注目されたので、こんなおもしろいことをする企業で働きたいという人が集まる可能性が高く、そういった効果の方が高いのではないかと思います。

大企業も色々な採用を行っている

こういった変わった採用選考は、ベンチャー企業や比較的新しい企業だけが行ってわけではなく、大企業でも行われていることがあります。

SONY採用情報「ルールを変えよう(新卒のルールを変えます)」

吉本興業 中卒、高卒募集(2014年採用において)

大企業の場合採用選考では非常に有利な立場にあるので、こういった変わった採用をする必要はないのですが、いわゆる大企業病にならないためにも、変わった採用をおこなうことが有効であるようです。

同じ方法で人材を選別していると、画一的な優秀な人ばかりが集まり多様性がなくなってしまいます

その結果、企業内部で新しいアイディアが出なくなったり、そういったアイディアを受け入れる土壌がなくなってしまう可能性があります。

様々な人材を採用することで、「違い」にこそ価値があるということを企業内部に自覚させることができます。

最近では、外国人や女性を様々な職種で採用するケースも増えているのですが、海外のことに精通した人の新しい発想や女性の視点が必要とされるようになってきたということだと思います。

まとめ

上記したように、今回のドワンゴのチャレンジングな試みは、記念受験や軽い気持ちで応募する人を減らす効果よりも、この挑戦によりドワンゴという企業が注目されたことの方が意味が大きいように思います。

採用選考においても、当然のことながら市場原理が働いているわけで、その中で他社と同じことをしていては大企業に勝てるはずもありません。

つまり、人材採用という場面においても「違い」が重要であるということが、今回の試みにより、再認識されることになったのではないでしょうか。

今後、もっと人材採用市場で戦略的に採用を行う企業が増え、これまでに注目されなかったような様々な人の市場価値が認められるようになればと思います。

2013年12月9日に作成

大学中退者
人気求人情報サイトランキング

大学中退者に人気の求人情報サイトを、ランキング形式で紹介しています。

第1位
JAICセカンドカレッジ
JAICセカンドカレッジは、大学中退者向けの、研修付きの人材紹介サービスです。

大学中退者のために組まれた特別研修プログラムを受講して、中退というコンプレックスを乗り越えて正社員就職を実現できます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大学中退者の利用者が多い人気求人情報サイトです。

様々な職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。
第3位
リクルートスタッフィング
はじめて派遣社員を目指す人がたくさん利用している、人材派遣求人サイトです。

正社員になれる紹介予定派遣の求人も充実しています。

大学中退者が使っている全ての求人情報サイトを見たい方は、以下からチェックしてみてください。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る