大学中退者からキャビンアテンダントになるには

最終更新日:2018年5月22日

大学中退者からキャビンアテンダントになるにはのアイキャッチ画像

キャビンアテンダントの仕事は、旅客機の中で利用者のお客様に対して様々なサービスを提供する仕事です。

搭乗や降機時にお客様を安全に誘導することや、新聞雑誌、毛布などの配布を行います。

搭乗後には、離着時の注意事項や救命道具の説明、飲み物や食事の加工、配布。そして、様々に起こるトラブルへの対応などをおこないます。

華やかなイメージを持たれる職種ではありますが、勤務時間や日時が不規則なことが多く、搭乗中は接客業として様々なお客様の要望に応えることになるので肉体的にも精神的にも疲れる仕事です。

しかし、国際線のキャビンアテンドになれば、様々な国を訪れることもできますし、降機後は自由時間になるので観光をすることも可能です。

以前までは、女性の仕事として知られていましたが、近年では男性のキャビンアテンダントも増えてきています。

社交的な人で、英語が堪能、体力にも自信があるという人には非常に魅力的な仕事であるのは間違いないでしょう。

キャビンアテンダントになるのに有利な資格

キャビンアテンダントになるための採用選考に参加するには、TOEIC600点以上の点数を持っている必要があります。

ただし、TOEIC600点以上というのは最低限の点数ですので、それ以上に英語能力を高めておくとよいでしょう。

国内の航空会社の場合、採用試験を受けて採用されれば、契約社員としてまず働いて、4年目に正社員になれる可能性があります。(2014年度採用からANAでは、正社員採用を再開するようです)

採用選考に合格するには、キャビンアテンダントになるための養成学校に通っていると非常に有利になるので、多くの方が養成学校で勉強をしています。

大学中退者からキャビンアテンダントになる

大学中退者の場合、高卒という立場になりますので、そのままでは採用資格を満たしていないのでキャビンアテンダントになることはできません。

キャビンアテンダントになるための専門養成学校に2年通って卒業するか、通常の短大や大学を卒業する必要があります。

これらの資格を満たしても、キャビンアテンダントは非常に人気のある仕事ですので、採用されるのはかなり狭き門であるという覚悟が必要です。

大学中退者
人気求人情報サイトランキング

大学中退者に人気の求人情報サイトを、ランキング形式で紹介します。

第1位
JAICセカンドカレッジ
JAICセカンドカレッジは、大学中退者向けの、研修付きの人材紹介サービスです。

大学中退者のために組まれた特別研修プログラムを受講して、中退というコンプレックスを乗り越えて正社員就職を実現できます。
第2位
リクナビNEXT
リクナビNEXTは、大学中退者の利用者が多い人気求人情報サイトです。

様々な職種や地域の求人に加え、他では得られない大企業の求人も充実しています。
第3位
リクルートスタッフィング
はじめて派遣社員を目指す人がたくさん利用している、人材派遣求人サイトです。

正社員になれる紹介予定派遣の求人も充実しています。

大学中退者が使っている全ての求人情報サイトを見たい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

  • twitterのソーシャルボタン
  • lineのソーシャルボタン
  • hatenaのソーシャルボタン
  • pocketのソーシャルボタン

同一カテゴリーのページ

上に戻る

大学中退就職ガイドトップページへ戻る

上へ
戻る