ハンバーガーメニューの画像

大学中退者から自動車ディーラーになるには

最終更新日:2018年5月22日

大学中退者から自動車ディーラーになるにはのアイキャッチ画像

自動車ディーラーは、自動車の販売店に勤めて自動車の販売を行う仕事です。

自動車販売以外にも、カーナビや付属品の販売、オイル交換、中古車の買い取り、保険の契約、JAFへの加入を代理して行います。

新車販売台数にはノルマがもうけられているので、毎月目標台数を達成するための努力が必要になります。

車の販売店と、メーカーを同じ企業が運営していると考えている人もいますが、多くの場合、別会社で、給料や昇級の仕組み、福利厚生や勤務時間などが異なるので注意が必要です。

就職後は、系列販売店を数年間で転属していくことが多く、様々な経験を積んだ後に、40歳前後に店長に昇進できれば理想的です。

自動車ディーラーになるのに有利な資格

自動車ディーラーになると、販売車の納車などに運転が必要になるので、普通自動車免許は必須です。

それ以外に就職する段階で必要な資格は特にありません。

しかし、入社後には研修などで、営業や自動車に関しての知識だけでなく、自動車保険や自動車登録手続きに関しての知識も身につけることになります。

大学中退者から自動車ディーラーになる

自動車のディーラーになるのに高度な学歴や資格が必要されることはなく、求人の応募条件にも高卒以上や未経験者歓迎の表記がされていることが多いです。

そういったことから、大学中退者の人でも応募しやすい職種といえるでしょう。

自動車ディーラーの求人は、求人サイトだけでなく、地方の求人チラシなどにもよく出ているのでチェックしてみるとよいでしょう。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る